【年齢別】おもちゃの選び方。事前リサーチ、金額、実用性など選ぶポイント

【年齢別】おもちゃの選び方。事前リサーチ、金額、実用性など選ぶポイント

子どものおもちゃを選ぶ際に、どのような選び方をしたらよいか悩むこともあるかもしれません。ママたちに聞いた、年齢別のおもちゃの選び方のコツや、選ぶ際のポイントについてまとめました。

【年齢別】1歳未満~3歳のおもちゃの選び方

子どもや育児中のママやパパにとって、おもちゃは欠かせないものという家庭は少なくないのではないでしょうか。

子どもの成長や興味に合ったおもちゃを遊ぶことで、おもちゃの魅力を知り、どんどん色々なもので遊べるようになることもあるかもしれません。年齢別のおもちゃの選び方についてご紹介します。

1歳未満向け

生後1カ月頃からおもちゃを用意したママがいるようです。子どもがおもちゃを自分で使えるようになるまでは、ママが動かしたり遊ぶ様子を見せたりしながら遊ぶとよいかもしれませんね。

1歳未満の時期は、手で持つハンドラトルや手首につけるリストラトル、ボール型ラトル、アーチにいろいろな飾りがついたベビージム、ベッドの柵に取りつけたり床に置いたりできるメリーなどを使っていたというママの声もありました。

1歳向け

iStock.com/FatCamera
iStock.com/FatCamera
1歳頃になると、好き嫌いがはっきりとしてきたり、さまざまなことを試して遊ぶ姿も見られるかもしれません。ひとつのおもちゃでも、子どもが自分で遊びを見つけられるようなおもちゃを選ぶと、飽きずに長く楽しめそうですね。

1歳の時期は、ぬいぐるみや楽器、ままごとセット、乗り物のおもちゃ、ボール、積み木、砂場セットなどで遊んだというママの声もありました。

2歳向け

2歳頃は、大人のまねをすることが好きで、料理をしていると調理器具を使いたがったり、メイクをしているとやりたがったりするという子もいるようです。
 
普段の様子を見て、子どもが今興味をもっていることができるようなおもちゃを選ぶとよいかもしれませんね。

2歳の時期には、三輪車に乗って遊べるようになったというママの声もありました。

3歳向け

iStock.com/kohei_hara
iStock.com/kohei_hara
3歳の時期に、子どもの興味や対象年齢などを参考におもちゃを選んだというママの声がありました。組み立てて遊ぶおもちゃや、ごっこ遊びができるおもちゃなどは楽しめて遊べそうですね。

3歳頃には、自分でおもちゃを収納から出したり片づけることができるようになる子もいるかもしれません。おもちゃの収納方法も工夫して子どもが遊びやすくなるとよいですね。

【年齢別】4歳~6歳のおもちゃの選び方

4歳から6歳児向けのおもちゃの選び方をご紹介します。

4歳向け

iStock.com/M-image
iStock.com/M-image
4歳児のおもちゃの選び方として、子どもの好きなものを調べて長く使えるものを選んだママがいるようです。

普段から子どもがキャラクターのポーズやセリフをまねして遊んでいるので、そのキャラクターのおもちゃを選んだというママの声もありました。

4歳頃になると「あのおもちゃで遊びたい」など、はっきり意思を言葉で伝える子もいるかもしれません。子どもの好みを大切にしておもちゃを選んであげられるとよいですね。

5歳向け

5歳児のおもちゃ選びでは、遊びに少しの学びをプラスできるおもちゃを選ぶママもいるようです。

ボードゲームなど簡単なルールのあるおもちゃで遊べるようになったというママの声もありました。遊びの中で規則を学ぶことで、小学生になることに向けての準備にもなりそうですね。

6歳向け

iStock.com/chinaview
iStock.com/chinaview
6歳になると、さまざまなおもちゃで遊べるようになったり、友だち同士で遊ぶ機会が増える子もいるかもしれません。

着せ替え人形やビーズ、トランプ、なわとび、キャスターボード、一輪車などで遊んだというママの声もありました。

おもちゃの選び方のポイント

おもちゃの選び方のポイントについてご紹介します。

事前にリサーチする

クリスマスプレゼントとしておもちゃを用意する際に、子どもがいちばん喜ぶプレゼントを用意するために、クリスマス前に欲しがっているものをそれとなく聞き出して事前にリサーチしたというママの声がありました。

子どもにサンタさんへのお手紙を書いてもらったり、欲しいプレゼントの絵を子どもに描いてもらったというママもいるようです。前もって準備しておくと、年に1度のクリスマスを素敵に迎えることができそうですね。

金額

iStock.com/Nattakorn Maneerat
iStock.com/Nattakorn Maneerat
これくらいの予算までと、金額に合わせておもちゃを選ぶ場合もあるでしょう。金額を決めておくと、何を購入したらよいか迷う際にひとつの判断基準にもなるかもしれません。

初節句のお祝いのおもちゃを用意する際に、金額の相場はお祝いを贈る家族との関係性によって決めたというママもいました。

実用的でおしゃれかどうか

実用性やおしゃれさで、おもちゃを選ぶママもいるようです。

育児が大変なときでも、おしゃれなアイテムがあるとママの気分も上がり、子育てがさらに楽しいものになるかもしれませんね。

子どものおもちゃを上手に選ぼう

iStock.com/chachamal
iStock.com/chachamal
おもちゃの選び方には、年齢別に選ぶ他、事前にリサーチしたり金額、実用性、おしゃれかどうかによって選ぶこともあるようです。

色々な種類のおもちゃを用意しておくと、子どもがどのようなおもちゃが好きでよく遊べるのかが分かりそうですね。

おもちゃは子どもとのコミュニケーションのきっかけにもなるかもしれません。大人もいっしょに楽しんで、子どもとふれ合う機会を作ってみてはいかがでしょうか。

2021年05月05日

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧