端午の節句に飾る五月人形。飾る意味や選び方、端午の節句の祝い方など

端午の節句に飾る五月人形。飾る意味や選び方、端午の節句の祝い方など

端午の節句に飾る五月人形には、どのような意味が込められているのかご存知でしょうか。適切な飾る時期や手順があれば知りたいという方もいるかもしれません。今回は、五月人形を飾る意味や購入するときの選び方、飾るときの方法について総まとめ。さらに、ママたちに聞いた端午の節句の祝い方についてもご紹介します。

端午の節句に飾る五月人形

端午の節句の飾り物である五月人形。飾ることの意味や、日本で飾られるようになった由来についてはご存知でしょうか。もし子どもに聞かれたとき、わかりやすく伝えられるとよいですよね。

今回は、端午の節句の由来から、五月人形を飾る意味や購入するときの選び方、飾るときの方法までをご紹介。また、ママたちに聞いた端午の節句の祝い方についてもお伝えします。

端午の節句の由来

そもそも端午の節句とは、どのような行事で、どのようにして日本で節句として定着したのでしょう。

「端午」とは、昔の暦で月の初めの午(うま)の日という意味。「午」と「五」の音が同じことから、五が重なる日として、5月5日を指すようになったとされているようです。

旧暦の5月は現代の6月にあたり、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期であったそう。昔の中国では邪気をはらうために、この時期によもぎや菖蒲を使って厄除けの行事が行われていたとされています。その風習がやがて日本にも伝わり、平安時代には宮中行事から一般の家庭にも広まっていったようです。

江戸時代になると、男の子が強くたくましく育つようにという願いを込めて、鎧兜や武者人形を飾る風習が生まれ、男の子の節句として定着していったようです。

菖蒲が欠かせない理由

古代中国では、菖蒲は薬草として使われ、活力を養うために煎じて飲んだり、葉から出る強い香りは、邪気をはらうお守りとして使われたりしていたようです。

そのほか、「菖蒲」の音が武道を重んじる「尚武」(しょうぶ)と同じことや、葉の形が刀に似ていることから、男の子の無病息災と一族の繁栄を願い、端午の節句に欠かせない植物になったとされています。

五月人形を飾る意味

五月人形には、男の子が力強く立派に成長できるようにという意味や、病気や事故などから子どもを守るお守りとしての意味があるようです。

子どもが五月人形を怖がるときは、鎧や兜は武士が戦いのときに身を守るために使っていた道具であることや、武者人形は昔話の主人公や歴史上の人物であることを、上記のような意味といっしょに伝えられると安心するかもしれませんね。

五月人形の種類

五月人形には、「内飾り」と「外飾り」があり、兜飾りや鎧飾りなど、自宅の中に飾るものが「内飾り」、鯉のぼりなど、ベランダや庭に飾るものが「外飾り」とされているようです。これらの端午の節句の飾り物を総称して、五月人形と言います。

五月人形には、上記のほかにも、武者人形や大将飾り、しょうきなど、多種多様な種類が。また、同じ飾りでも、平飾りやケース飾り、収納飾りと、さまざまなタイプがあるようです。ママのなかには、木製の五月人形を用意したという声もありました。
inomasa/Shutterstock.com
inomasa/Shutterstock.com

五月人形の選び方

端午の節句を控え、五月人形を用意したいとき、どこで購入したらよいか、どのような点を意識して選べばよいか迷うこともあるでしょう。五月人形の購入場所や、選ぶときのポイントについて、ママたちに聞いてみました。

購入する場所

五月人形を、百貨店の催事場や老舗の人形店、大型のおもちゃ屋さんなどで購入したママがいるようです。店頭での購入だと、その場で店員さんから説明を受けることができ、選びやすかったという声もありました。

なかには、ネットショップで購入したというママの声も。写真ではわからない色あいや、配送方法など、疑問に感じることは事前に問い合わせ、確認すると安心かもしれません。また、自分たちでは購入せず、自身の両親や義理の両親に贈ってもらうケースも多いようです。

選ぶときのポイント

五月人形を選ぶときのポイントについて聞くと、飾る場所や収納するスペースに合うサイズかどうか、予算に合うかどうかなどの声がありました。収納しておく期間が長いため、コンパクトに収納できるかどうかも確認しておくとよいかもしれません。

ほかにも、自宅のインテリアに合うもの、男の子の成長を願う飾り物としてかっこいいものなど、デザイン重視で選ぶという声もありました。
Tonic Ray/Shutterstock.com
Tonic Ray/Shutterstock.com

五月人形の飾り方

端午の節句が近づくと、毎年なんとなく五月人形を飾っているという家庭もあるかもしれません。飾る時期や飾る手順に決まりはあるのでしょうか。

飾る時期

五月人形を飾り始める時期や片付ける時期に、明確な決まりはないようです。ママたちからは、春分の日(3月20日や21日)を過ぎた3月下旬から4月下旬にかけて飾り始めるという声が。片付ける時期は、端午の節句の次の日や、旧暦にあわせて6月中旬など、家庭によってさまざまなようです。

動きたい盛りの子どもがいるので1週間程度、端午の節句を長く楽しめるよう1カ月程度など、子どもの様子や家庭の事情によって飾る期間を決めているという声もありました。家族にとってベストな時期に飾れるとよいかもしれませんね。

飾る手順

五月人形は、それぞれの人形に飾る手順があるようです。兜飾りは、五月人形のなかでもシンプルな造りであるため、飾り方も簡単かもしれません。太刀は柄を下向きにして飾るとよいようです。

鎧飾りを飾るときは、全体のバランスを見ながら飾るとよいでしょう。お腹や腕の位置が少し前後するだけでも印象が変わることから、位置を調整しながら一番格好よく見えるよう飾ることができるとよいかもしれません。

端午の節句の祝い方

端午の節句をお祝いするとき、五月人形を飾るほかに、他の家庭ではどのようなことをしているのか知りたいというママもいるでしょう。

おもてなし料理でパーティー

家族がよろこぶ、おもてなし料理を用意するのは、端午の節句の祝い方の定番かもしれません。どのような料理を作ったか聞くと、鯉のぼりちらしや兜春巻き、柏餅風餃子などの声が。デザートには、鯉のぼりロールケーキやちまき、鯉のぼりクッキーを作ったという声もありました。

おもてなし料理を作るときは、鯉のぼりや兜など、端午の節句ならではのモチーフを取り入れると、子どもが楽しく食べられるかもしれません。出世魚であるぶりや、「すくすく育つように」という意味が込められたたけのこなど、縁起のよい食材を料理に使うのもよいですね。
YSK1/Shutterstock.com
YSK1/Shutterstock.com

菖蒲を楽しむ

花菖蒲を花瓶に生けてたり、菖蒲をよもぎといっしょに束ねて軒先に飾ったりして、端午の節句を楽しむ家庭もあるようです。菖蒲の外飾りは現代ではあまり見かけないかもしれませんが、古くからの伝統文化を子どもと楽しんでみるのもよいですね。

そのほか、菖蒲の葉をお風呂に入れる菖蒲湯や、刻んだ菖蒲を日本酒のなかに入れる菖蒲酒を楽しむという声もありました。

初節句の祝い方

子どもが初めて迎える端午の節句では、どのようなお祝いをしたらよいか迷うママもいるかもしれません。初節句の祝い方について、ママたちに聞いてみました。

食事会を開く

子どもの初節句に、両親を招いて食事会を開くという家庭は多いようです。お祝い膳を手作りしたり、レストランの初節句プランを利用したりしてお祝いしたという声もありました。

初節句を迎えるときに、子どもが離乳食期の場合もあるでしょう。端午の節句に作った離乳食メニューについて聞くと、こいのぼりデコのお粥やポテト柏餅などの声がありました。離乳食の進み具合に合わせた食材を使って、端午の節句の雰囲気を楽しめるよう、盛り付けなどを工夫できるとよいですね。

写真撮影をする

子どもの初節句に、記念として写真撮影をするという声も多くありました。子どもの様子を形として残せると、成長したときに見返すこともでき、よい思い出になるでしょう。

子どもがまだ小さいので、自宅で手軽に撮影したというママや、せっかくのお祝いなので、写真スタジオに出かけて撮影したというママがいました。撮影場所は家庭によってさまざまなようです。子どもの様子や家族の考えに合わせて選べるとよいかもしれませんね。

五月人形について理解を深め、端午の節句を楽しもう

Ayaka/Shutterstock.com
Ayaka/Shutterstock.com
五月人形には、男の子が力強く立派に成長できるようにという意味や、病気や事故などから子どもを守るお守りとしての意味があるようです。購入するときは、飾る場所や収納するスペースに合うサイズかどうか、予算に合うかどうかなどをポイントに選ぶとよいかもしれません。

五月人形を飾る時期に、明確な決まりはないようです。春分の日(3月20日や21日)を過ぎた3月下旬から4月下旬にかけて飾り始め、端午の節句の次の日や、旧暦にあわせて6月中旬頃に片付けるなど、子どもの様子や家庭の事情に合わせて、飾る時期を決められるとよいかもしれませんね。

この機会に五月人形についてより深く知り、端午の節句を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2021年01月19日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧