【読書に向き合う21選】親子の絆と会話を深める「本」

【読書に向き合う21選】親子の絆と会話を深める「本」

おうち時間が長い今だからこそ、親子で読書を楽しんでみませんか?本で得ることのできるクリエイティビティの大切さ、読み聞かせのコツや本の選び方などのほか、KIDSNA編集部がセレクトした「子どもの未来を考える本」まで、まとめてご紹介します。

外出自粛で家の中で過ごす時間が長くなったけれど、子どもはゲームやテレビに興じてばかり……。他のことをしてほしいと思っても、長引くステイホームにネタも尽きてきた……。

そんな今だからこそ、子どもとゆっくり「読書」を楽しんでみてはいかがでしょう?

KIDSNAが執筆、編集した「本」に関する記事を集めました。本で得ることのできるクリエイティビティの大切さ、読み聞かせのコツ、本の選び方などのほか、KIDSNA編集部がセレクトした子どもの成長にプラスとなる本をご紹介します。

この機会に、読書で親子の絆や会話を深めてみては。

デジタル社会で必要な力を「本」で育む

「紙の本を読む場合は無意識に“深い読み方”になります。文章の内容に没入して、新しい知識を吸収し、それを自分の持つ知識と統合して、新たなアイディアや洞察を生み出すことができる」こう語るのは、元経済産業省官僚で、慶応義塾大学大学院教授の岸博幸氏。

インターネットで調べれば誰でもわかるような答えではなく、変化の激しい時代において必要なのは「クリエイティビティ」だとする岸氏が、紙の本による読書体験の大切さを説きます。

親子で読書を楽しむ3つのポイント

【ポイント1】読み聞かせをする

読み聞かせは、親子で同じ物語と時間を共有できる大切なひと時。読み聞かせのコツを知りたいと考える保護者も多いのではないでしょうか。子どもが最後まで本を楽しめる読み聞かせのコツをまとめました。

【ポイント2】子どもの発達に合わせる

子どもの月齢や年齢によって遊び方が変わるように、楽しめる本も変わってきます。子どもの発達に応じた本の選び方や読み聞かせのポイントをご紹介します。

【ポイント3】シーン別に本を選ぶ

本の中にはたくさんの世界が広がっています。その中には、今、この瞬間の子どもにぴったりの本もあるはず。

寝かしつけのとき、イヤイヤ期、下の子の誕生をきっかけに赤ちゃん返りしたとき、好き嫌いがあるとき……子どもの気持ちに沿った本をシーン別に選んでみてはいかがでしょう。

KIDSNA編集部セレクト【子どもの未来を考える本】

予測不可能性が高まる今、私たち保護者たちこそ既存の子育て論や教育方法をアップデートしなければならない時が来ているのかもしれません。

そこで、KIDSNA編集部が「子どもの未来を考える本」を厳選。子どもの明るい成長にプラスとなるような本をセレクトしました。著者のコメントも必見です。
KIDSNAの記事で人気のテーマである「子どもと学ぶ教養」「子どもの教育と成長」「親子のカラダ」。KIDSNA編集部が3つのテーマによる選書を行い全国書店でブックフェア開催中。お近くの書店でチェックしてみては?

2021年01月22日

絵本の関連記事

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ