子どもの健康に関する記事を読むなら「KIDSNA(キズナ)」

健康

「健康」についての記事をまとめたページです。(4ページ)子どもの風邪、インフルエンザなどの感染症、アレルギーなど、ママ、パパが知っておきたい子どもの健康に関する情報満載。風邪の予防法や症状、インフルエンザの予防接種や感染したときの対処法、食物アレルギーの種類や原因について、医師監修のもと提供させていただいております。

  • 【皮膚科医監修】子どもの水いぼが多い理由と病院での治療や治療後の注意点

    【皮膚科医監修】子どもの水いぼが多い理由と病院での治療や治療後の注意点

    夏に多い子どもの肌トラブルとして知られる水いぼとはどういった原因や症状なのでしょうか。水いぼにかかると気になる病院での治療や漢方、自然治癒について紹介します。また、水いぼはかゆいのか、水いぼを取ったあとは残るのかについても皮膚科医、桐谷麻美子先生に確認してみました。

    桐谷麻美子(まみこ皮ふ科クリニック)

  • 【皮膚科医監修】赤ちゃん、子どもの虫刺されで病院は大げさ?受診の目安や処方薬など

    【皮膚科医監修】赤ちゃん、子どもの虫刺されで病院は大げさ?受診の目安や処方薬など

    赤ちゃんや子どもが虫に刺されたとき、病院の受診が頭をよぎることもありますよね。虫刺されで受診なんて大げさだと思うかもしれませんが、症状によっては処方薬を使って治すことが大切です。子どもが刺されやすい虫の種類と特徴的な症状、虫刺されでは何科を受診するのか、受診の目安などをご紹介します。

    桐谷麻美子(まみこ皮ふ科クリニック)

  • 【小児科医監修】プール熱は何日で治る?初期症状や出席停止日数などについて

    【小児科医監修】プール熱は何日で治る?初期症状や出席停止日数などについて

    子どもがプール熱にかかると、学校保健安全法にしたがって保育園や幼稚園を何日か休むことになります。プール熱の感染力が強いため、きょうだいが感染すると、園によってはいっしょに休むように言われることもあるようです。プール熱の初期症状や何日で治るか、幼稚園や保育園の出席停止期間は何日間か、などを解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【皮膚科医監修】子どもも水虫になるの?症状と原因、うつりやすい場所や感染経路など

    【皮膚科医監修】子どもも水虫になるの?症状と原因、うつりやすい場所や感染経路など

    子どもは大人に比べて水虫になりにくいのですが、たまにかかることがあります。身近な大人から子どもに水虫は感染するのか、水虫のときの保育園や幼稚園でのプールは可能なのかを解説します。水虫の原因や症状、感染に注意が必要な場面や一見似ている皮膚病、予防法、治し方、完治はするのか、などについてもご紹介します。

    桐谷麻美子(まみこ皮ふ科クリニック)

  • 【耳鼻科医監修】中耳炎の症状や原因は?急性中耳炎の子どもの様子や治療について

    【耳鼻科医監修】中耳炎の症状や原因は?急性中耳炎の子どもの様子や治療について

    子どもや幼児に多い病気のひとつ、急性中耳炎はプールの水が耳に入ることが原因と聞いたことはありませんか。急性中耳炎の真の原因や中耳炎が悪化する理由、症状や子どもの様子などを解説します。また中耳炎にかかったときは、いつからプールやお風呂には入れるのか、注意点や対策についてもご紹介します。

    三塚沙希(エムズクリニック白金)

  • 妊娠中でもオシャレを楽しみたい!産後も着まわせる最旬マタニティウェア

    妊娠中でもオシャレを楽しみたい!産後も着まわせる最旬マタニティウェア

    お腹が大きくなると気になってくるのがマタニティウェア。妊娠中だってオシャレを楽しみたい!というプレママが多いのではないでしょうか。そんな妊婦さんに向けて、デザインと機能性の両面を兼ね備えたマタニティ服、最旬のマタニティコーデを紹介します。

    株式会社エンジェリーベ

    PR

  • 【小児科医監修】赤ちゃん、子どもの窒息事故。シーン別の注意点、症状や応急処置など

    【小児科医監修】赤ちゃん、子どもの窒息事故。シーン別の注意点、症状や応急処置など

    赤ちゃんや子どもに起こりやすい事故として、ワースト上位に窒息事故があげられています。今回は、年齢別の窒息事故の事例、シーン別の窒息事故防止のポイント、救急車を呼んだとき、症状、対処法や応急処置の注意点などを解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【小児科医監修】赤ちゃん、子どもの溺水の原因や救急の処置法と後遺症について

    【小児科医監修】赤ちゃん、子どもの溺水の原因や救急の処置法と後遺症について

    【小児科医監修】溺水は赤ちゃんや子どもなどの乳幼児に多く、夏場だけでなく年間を通して起こる不慮の事故の一つとされています。今回の記事では、年齢別の溺水事故の原因や子どもが溺水したときの処置法、治療法と後遺症などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【小児科医監修】喘息の予防について。薬や運動、食べ物での喘息症状コントロール法

    【小児科医監修】喘息の予防について。薬や運動、食べ物での喘息症状コントロール法

    子どもが喘息っぽいと心配になりますよね。ダニやハウスダスト、ペットなどのアレルゲンや食べ物、たばこの煙など、喘息につながる原因はさまざまです。喘息のような症状があるときには、運動は控えた方がよいのか、日常生活でできる喘息の予防をご紹介します。また、吸入器や薬の治療法についてもあわせて解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育に関心はあるけれど、教材選びや進め方に迷って実際には取り組めていないママが多いのではないでしょうか?今回は、子どもの学習を研究してきた文理の「幼児ドリル」を用いて、子どもが興味をもち、さらに続けられる教材とはどのようなものなのかをご紹介します。

    株式会社文理

    PR

  • 【小児科医監修】子どもが水疱瘡になる原因と症状、帯状疱疹になる可能性とは

    【小児科医監修】子どもが水疱瘡になる原因と症状、帯状疱疹になる可能性とは

    水疱瘡(水ぼうそう)は子どもの間で流行する病気のひとつです。子どもが未経験だったり、予防接種が済んでいない場合は症状や感染経路が気になるところでしょう。また水疱瘡ウイルスから帯状疱疹になるのでは、と心配するママもいるかもしれません。ここでは水疱瘡の症状や原因、予防法や後遺症などについて解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】子どもの日焼け、海、プール、自転車などシーン別対策とケア

    【小児科医監修】子どもの日焼け、海、プール、自転車などシーン別対策とケア

    夏は子どもと海水浴などのレジャーやおでかけが楽しみなママも多いでしょう。そこで気になるのが日焼けによるダメージです。今回は海、プールなどの水着のときの日焼け対策や日焼け対策グッズ、自転車や外遊びなど日常生活で使える日焼け対策法と、日焼け後のケアや対処法について専門家の意見をまじえながら紹介します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】赤ちゃんの下痢が続くとき。緑色など便の色別に原因を解説

    【小児科医監修】赤ちゃんの下痢が続くとき。緑色など便の色別に原因を解説

    赤ちゃんの下痢が続くと、病気を心配するママも少なくないでしょう。下痢が長引くときに考えられる原因と、うんちの色が緑色や白、赤色などいつもと違うときに病気かどうかを見極めるポイント、病院受診の目安や注意点をご紹介します。また、下痢の赤ちゃんを保育園に預けられるかどうかの判断基準などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【皮膚科医監修】水いぼはうつる?かゆい?水いぼの症状や感染、治療に使う薬について

    【皮膚科医監修】水いぼはうつる?かゆい?水いぼの症状や感染、治療に使う薬について

    子どもに多い夏の肌トラブルのうち、あせもや虫さされなどと並んで、ママたちが耳にする機会が多いのが水いぼです。今回は、水いぼの症状、感染源や感染経路について解説。さらに、水いぼの治し方、自然治癒の期間、かゆいときの対応、免疫との関係性、ヨクイニンや処方薬などについても、専門医に確認しました。

    加藤円香(恵比寿mamaクリニック)

  • \無料イベント実施中/赤ちゃん連れで楽しめる!今、話題の「ライフプラン相談&写真撮影会」

    \無料イベント実施中/赤ちゃん連れで楽しめる!今、話題の「ライフプラン相談&写真撮影会」

    赤ちゃんの将来のことを考えて、家計や「備え」となる保険を見直したことはありますか。あるいは、赤ちゃんができてから保険に加入しましたか?なかには「見直したり他にも加入したりする方がいいのはわかってはいるけれど、子育てに忙しくて難しい保険選びまでなかなかできない…」というママもいるはず。そこで、赤ちゃんと一緒に楽しく参加できて、家の「お金まわり」のことまで相談できる、いま人気のイベントをご紹介します。

    パワープランニング株式会社

    PR

  • 【小児科医監修】O157の予防法とは。死滅温度やアルコール消毒について解説

    【小児科医監修】O157の予防法とは。死滅温度やアルコール消毒について解説

    気温が上がってくると、食中毒に特に注意が必要な季節になってきます。O157は、食中毒を引き起こす菌のなかでも感染力が強く、日頃の予防が大切です。O157とはとはどのような症状なのか、O157の潜伏期間や死滅温度、加熱やアルコール消毒による予防対策、家庭でできる2次感染予防法をご紹介します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】プール熱のアデノウイルスで結膜炎。目やにや目の充血はいつまで

    【小児科医監修】プール熱のアデノウイルスで結膜炎。目やにや目の充血はいつまで

    プール熱にかかったあと、いつまでも目の充血や目やになどの結膜炎だけが治らない子どもや、片目だけ治らないケースも多いようです。今回はプール熱のウイルスでもある、アデノウイルスによる結膜炎の症状や眼科の受診について、検査や治療方法、保育園、幼稚園の登園停止期間について詳しく解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【小児科医監修】手足口病の登園目安はいつから?幼稚園、保育園の登園許可証など

    【小児科医監修】手足口病の登園目安はいつから?幼稚園、保育園の登園許可証など

    手足口病になると保育園や幼稚園を何日か休むことになります。手足口病の症状が落ち着くといつから登園可能になるのか、登園許可の目安を知りたいママもいるでしょう。手足口病の登園禁止の基準、出席停止期間、登園許可証(登園届)の有無や、早く治すための正しいホームケアなどについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【小児科医監修】ビタミンD欠乏症とは?赤ちゃんに出る症状とくる病との関係性

    【小児科医監修】ビタミンD欠乏症とは?赤ちゃんに出る症状とくる病との関係性

    近年、乳幼児の患者が増えている病気のひとつにビタミンD欠乏症があります。ビタミンD欠乏症とはどのような病気か気になるママに、今回はビタミンD欠乏症の症状、原因、小児科医に相談するポイント、治療や診断方法、赤ちゃんや子どもに増えつつある「くる病」と「骨軟化症」の関係性などについて詳しく解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 手足口病のうつる期間や時期はいつまで? うつらない方法など

    手足口病のうつる期間や時期はいつまで? うつらない方法など

    【小児科医監修】手足口病がうつる期間はどの程度とされているのでしょうか。感染しやすい期間や大人がうつったときの症状、手足口病にうつらない方法や予防法について解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • O157とはどんな病気? 症状や治療法について

    O157とはどんな病気? 症状や治療法について

    【小児科医監修】夏になるとO157の発生を気にするママもいるでしょう。O157感染症は、腹痛、嘔吐、下痢、血便などの代表的な症状のほか、後遺症が残ることもある病気です。今回は、O157感染症の症状や感染経路や潜伏期間、予防法について、さらに治療や検査の方法を解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)