#048 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

#048 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

週末の空き時間におすすめの記事をご紹介。今週は11月6日〜11月11日のKIDSNAアプリでもっとも読まれたベスト5をリストアップ。

【KIDSNA トラベル】赤ちゃんの旅行デビューにおすすめな宿

【エリア別】赤ちゃんの旅行デビューに!子育てフレンドリーなホテルと宿
Go To トラベルの再開が検討されているなか、赤ちゃんと初めての旅行を計画している家庭もあるのでは。そこで今回は、子育てフレンドリーな宿泊予約サービス「KIDSNA トラベル」に掲載の、赤ちゃんの旅行デビューにおすすめな宿をご紹介。赤ちゃんと行く初めての旅行の計画にぜひ、活用してみてはいかがだろうか。

積極的推奨再開で注目される「HPVワクチン接種」

産婦人科医に聞く。HPVワクチン接種の積極的推奨再開について
接種後の痛みや副作用の報告が相次いだことを受けて、8年前に積極的な接種推奨が中止されていた「HPV(子宮頸がん)ワクチン」。2021年10月、厚生労働省が積極的な推奨を再開する方針を固めた。そこで今回、HPVワクチン接種の知っておくべきことについて、産婦人科医の浅田正義先生に話を聞いた。

子どもの学力を上げるためのポイントを脳科学者が解説

脳科学者に聞く!子どもの学力向上に最も大切な「知的好奇心」
子どもの能力や学力を伸ばすために、保護者には何ができるのか。KIDSNA編集長・加藤の質問に、東北大学で加齢医学を研究する瀧 靖之教授が「脳科学」の視点から回答する動画記事。今回は「知的好奇心」をテーマに話を聞いていく。

【マンガ】男の子は強くなくちゃいけない?

「親の言葉が、子どもを苦しめる?」妻と夫が見ているコソダテ/妻編
漫画家・イラストレーターのおぐらなおみさんが、さまざまな家族、夫婦の物語を描く漫画連載。前回、夫に「男の子は強くなきゃいけない」と言われ、それに応えようとしていた5歳の息子・涼くん。後日、妻の広子さんは、そんな息子を見て……。

大人気の精神科医Tomy先生が読者からのお悩みに回答!

精神科医Tomy先生のお悩み相談室。 周りへの気づかいが空回りしてしまう!
Twitterの投稿が話題を呼び、フォロワー数25万人と、大人気の「精神科医Tomy先生のお悩み相談室」。そんなTomy先生へ、KIDSNA読者からのお悩みを相談!今回は、職場やママ会で、周りへの気づかいが空回りしてしまうという女性に向けて、2つの言葉でアドバイスを贈る。

[PR]特別キャンペーンで屋内型キッズ施設を体験するチャンス!

子連れファミリーに大人気の屋内型キッズ施設 アソボ~ノ!を体験してみよう
今年で10周年を迎える東京ドームシティ内にある「アソボ〜ノ!」は、子連れファミリーに大人気のおでかけスポット。7月には館内の一部をリニューアルし、さらに魅力的な子どもの遊び場となった。そして現在、2022年1月31日までKIDSNAアプリユーザーを対象とした特別キャンペーンを開催中!特定期間を除く平日限定で30分延長料金が無料となるこの機会に、ぜひ家族で訪れてみては。

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2021年11月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

コラムの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ