読み聞かせはいつから。年齢別のポイントや絵本の選び方

読み聞かせはいつから。年齢別のポイントや絵本の選び方

子どもに絵本を読み聞かせるのは、いつくらいから始めるのがよいのか、気になっているママも多いかもしれません。いつから、どんなふうに絵本を読み聞かせるのがよいのか、また読み聞かせをするときのコツや、年齢別の読み聞かせポイントをまとめました。絵本を選ぶときのポイントも合わせて紹介します。

読み聞かせとは

Monet-stock.adobe.com
Monet-stock.adobe.com

子どもが産まれると、絵本を読み聞かせてあげたいと考えるママは多いでしょう。いつから読み聞かせるのがよいのか、どんな絵本を読み聞かせると子どもが喜ぶのか、気になっているママもいるかもしれません。

読み聞かせはいつから

小さい子どもに読み聞かせを始めるのは、早すぎても理解できるのかと悩むママもいるようです。たしかに赤ちゃんは視力がまだ弱いですが、耳はよく聞こえているので、ママの声でどんどん本を読み聞かせてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんの頃にたくさんの単語を聞いていることで、大きくなってからの読解力が高いことにつながる、とも言われているようです。読み聞かせをしてみたいとママが思ったのであれば、早くから始めても問題ないでしょう。

中には赤ちゃんが産まれる前から、胎教としてお腹にいる赤ちゃんに聞こえるように、読み聞かせをしているママもいるようです。

読み聞かせのコツ

子どもに絵本を読み聞かせるには、どんなコツがあるのでしょうか。

子どものペースに合わせる

小さい子どもは特に、読み聞かせ途中でページをめくりたがったり、違う遊びを始めてしまうこともあるでしょう。大人のペースではなく、子どもがしたいように合わせて読み聞かせることで、子どもは絵本が大好きになるかもしれません。反対に、読み終わってもページをじっと見ているときなどは、本を閉じずに少し待ってあげるようにしているママもいるようです。

読み方に変化をつける

登場人物に合わせて声色を変えたり、シーンによって声の大きさや早さなどに変化をつけて読み聞かせてあげると、喜ぶ子どもは多いでしょう。ただ、毎回同じように決まった読み方で読み聞かせることを大切にしているママもいるようです。子どもは知っている絵本を毎回同じように読んでもらうことで、安心して絵本を楽しんでくれるのかもしれません。

子どもの様子を見ながら読む

子どもの様子を観察しながら読むことは大切かもしれません。子どもが興味がありそうな様子のときはゆっくり読んであげて、あまり興味がなさそうなときはサラッと読むとよいでしょう。また、ママやパパがときどき目を合わせてくれることが嬉しいと感じる子どもも多いのではないでしょうか。

ママも読み聞かせを楽しむ

ママが疲れているときや忙しいときには、読み聞かせをするのが大変な時もあるでしょう。しかし、ママが楽しくない気持ちで読んでいると、子どもは敏感に察知するもの。上手に読んであげようと気負わずに、ママがリラックスした気持ちで絵本を読むことが、無理なく楽しんで続けるコツとなりそうです。

話の途中で質問してみる

子どもが大きくなってきたら、話の途中で読むのを中断し、子どもに質問してみることもよいでしょう。例えば「この次はどうなると思う?」と考えさせることで想像力を伸ばすことや、「このときどんな気持ちだったんだろうね?」と登場人物の気持ちを考えさせることで、他人の気持ちを思いやる力が身につくかもしれません。

年齢別の読み聞かせ

子どもの年齢によっても、読み聞かせのポイントや喜ばれる絵本は異なるようです。

1歳児未満

まだ視力の弱い1歳未満の赤ちゃんには、色がカラフルで興味を引きやすく、分かりやすい絵本を読んであげるとよいでしょう。擬音が多い絵本は、ママが楽しそうに読んでいることで、赤ちゃんも喜んでくれるかもしれません。

自分でお座りができない赤ちゃんの場合は、読むときの姿勢も気を付けてあげるとよいでしょう。お膝に抱っこしながら読み聞かせると、赤ちゃんの姿勢も安定し、リラックスしながら聞いてくれるかもしれません。また、読み聞かせのリズムに合わせて赤ちゃんのお腹をトントンとしたり、スキンシップを取っていたママもいるようです。

1歳児

metamorworks-stock.adobe.com
metamorworks-stock.adobe.com

1歳児には、子どもの生活に身近なテーマを扱った絵本がおすすめです。例えば「夜寝る前には歯磨きをする」「お外で遊ぶときは靴を履く」など普段の生活に沿ったシーンがあると、子どもは興味をひくでしょう。

同じ言葉の繰り返しがあると、笑ったり楽しんでくれる子どもが多いようです。「パクパク」「ふわふわ」など繰り返しのリズムは耳でも楽しむことができ、一緒に言ってみようと口を動かす子どももいるかもしれません。

2歳児

2歳頃になると、動物や乗り物、食べ物などに興味が出てくることも多いかもしれません。そのとき子どもが興味のあるテーマで絵本を選ぶことで、集中して聞いてくれたり、喜んでくれるでしょう。

トイレトレーニングや遊んだら片付けるなど、生活習慣をテーマとした絵本を読み聞かせることによって、それを身に着けることにつながることもあるようです。絵本を読み聞かせたことで、子どもが進んでお片付けなどをしたときには、思い切り褒めてあげましょう。

3歳児

3歳児はストーリーのある絵本も少しずつ理解できるようになってきているでしょう。同じ文章が何度も繰り返し出てきたり、登場人物が次第に増えていくような絵本も、3歳児への読み聞かせには良いかもしれません。

読み聞かせをあまり聞いてくれないときは、内容がまだ少し難しいこともあるようです。分かりやすいイラストが多く描かれている絵本や、一文が短い絵本から始めてみて、徐々に文字が多いものへとステップアップしていくとよいでしょう。

4歳児

友だちとの関わり合いが増えてくる4歳児の子どもには、お友だちをテーマにした絵本や、登場人物の気持ちを想像できるような絵本がよいかもしれません。お友だちとケンカをしたり仲直りをしたり、子どもの経験に合う絵本を選ぶこともよさそうです。

好奇心が旺盛な4歳児には起承転結がはっきりとしている絵本もよいでしょう。「次は何が起こるのかな?」とワクワクしたり、ハラハラしたり、親子でいっしょに盛り上がりながら読み聞かせると楽しいかもしれません。

5歳児

5歳児には、交通ルールやあいさつなど社会のルールやマナーが学べる絵本を読み聞かせることもおすすめです。ママやパパが言葉だけで伝えるよりも、絵本から学び取ることで、子どもの心に入っていくこともあるようです。

記憶力や理解力が高くなってくる5歳児には、長い話を何日にも分けて読み聞かせているママもいるようです。「今日はここまで」と区切り何日にも分けて読み聞かせることで、毎日の読み聞かせの時間を待ち遠しく感じたり、より絵本が好きになることにもつながるかもしれません。

6歳児

6歳児はもうすぐ小学生ということを楽しみにしていたり、環境が変わることにドキドキしている子どもが多いようです。ランドセルや小学一年生をテーマとした絵本はたくさんあるので、読み聞かせてあげることで、小学生になることをイメージさせてあげるとよいでしょう。

また、6歳児は文字への関心が高まっていたり、ひとりで平仮名や片仮名を読めるようになっている子どもも少なくないようです。今まで大人に読んでもらっていたものを自分で読むことは自信につながり、絵本がより好きになるきっかけにもなるかもしれません。

小学生

小学生になると好きな作家が出てきたり、シリーズものの絵本を好む子どもがいるかもしれません。中には子どものお気に入りのシリーズは全巻購入して、定期的に読み聞かせているママもいるようです。

小学生になると自分で本を読むことができるので、いつまで読み聞かせをしたらよいのか悩むママもいるかもしれません。しかし、自分で読むには難しい絵本をママが読み聞かせることで、子どもの語彙が増えたり、表現力の向上にもつながることもあるようです。

無理なく読み聞かせを続けよう

ucchie79-stock.adobe.com
ucchie79-stock.adobe.com

どの年齢も、子どもへの読み聞かせは大切なようです。人の気持ちがわかるようになったり、想像力がついたり、将来も役に立つ力がたくさん身につくかもしれません。しかし、もし大人が読み聞かせを楽しんでいなかったら、子どもも絵本を楽しめないこともあるでしょう。無理なく続けるためにも大人も気楽な気持ちで、いっしょに読み聞かせを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2021年04月30日

絵本の関連記事

カテゴリ一覧