共働き夫婦の生活。抱える悩みや仕事と育児を両立するコツ

共働き夫婦の生活。抱える悩みや仕事と育児を両立するコツ

共働き夫婦はどのような生活を送っているのでしょうか。毎日限られた時間の中で、育児や家事をこなさなければならず、ストレスを感じることもあるかもしれません。ママやパパたちが抱えている悩みや、仕事と育児、家事をうまく両立させるためのコツについて、まとめました。

夫婦それぞれの仕事と育児を両立するには

共働き家庭のママやパパの中には、日々の生活で仕事と育児、家事をうまく両立できず、悩んでいる方もいるかもしれません。また、夫婦それぞれの仕事とプライベートのどちらも充実させるためのコツを知りたい方もいるでしょう。

仕事と育児の両立について、ママとパパの体験談をもとにまとめました。

働く夫婦の生活とは

iStock.com/coffeekai
iStock.com/coffeekai
時短やパート、フルタイムで働いているママたちはどのような一日を過ごしているのでしょうか。平日のタイムスケジュールをママたちに聞いてみました。

朝は出勤に間に合うよう、5時半や6時頃の早くから起床し、洗濯や朝食の準備を行っているようです。また、子どもの登園の準備にあわせて、自分の出勤の準備をしなければならないため、朝食が終わる7時頃も慌ただしく過ごしている様子でした。

時短とパートで働くママとフルタイムで働くママとでは、勤務の終了時間が異なるため、子どものお迎えの時間もそれにあわせて異なりますが、だいたい16時~18時までにお迎えをしているようです。帰宅後は、夕飯とお風呂を済ませ、どちらの場合も21時頃には子どもの寝かしつけができるようにしているという声が聞かれました。
一方で、パパたちの一日のスケジュールはどのようなものなのでしょうか。

パパたちもママたちと同じように朝6時頃には起床をし、ゴミ出しをしたり、保育園に子どもを送っていったり、家事や育児の一部をパパが担当しているケースもあるようです。

ママがどのような働き方をしているかによっても、パパのスケジュールは異なり、ママが時短やパートで働いている家庭は、育児のほとんどをママが担っているという声もありました。

なかには、洗濯機をかけ、干すまでが毎日のルーティンになっていたり、出勤時間が早い日は、朝食に卵かけご飯などの用意しやすいメニューを自分で作っているなど、家庭によってもパパのスケジュールはさまざまなようです。

共働き夫婦が抱える悩み

働いているママの中には、仕事以外の限られた時間で子育て、家事を行わなければならず、つらいと感じる人もいるようです。とにかく時間がなく、家事がおろそかになったり、十分に子どもと向き合う時間が確保できなかったりすることをストレスに感じることもあるかもしれません。

仕事で責任あるポジションや課題を任せられると、仕事中だけでなく、家にいる時間も気が張ってしまうという声もありました。自分の時間が減り、リラックスできる環境がないと、思わずイライラしてしまうこともあるようです。
また、子どものためのレジャー費や学費、保険費などもかかるため、節約を考えたり、お金の管理方法を見直したいと思うママやパパもいるようです。
Syda Productions/Shutterstock.com
Syda Productions/Shutterstock.com
共働き夫婦の中には、2人目や3人目がほしくてもタイミングがとりにくいと感じ、躊躇してしまう方もいるでしょう。

出産のために仕事を休むことで、経済的な不安を感じたり、夫婦どちらも仕事を持っている場合、子どもの預け先を確保できないかもしれないといった不安もあるかもしれません。

出産時に仕事を調整しなければならなかったり、パパの仕事によっては、立会い出産など、希望の出産方法が叶わないこともあるようです。
ほかには、夫婦で共働きをしているときに、転勤の辞令が出て、どうしたらよいか悩んだという声がありました。

家族で引っ越すか、単身赴任をするかどうかは、転勤期間や子どもの通園状況、持ち家かどうかだけでなく、パートナーの仕事の都合も影響するかもしれません。転勤後の生活をどうするのか、夫婦で具体的に考えながら選択する必要がありそうです。

仕事と育児をうまく両立させるコツ

共働きの夫婦は、生活の中で感じている悩みをうまく解消するため、さまざまな工夫をしているようです。

仕事と育児、家事を両立するためのコツやポイントをママやパパたちに聞いてみました。

家事を分担する

iStock.com/monzenmachi
iStock.com/monzenmachi
掃除や料理など毎日行う家事が、ママやパパのどちらかだけの負担にならないように、上手にバランスを取りたい方もいるでしょう。
家事を夫婦で分担するときは、どのくらいの量の家事があるのかや、現在夫婦のどちらが行っているのかなど、洗い出して把握することから始めるとよいようです。

その上で、夫婦それぞれが得意なことをすり合わせ、分担することを決めていくとスムーズに進められるかもしれません。
一方で、家事を分担制にした場合、忙しいときや突発的にほかにやらなければならないことが起きたときに、家事ができないことがお互いのストレスになってしまうという声も聞かれました。

家事分担表など、ルールを作らずに、できる方がやるというように、柔軟に対応する方が向いている家庭もあるようです。2人で家事をやった方が効率がいいという共通認識を持ち、お互いが自主的に動くことが大切かもしれません。

働き方を工夫する

フルタイムやパート、時短勤務など、どのような働き方を選択するかは、育児と両立する上で大切なポイントのひとつかもしれません。

経済的なことやキャリアアップなど、さまざまな理由からフルタイムを選択するママたちの中には、家庭や子どもの預け先から近い職場であること、仕事と家庭を両立しやすい職場環境の会社を選ぶ、また、会社がリモートなど多様な働き方を推奨しているなど、仕事の選び方にも配慮しているようです。

家事や育児の優先順位を決めて、買い物や調理にも時短を意識するなど、日々の生活を工夫しているという声も聞かれました。
子どもがまだ小さかったり、子育て中心の生活にしたいママの中には、パートなどの時短勤務を選ぶ方もいるでしょう。

仕事との両立に悩んだときは、育児や家事をひとりで頑張ろうとせず、パパと協力し合うことで自分の時間も持つことができ、気持ちが楽になったというママもいました。
多様な働き方ができるようになり、在宅ワークをしているママやパパもいるようです。なかには、在宅ワークをダブルワークとして取り入れている方もいるかもしれません。

通勤時間を気にする必要がなく、仕事量を調整しやすい在宅ワークは、育児と両立しやすいとの声もありました。仕事とプライベートのどちらにも影響しないよう、スケジュール管理をしっかり行い、時間の使い方や気持ちの切り替えなどを意識するとよいようです。

仕事復帰のタイミングを考える

iStock.com/chachamal
iStock.com/chachamal
育児や家事にゆとりが出てきたタイミングで仕事復帰をしたというママの声がありました。

育児と仕事のバランスを保つために、いざというときの子どもの預け先として子育て支援事業を活用したり、予防接種や健診の日程をきちんと把握するためにお知らせ機能付きのアプリを利用したりと、ママたちはさまざまな工夫をしているようです。

時間の使い方を意識する

仕事と育児、家事に忙しい共働き夫婦は時間の使い方にも気をつかっているようです。
家事を効率よく行うためには、便利家電を活用するとよいかもしれません。自動調理家電や食洗機、お掃除ロボットなど、生活スタイルにあわせて便利なアイテムを取り入れることで時短になったという声もありました。
共働きのママやパパは、子どもが寂しい思いをしないように、仕事で忙しいときも、できるだけ時間を見つけて子どもと関わることを大切にしているようです。

手を握る、抱きしめるなどの積極的なスキンシップは、子どもに安心感を与えるでしょう。また、休日にはキャンプやテーマパークなどに出かけ、家族で思いきり楽しむとよいかもしれません。

食事の後片づけや洗濯物の整理、おもちゃの収納など、子どもといっしょにできる家事を増やして、忙しい平日も子どもとしっかり関われるように意識したというママの声もありました。

夫婦で協力しながら、仕事とうまく両立しよう

WHYFRAME/Shutterstock.com
WHYFRAME/Shutterstock.com
共働き夫婦は、時間に追われて気持ちに余裕がなくなってしまったり、生活費や将来の家族計画などにも悩みを抱えているようです。

仕事も育児も楽しくできるように、それぞれの夫婦に合った方法で家事を分担したり、働き方を変えることも必要かもしれません。時短になる便利な家電アイテムを活用しながら、時間の使い方を工夫してみましょう。

夫婦で協力し合いながら、仕事とうまく両立できるように、充実した生活を送っていけるとよいですね。

2021年01月12日

関連記事

カテゴリ一覧