子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

  • 【まめと私】第5回 アナタのアレが私の活力

    【まめと私】第5回 アナタのアレが私の活力

    <毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第5話です。

    横峰沙弥香

  • 【座談会】幼児教育ってどうしている?ママたちが絶賛する話題の教材とは?!

    【座談会】幼児教育ってどうしている?ママたちが絶賛する話題の教材とは?!

    幼児教育、みんなはどうしているのか気になりますよね。いつ、何から始めたらよいのか悩んでいるママもいるのではないでしょうか。今回は幼児のママに集まってもらい、幼児教育に対する悩みや気になることについて話してもらいました。子どもたちの幼児ドリル体験の感想も併せてご紹介します。

    株式会社文理

    PR

  • 【うちの子おおきいんです】第36話 なぜ分かってしまうのか

    【うちの子おおきいんです】第36話 なぜ分かってしまうのか

    【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第36話の更新です。

    そめた

  • たくましさや自信を身に着ける、子どもが本当の意味で成長するための「良い頑張り方」

    たくましさや自信を身に着ける、子どもが本当の意味で成長するための「良い頑張り方」

    みなさんは子どもの「頑張り」を意識したことがあるでしょうか。いつも全力の子どもたち、その頑張りはどこに向かっているのでしょうか?おへそ保育園園長の吉村直記さんによる今回の記事では、子どもが本当の意味で成長するための、幼児期の子どもの「頑張り」について考えていただきました。

    吉村直記

  • 【ダメ母でごめん】第38話 声変わり?

    【ダメ母でごめん】第38話 声変わり?

    【作家の紹介】ペンネーム:ちょぼらうにょぽみ ややこしい名前ですが覚えてもらえると嬉しいです。第38話の更新です。

    ちょぼらうにょぽみ

  • 幼児期ならまだ大丈夫!英語教育の専門家が考える「子どもが英会話を始める最適な時期」とは

    幼児期ならまだ大丈夫!英語教育の専門家が考える「子どもが英会話を始める最適な時期」とは

    英語教育はいつから始めるのがより効果的なのでしょうか?今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』などの著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が「子どもが英会話を始める最適な時期」についてお話します。

    平川裕貴

  • 貯金は習慣で成功する。ファイナンシャルプランナーが教える「先取り貯蓄」の方法

    貯金は習慣で成功する。ファイナンシャルプランナーが教える「先取り貯蓄」の方法

    前回に引き続き今回は、「家計簿の役割」から「お金が貯まる人の共通点」「今からできるオススメの習慣」をファイナンシャルプランナーである伊達有希子さんに教えていただきました。

  • 室内でもできる。跳び箱の簡単練習法を、週末の遊びに取り入れよう

    室内でもできる。跳び箱の簡単練習法を、週末の遊びに取り入れよう

    跳び箱が苦手な子どもをフォローする方法はあるのか…と悩むパパやママもいるのではないでしょうか?今回は、跳び箱が飛べない理由や練習方法、跳ぶための補助運動をご紹介します。

  • 【ふたご育児】第39話 2歳児育児を例えてみたら①

    【ふたご育児】第39話 2歳児育児を例えてみたら①

    作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

    pika

  • 今どき保育事情。口コミで話題の茶々保育園・理事迫田健太郎さんに伺う「オトナな子育て」とは

    今どき保育事情。口コミで話題の茶々保育園・理事迫田健太郎さんに伺う「オトナな子育て」とは

    KIDSNAの保育園レポート第1弾は、口コミで評判の茶々そしがやこうえん保育園。社会福祉法人あすみ福祉会 茶々保育園グループの理事長、迫田健太郎さんに"オトナな保育園"という園のコンセプトや保育理念についてうかがいました。そこには家で実践できる「オトナな子育て」のヒントがありました。

  • 【晴れ時々なみだ日記】第35話 帰ってまずやること

    【晴れ時々なみだ日記】第35話 帰ってまずやること

    【作家の紹介】ペンネーム:モモ 初めまして。モモと申します。子煩悩な父親、ぐうたらな母親、しっかりしているけどちょっとぬけてる長女、お調子者で面倒見のいい息子、甘やかされてやりたい放題のチビ。この5人の日常を、楽しく、そして、ちょっぴりほっこりする感じで描いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

    モモ

  • 子育てや仕事に忙しいママでもできる脱毛。すきま時間でキレイな美肌に!

    子育てや仕事に忙しいママでもできる脱毛。すきま時間でキレイな美肌に!

    薄着の季節が近づくにつれ多くの女性が気にし始める「ムダ毛」ですが、その処理方法に悩むママも多いのではないでしょうか。サロンに通う時間はない、でもキレイでいたい!というママの声にこたえてくれる、美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」をご紹介します。

    株式会社ミュゼプラチナム

    PR

  • 幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育に関心はあるけれど、教材選びや進め方に迷って実際には取り組めていないママが多いのではないでしょうか?今回は、子どもの学習を研究してきた文理の「幼児ドリル」を用いて、子どもが興味をもち、さらに続けられる教材とはどのようなものなのかをご紹介します。

    株式会社文理

    PR

  • 週末が変わると、平日も変わる。忙しい時期の子どもとの遊び方

    週末が変わると、平日も変わる。忙しい時期の子どもとの遊び方

    子育てに関する著書やメディア出演などで活躍中の久留島太郎さんに、忙しい毎日の中での子どもとの遊び方について考えていただきました。4児の父である久留島さんが提案したのは「日常を、非日常な遊びにデザインする」こと。コラム第1弾です。

    久留島太郎(植草学園短期大学准教授)

  • 【キミ嫁】第21話 極上の癒し。

    【キミ嫁】第21話 極上の癒し。

    ◆作家紹介◆ペンネーム:のばら 小悪魔女優の姉妹・サクとカエ。そして生まれたばかりの長男・モモとの日々。毒舌野郎の夫も出たり出なかったり。私ですか。良妻賢母って事でどうですか。ブログ:「キミがお嫁に行くまでは。」書籍:「キミがお嫁に行くまでは。~母娘で女を磨いてます~」第21話の更新です。

    のばら

  • 「汗ってかかない方がいい?」皮膚科医に聞く幼児の肌の汗対策

    「汗ってかかない方がいい?」皮膚科医に聞く幼児の肌の汗対策

    これからの季節、やんちゃ盛りで活発な子どもは、汗をかく機会が多くなりますよね。そうなると悩ましいのが汗による肌トラブルです。今回は、なぜトラブルを招くのか、さらにはトラブルにならないようにするためにどんなことに気をつけたらいいのかを、皮膚科医の馬場先生に聞いてみました。

    馬場直子(神奈川県立こども医療センター皮膚科医)

  • 【きりんのびのび絵日記】第34話 ぐにゃんぐにゃん

    【きりんのびのび絵日記】第34話 ぐにゃんぐにゃん

    【作家の紹介】ペンネーム:木乃きりん 2015年6月、第一子となる男の子“ゆず”を出産しました。初めての育児、分からないことだらけで日々てんやわんやしながら過ごしています。寝てくれなかったり、泣き止まなかったり。大変なことばかりですが、それでも可愛い可愛い我が子。そんな日常を4コマで綴っています。ブログ「きりんのびのび日記」にて、ゆずの成長絵日記も更新中です。

    木乃きりん

  • 男の子の子育ては大変。しんどいときや楽しいとき、少し楽になる方法

    男の子の子育ては大変。しんどいときや楽しいとき、少し楽になる方法

    ママにとって異性である男の子の子育て。子どもはもちろんかわいいし楽しいけど、ちょっとしんどいな…疲れた…と感じることもあるのではないでしょうか。男の子の気持ち・行動を理解するためにはどんな方法があるのでしょうか。また、男の子の育児での体験談や男の子ならではのかわいい仕草あるあるや一緒に楽しむ方法などもご紹介します。

  • 【うちの子おおきいんです】第35話 おかわり

    【うちの子おおきいんです】第35話 おかわり

    【作家の紹介】ペンネーム:そめた イラストレーターです。2013年4月生まれ、大きめサイズの息子そま、のんびり天然の旦那との3人暮らし。ブログなどで息子の日常マンガを更新しています。第35話の更新です。

    そめた

  • ワンオペ育児が当たり前?子育てと家事や仕事を旦那不在でも乗り越える方法

    ワンオペ育児が当たり前?子育てと家事や仕事を旦那不在でも乗り越える方法

    旦那さんの仕事の多忙・単身赴任や病気で、家事・育児をママ1人でこなさなければならなくなってしまった…。そんな状況を、「ワンオペ育児」という言葉で表現されたことが話題となりました。「家事・育児をやるのは当たり前だけど、毎日たった1人で家事・育児をするのは大変…。」と感じているママもいるはず。共働きであったり、2人目がいるとなおさらですよね。そこで今回は、ワンオペ育児の状況に置かれているママたちに対して、少しでも毎日の子育ての負担を減らす方法を考えてみました。

  • 【ダメ母でごめん】第37話 特技

    【ダメ母でごめん】第37話 特技

    【作家の紹介】ペンネーム:ちょぼらうにょぽみ ややこしい名前ですが覚えてもらえると嬉しいです。第37話の更新です。

    ちょぼらうにょぽみ