#065 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

#065 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

週末の空き時間におすすめの記事をご紹介。今週は3月11日〜3月17日のKIDSNAでもっとも読まれたベスト5をリストアップ。

子ども時代は「アントレプレナーシップ」が育つ黄金期

「5年後さえもどうなるかわからない」。子育てで意識したいアントレプレナーシップ教育とは
リクルートのスタディサプリ教育AI研究所所長・東京学芸大学大学院准教授である小宮山利恵子さんの連載コラム第5回をお届け。イノベーションに欠かせない能力、「アントレプレナーシップ(起業家精神)」。ゼロをイチにすることを考える力とモチベーションを生活の中で育む方法とは?

元女子バレーボール日本代表の5年にわたる不妊治療

「努力しても報われない」元女子バレーボール日本代表が歩んだ不妊治療の道のり
2022年4月から、不妊治療への保険適用が決定している。アテネ五輪、世界選手権、ワールドカップの三大大会すべてに出場した経歴をもつ大山加奈さんも、約5年にわたる不妊治療経験者。ご自身の治療経験や当時の思いをお話いただいた。

【マンガ】料理はクリエイティブ!子どもと作れるレシピを紹介

「好き嫌いをクリエイティブに解決!」美大出身ママのクリエイティブ子育て日記 【第6回】
美大出身のクリエイターママ・一色美穂さんによる漫画連載第6回。キャベツが苦手な2歳のむっちゃん。そこで美大出身のママは「作品と同じで、自分で料理を作れば興味が湧くかも」と提案。包丁と火を使わないレシピで好き嫌いをクリエイティブに解決する。

脳科学のメソッドを子育てに活かす対談動画総まとめ

脳にまつわるウソホント!子育てに活かす「脳科学のメソッド」を一挙公開!【てぃ先生×瀧教授】
現役保育士のてぃ先生と脳科学者である瀧 靖之教授が「脳の発達」をテーマに理論的・実践的なそれぞれの立場でお届けしてきたKIDSNA TALK第5弾。今回は、ジェンダーレス時代の男女脳と考え方、遺伝・生まれつきと脳の関係、地頭の良さなどを一挙公開する。

どんな時代になっても自分なりの哲学を持つ

不確実性時代の子育ては親の知識のアップデートが不可欠【高濱正伸】
長年教育現場に携わり、多くの親子を見続けてきた花まる学習会代表・高濱正伸先生に、親子が直面するさまざまな課題に対し、親としてどう考え、どのように子どもと関わっていくべきかお話いただいた。今回は、新時代の子育てのマインドセットについて。

[PR]歯みがき時間も親子で楽しいコミュニケーションを

【子どもが歯みがきを嫌がらない】歯科医師×てぃ先生が教える子どもの歯みがき術
歯みがきを「している」と「できている」は違う。子どもの歯の健康を守るための正しい歯磨きとはどのような方法だろう。歯科医の児玉先生と現役保育士のてぃ先生に歯磨きの習慣づけやテクニックについて聞いた。合計64名の方に抽選で「ハミケア」または「てぃ先生の直筆サイン入り本」プレゼントのキャンペーンも。

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2022年03月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧