#029 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

#029 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

週末の空き時間におすすめの記事を紹介。今週は6月21日〜6月24日のKIDSNAアプリでもっとも読まれたベスト5をリストアップ。

【動画】バナナミルクケーキで子どもの眠りをサポート

【サイエンス×フード】良質な睡眠をサポートする、バナナミルクケーキ
週末のキッチンを楽しくする「SATURDAY KITCHEN」より、今回は、良質な睡眠をサポートするバナナミルクケーキをご紹介。良質な睡眠をとるためには「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌が重要。そのメラトニンの分泌を助ける食べものがバナナと牛乳だ。今週末は、子どもといっしょにバナナと牛乳を使ったケーキを作ってみては?

「個数・量」は右脳、「順序」は左脳?数の概念のイメージ方法

【あそんでまなぶ Edutainment】数字っておもしろい
あそびの中から、さまざまな学びを得るための知育エンターテインメントを発信する「あそんでまなぶ Edutainment」。今回は、数が表す「個数」「順序」「量」について動画で学ぶ。「個数・量」は右脳、「順序」は左脳の取り組みになる。そのイメージの仕方をわかりやすく解説していく。

現役高校生アーティストに聞く「好き」へのこだわり

【SASUKE】新世代アーティストの「好きなこと」にこだわり続ける力
2歳でダンス、5歳で作曲、中学生でメジャーデビューを果たし、名だたるミュージシャンから楽曲提供の依頼が舞い込む。そのマルチな才能で注目されているアーティスト、SASUKEさんに、音楽を生み出し続ける原動力についてインタビュー。

多様性について理解を深める絵本10選

LGBTや人種の違いを考える。多様性について理解を深める絵本10選
6月はアメリカをはじめ、世界各地で「プライド月間(Pride Month)」と称されている。これを機に絵本を通して、多様性への理解と誰もが生きやすい社会をこれからを生きる子どもたちに伝えてみてはいかがだろうか。今回は、子どもが親しみやすいテーマで、多様性を知ることができる絵本10選をご紹介。

【漫画】パパにも知ってほしい「性教育」のこと

娘が自分の身を守るために。"心配しすぎ"なんてない!」妻と夫が見ているコソダテ/パパ編
育児や家事、子どもの教育について日々尽きない壁や悩み。考え方や価値観は、「妻視点」「夫視点」でどのように違うのか。漫画家・イラストレーターのおぐらなおみさんが、さまざまな家族、夫婦の物語をお送りする。今回は、娘の習い事の送迎をするパパの気持ちを描いてもらった。

みなさんの声、募集中!てぃ先生が子育ての疑問を解決

【KIDSNA×てぃ先生】新企画スタート!みなさんの声を集めています。
現役保育士のてぃ先生とその質問に対してトークする新連載を準備中。みなさんからもらったエピソードも踏まえて子育ての疑問を解決していく。てぃ先生への質問や、先輩ママ・パパのエピソードトークどちらも募集中!

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2021年06月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧