【離乳食中期】モグモグ期はいつから?食事量や進め方、ゴックン期との違い

【離乳食中期】モグモグ期はいつから?食事量や進め方、ゴックン期との違い

赤ちゃんのペースに合わせた離乳食

モグモグ期の離乳食について気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、モグモグ期についてゴックン期と比較しながら説明します。モグモグ期の離乳食をいつから始めればよいのか、進め方や調理方法、食事量などを厚生労働省の資料「授乳・離乳の支援ガイド」を参考にママたちの体験談を交えてご紹介します。

モグモグ期とは

厚生労働省の資料によると、モグモグ期は離乳食中期の生後7カ月~8カ月ころを指すようです。モグモグ期は、赤ちゃんが舌を上下前後に動かし、食べ物をつぶして飲み込む練習をする時期です。1日2回食を定着させ、赤ちゃんがいろいろな味や舌ざわりを楽しめるように食品の種類を増やしていきましょう。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

いつからはじめる?モグモグ期の離乳食

モグモグ期の離乳食はいつから、どのように進めるとよいのでしょう。授乳・離乳の支援ガイドとママたちの体験談をもとに、いつからモグモグ期をはじめたのか、ゴックン期からステップアップしたきっかけやモグモグ期の離乳食の進め方、食品の種類などについてご紹介します。

ゴックン期からモグモグ期へ移行する目安

30代ママ
生後7カ月になり、上下の唇を閉じゴックンと上手に飲み込めるようになってから2回食に進み、2回食に慣れたタイミングでお粥を少し硬くしました。
ママたちがモグモグ期の離乳食をはじめたきっかけとして「モグモグと口を左右に動かす様子が見られた」「ペースト状の食べ物をゴックンと上手に飲み込むことができるようになった」「1日の生活リズムが整ってきた」など3つの意見が多くあげられました。

ゴックン期からモグモグ期の離乳食への移行は、生活のリズムが安定し口を閉じて食べ物を上手に飲み込めるようになった時期から少しずつはじめてみましょう。

モグモグ期の離乳食の進め方

離乳食
iStock.com/Mizina
30代ママ
モグモグ期のスタートは、絹ごし豆腐を潰したくらいの硬さを目安にしました。
30代ママ
みじん切りしたもの、柔らかいツブ状のものを飲み込めるようなったころ、焼き魚を取り分けフォークでほぐして食べさせました。
モグモグ期のはじまりは、ゴックン期より水分を減らしたもの、細かくみじん切りしたものを少しずつ取り入れたというママの声がありました。

授乳・離乳の支援ガイドには、米がゆについて「初めはつぶしがゆとし慣れてきたら粗つぶし、つぶさないままへと進め、軟飯へと移行する」と記載されています。

1日2回の離乳食に慣れ、食事量が増えてきたころから粗つぶしのお粥やフォークでつぶした野菜、ほぐした魚など、大きさや形にバリエーションをつけ新しい食材に慣れさせていくとよいようです。

モグモグ期の食べさせ方

30代ママ
2回食をはじめたばかりの頃は、もっと欲しいと泣くことがありましたが「ゆっくりモグモグしようね」と根気強く声掛けをし、次のひとくちまでの間を空けるようにしました。
モグモグ期には、ママの支えがなくても座れるようになり手づかみ食べを始めたり、歯が生え始める赤ちゃんもいるようです。食べたがらない時は無理せず、赤ちゃんのペースに合わせ楽しく食事できるように心がけましょう。

 授乳・離乳の支援ガイドには、モグモグ期の食べさせ方について「平らな離乳食用のスプーンを下唇にのせ、上唇が閉じるのを待つ」と記載されています。

赤ちゃんの様子を見ながら、くぼみがあるスプーンやコップの練習をし始めたというママたちもいました。

食品の種類

30代ママ
肉や魚を食べてくれず、いつも献立に悩んでいました。
30代ママ
そうめんやうどんなど麺類が好きでした。調理の手間が少しずつ楽になってきたと感じました。
ゴックン期よりも食べられる食材が増えますが、初めての食材は少量からスタートし、加熱しても硬い食材や味が濃い食材はまだ避けた方がよいでしょう。

7倍粥に野菜や魚を混ぜたおじや、主食とおかずの2品メニューなど献立のバリエーションを増やし、赤ちゃんがいろいろな味や食感に慣れていけるとよいかもしれません。

モグモグ期の食事量

食べ物
iStock.com/fcafotodigital

授乳・離乳の支援ガイドに記載されている、離乳食中期のモグモグ期における1回の食事量の目安は次の通りです。

・穀類:全がゆ50g~80g
・野菜・果物:20g~30g
・魚:10g~15g
・肉:10g~15g
・豆腐:30g~40g
・卵:卵黄1個~全卵1/3個
・乳製品:50g~70g

モグモグ期の献立を考えるときは、主食となる炭水化物、ビタミン、ミネラルを含む野菜や果物類、魚や肉などのタンパク質源食品、3種類の栄養素を組み合わせるようにしましょう。

食事量や調理形態はあくまで目安とし、その日の赤ちゃんの機嫌や食欲に合わせて調節してあげてくださいね。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

モグモグ期の離乳食レシピ

モグモグ期の離乳食にママたちはどのようなものを作っていたのでしょう。ママたちから聞いた主食レシピ、おかずレシピをご紹介します。

カブとさけのおかゆ

1、カブを柔らかく茹でて湯をきり、粗くつぶす

2、さけを熱湯で茹でて湯をきり、皮と骨を除いて、すり鉢ですりつぶす

3、器に7倍粥を盛り、カブとさけをのせる

はじめて挑戦する食材は、赤ちゃんが食べなれたお粥に合わせてあげると食べやすそうです。モグモグ期が進むにつれ、具材を少しずつ大きくしていくとよいでしょう。

ささ身とかぼちゃのうどん

1、ささ身の筋を除き、茹でで湯をきり細かく裂いてから刻む

2、かぼちゃは3mm角、柔らかく茹でたうどんは細かく刻む

3、鍋にだし汁とかぼちゃを入れ火にかけ、かぼちゃが柔らかくなったらささ身とうどんを加え煮る

ささ身など少しパサつく食材は、片栗粉でとろみをつけたり、スープ状に調理するとよいかもしれません。野菜の甘みをプラスして食べやすさをアップさせるアイディアもマネしてみたいですね。

モグモグ期をはじめたばかりの赤ちゃんにとって、お肉の繊維は食べにくいこともあります。はじめは手で細かくほぐしてから、みじん切りにしてあげましょう。

バナナパン粥

1、バナナを粗くつぶす

2、小鍋に牛乳(もしくは調乳したミルク)、細かくちぎったパン、バナナを合わせひと煮立ちさせる

食が細い赤ちゃんには、果物の甘味や風味が食欲のきっかけになることもあるようです。フワフワしたパンの食感はモグモグの練習にもなりそうですね。

大根とツナのあんかけ

1、大根をやわらかく茹でて湯をきり、粗くつぶす

2、小松菜をやわらかく茹で、水気を絞りみじん切りにする

3、鍋に少量の水、大根と小松菜、缶汁をきったツナを入れひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉でとろみをつける

常備しておきやすいツナの缶詰は、手軽にタンパク質がとれ離乳食にも使い勝手がよさそうです。大根おろしの水分と合わせ食べやすくしてあげましょう。

モグモグ期の離乳食を楽しく進めよう

離乳食を食べる赤ちゃん
© yamasan - Fotolia

離乳食を開始してから数カ月が経つといつからモグモグ期の離乳食をはじめればよいのか、ゴックン期から移行するタイミングに悩むこともあるかもしれません。

モグモグ期は赤ちゃんがモグモグと口を動かし、食べ物を飲み込む練習をする期間です。咀嚼が上手にできるようになったかなど赤ちゃんの様子を見ながら、少しずつ硬さや形状を変えたりしていきましょう。進め方や食事量は赤ちゃんのペースに合わせてあげることが大切になってきます。

赤ちゃんの機嫌が悪かったり、食欲がなくて作ったものを食べてくれない日は、また明日とママの気持ちを切り替えることも必要になるでしょう。

赤ちゃんが離乳食をモグモグと一生懸命食べる姿はとても愛らしいものです。かわいい姿を楽しみながらのんびり離乳食を進められたらよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年6月20日時点で作成した記事になります。
※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年06月24日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧