七草粥の七草とは?由来や作り方、合うおかずや献立などのアイディア

七草粥の七草とは?由来や作り方、合うおかずや献立などのアイディア

炊飯器・土鍋を使った七草粥の作り方

七草粥にはどのような由来や意味があるのでしょうか。七草粥の作り方を知りたいと思うママやパパもいるかもしれません。七草粥は炊飯器や土鍋で簡単に作ることができるようです。七草粥の由来や、七草粥の七草の意味、七草粥の作り方などをまとめました。

1月7日は七草粥を作ろう

お正月料理を楽しんでしばらく経った1月7日頃に、お店などで七草粥に使う七草のセットを見かけることがあるかもしれません。

七草粥は、どのような理由で食べられるようになったのでしょうか。

七草粥とは

七草粥
iStock.com/jreika

七草粥の由来と、七草粥の七草それぞれに込められた意味をご紹介します。

七草粥の由来

昔の中国では、1月7日は「人日」といって人を大切にする日とされ、「人日の節句」として五節句のひとつとされてきたようです。

この日には、7種類の野菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願ったとされています。

日本では、お正月に若菜を摘んで食べる「若菜摘み」という風習があったそうで、人日の節句の風習が日本にも伝わり、1月7日に七草粥を食べるという行事が続いています。

その他にも、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわる意味や、青菜で不足しがちな冬場の栄養補給をするという意味もあるそうです。

七草粥の七草とは

七草の名前は、実はそれぞれの植物の名前になぞらえた、縁起の良い語呂合わせの呼び方になっています。

・芹(セリ)・・・競り勝つ。昔から田畑で栽培され、鍋物や和え物にも使われる馴染みのある食材かもしれません。

・薺(ナズナ)・・・ぺんぺん草ともいい、撫でて汚れを取り除くという意味が込められています。

・御形(ゴギョウ)・・・仏様の体という意味で、母子草(ハハコグサ)ともいいます。

・繁縷(ハコベ)・・・ハコベラともいい、繁栄が広がるという意味があります。

・仏の座(ホトケノザ)・・・仏様が座禅を組んでいるような花の形から呼ばれ、「田平子(タビラコ)」とも呼ばれています。

・菘(スズナ)・・・カブのこと。神を呼ぶ鈴に見立てられています。

・清白(スズシロ)・・・大根のこと。汚れのない清白を表しています。

子どもに七草粥の七草について伝えながら食べられるとよいですね。

七草粥の作り方

七草粥はどのように作るのでしょうか。七草粥の七草を集めたセットを使うと、簡単に作れるかもしれません。

七草粥の作り方をご紹介します。

土鍋

土鍋
iStock.com/akiyoko
  1. 土鍋に生米と水を入れて30分ほど浸す
  2. その間に七草を細かく刻む
  3. 土鍋を火にかけ、お粥ができあがる10分ほど前にカブと大根の根、塩少々を入れて炊く
  4. 火を止める直前にその他の葉物類を入れて混ぜ込む
  5. 少しの間蒸らす

土鍋を使って七草粥を作るときは、水の量を加減すると好みの軟らかさのお粥に仕上がります。

炊飯器

  1. 洗ったお米を炊飯器に入れ、お粥モードで炊く
  2. その間に洗った七草セットを塩茹でして細かく刻む
  3. お粥が炊きあがったらすぐに七草を入れて混ぜる
  4. 少しの間蒸らす

炊飯器を使うと簡単に七草粥を作ることができます。

お粥が炊けたら、生の七草を混ぜ入れてから再度炊飯ボタンを押し、3分ほど再加熱するという炊飯器を使った方法もあります。

七草粥のアレンジアイディア

七草粥を子どもに喜んで食べてもらうために、どのようなアレンジ方法があるのでしょうか。七草粥のアレンジアイディアを見てみましょう。

餅を入れる

お正月のお餅が余っている場合には、七草粥に入れてみてはいかがでしょうか。もちもちとした食感が七草粥にマッチしそうです。

バターやチーズを入れて、リゾット風餅入り七草粥にアレンジすることもできます。焼き餅をトッピングするというアイディアもあります。

卵を入れる

七草粥を卵とじにアレンジすると、違った楽しみ方ができそうです。

七草粥に温泉卵を乗せても、おいしくアレンジすることができそうですよね。

七草粥に合うおかず

七草粥を食べる日は献立に悩むママやパパもいるかもしれません。メインの七草粥に合うおかずにはどのようなものがあるのでしょうか。

七草粥は「疲れた胃を休ませる」という意味があるため、合わせるおかずもだしの旨味を活かした味つけにすると、シンプルな味付けの七草粥にもあうかもしれません。

魚の塩焼きや、煮付けを合わせて、魚の身をほぐして七草粥の中に入れると、ほどよい塩分と魚の旨みが加わり、子どもが食べやすくなるでしょう。

おかずにボリュームを持たせるために、食べ応えのある唐揚げや豚の角煮などの肉料理を作るのも七草粥に合いそうです。春巻きの具に余った七草を入れるというアイディアもあります。

七草粥を食べよう

家族
iStock.com/visualspace

七草粥の由来は、無病息災を願ったとされているようです。七草粥は、冬場に不足しがちな青菜を摂取でき、お正月のご馳走によく働いた胃を休めることができるでしょう。

土鍋や炊飯器を使って簡単に作ることができる七草粥は、アレンジアイディアもさまざまです。

七草粥の七草それぞれの由来を確認しながら、子どもといっしょに七草粥を楽しみましょう。

2020年01月07日

専門家のコメント
8
    すみっこ先生 保育士
    材料を揃えるのがなかなか大変なので、七草粥セットを購入したこがあります。子どもたちには苦手なお味だったようですが、意味伝えると自ら少し食べてみる!と興味を持ってくれました。
    ゆう先生 保育士
    あまりにあっさりだけで献立てしまうと、食べごたえがなく物足りなくなってしまう可能性があるので、少しだけボリューム感のあるもの、おでんや豚バラを使った料理などを考えて出しますね。
    あーちん先生 保育士
    七草すべてセットになった物がスーパーで売っています。由来も知って食べたいですね^ ^よく、お餅も一緒に食べています。本当の七草粥だと味が薄いのでアレンジしています。

    子どもは離乳食なので、なんちゃって七草粥にしました(笑)
    きいちゃん先生 保育士
    忙しい毎日の中ではフリーズドライの七草も重宝しそうですね!おかゆに混ぜて、塩ゆでした大根や蕪も入れると味もしっかりして、栄養面も補え良いかもしれません。お子さんにはご飯に混ぜておにぎりにしてあげると食べやすいですね。
    はなばたけ先生 保育士
    材料を揃えるのは大変かもしれませんが、今は七草粥セット!と売られているものもあるので助かりますよね ( ^o^ ) 子どもたちにも七草や由来に触れてもらうきっかけになります♩
    とまと先生 保育士
    うちの七草粥はいつも鶏ガラ&ごま油を入れて中華粥風です。1歳の子どもたちには塩なども何も入れませんでしたが、一応完食しました。保育園の給食でも毎年七草粥が登場しますが、食べ慣れないお粥は苦手な子が多いです、、。
    いちご先生 保育士
    七草粥は、お正月で暴飲暴食し荒れた胃を休める為、また今年一年の無病息災を願って食べる物だということを子どもたちに伝えて毎年食べさせるようにしています。まだ小さいので、意味をきちんとは理解してないように思いますが、大切な物だということはなんとなく理解してくれているようです(笑)
    我が家は毎年、スーパーで七草がセットになっている物を買って、小さく切った鷄と一緒に入れて、七草鷄雑炊にして食べます。今年はきびなごの唐揚げと一緒に食べました。子どもたちも完食してくれました◎
    いちぽ先生 保育士
    七草粥セットを毎回買ってしまいます。
    臭みがあって苦手な人も多いので、出来るだけ細かくして、出汁で味付けすると良いと思います。
    意味がいまいち把握できてないのでちゃんと確認して子どもに教えながら食べるようにしたいです。
おすすめユーザーのコメント
2
    SB
    七草粥を作るときは、ご飯といっしょに、細かく刻んだおもちを入れます!
    YSK
    去年は作れなかったけど、今年こそは作ろうかな。

    美味しそう。

イベントの関連記事

カテゴリ一覧