入園式の服装は?母親、父親、子どもの入園式の服装やマナー

入園式の服装は?母親、父親、子どもの入園式の服装やマナー

この春、入園式を控える保護者は、入園式の流れや、どのような服装をすればよいのかなどが気になるかもしれません。入園式という晴れの日に相応しい服装とは、どのようなものなのでしょう?入園式に参列するときの母親、父親の服装や小物、男女別の子どもの服装のマナーについてご紹介します。

新たな出会いのはじまり「入園式」

この春、幼稚園や保育園に入園する子どもを持つ保護者は、入園式の流れや、写真の撮り方などが気になるかもしれません。

幼稚園や保育園によって入園式の時期や時間帯はさまざまですが、園長先生の挨拶や来賓の祝辞、先生の紹介、新入園児の紹介などが行われるようです。
子どもの晴れ舞台である入園式の思い出をしっかりと記録に残したいと考える保護者も多いのではないでしょうか。

入園式の前に、カメラの充電や容量が不足していないか確認しておきましょう。また、たくさんの写真を撮っておくこともベストシーンを逃さないためのポイントのようです。

入園式の母親の服装や持ち物

入園式に参加するときの母親の服装にはどのような種類があり、また、どのようなバッグを選べばよいのでしょうか。子どもの入園式に相応しい服装やバッグの選び方、小物を取りいれたコーディネート、髪型のポイントを見てみましょう。

服装・靴

iStock.com/itakayuki
iStock.com/itakayuki
入園式の母親の服装は、主役の子どもたちより目立たないような色や、式にふさわしい上品さを兼ね備えた服装を意識するとよさそうです。スーツやワンピース、ジャケットのセットアップ、着物などが母親の入園式の服装として主に選ばれています。

ノーカラージャケット、テーラードジャケットなど、ジャケットにもさまざまな種類がありますが、インナーやボトムスと素材が合うかをチェックし、コーディネートに違和感がないか確認するとよいでしょう。

寒さ対策のために、入園式にタイツを履きたいと考える人もいるかもしれません。ブラックフォーマルと区別するために、品のよい華やかさのあるデザインのタイツを選ぶとよさそうです。

着物の場合は、入園式という場に相応しい訪問着や色無地を選ぶとよいでしょう。

バッグ・小物

トートバッグ、ハンドバッグ、クラッチバッグなど女性のバッグの種類はさまざまです。入園式に着ていく服装に合わせ、トータルコーディネートを意識したバッグを選びましょう。春らしい色を選ぶとよさそうです。

当日はプリントなどが配られるケースがあるほか、スリッパやカメラなどのかさ張る荷物があるかもしれません。小さめのフォーマルバッグに、サブバッグを持参するという母親も多いようです。色や柄が入園式に適当かをチェックしたうえで、折りたためるタイプのサブバッグが便利だという声もありました。

また、アクセサリーなどの小物のマナーが気になる人もいるかもしれません。華美になりすぎず、園の雰囲気や服装の色使いに合わせた小物を選ぶとよさそうです。

アクセサリーを付けない場合には、コサージュ、スカーフ、ブローチなども入園式のコーディネートのポイントになるかもしれませんね。

髪型・ネイル

サイドよせアレンジ、ゆるめハーフアップ、ねじりポニーテールなど、自宅で簡単にできるヘアアレンジはさまざまです。服装や園の雰囲気を考えながら、入園式という晴れの日にぴったりな髪型をセットできるとよいかもしれません。

ネイルをする場合は、落ち着いた雰囲気の色を選ぶようにしましょう。

入園式の父親の服装や持ち物

入園式は子どもが主役であるため、父親が入園式に着るスーツの柄は、目立たない無地か薄めのストライプを選ぶとよさそうです。体型に合っているスーツか、事前に確認しておくと安心ですね。

入園式のネクタイは、薄いグレーやライトブルー、シルバーなどの明るい色だと華やかさが演出できるかもしれません。スーツやシャツの色に合わせて選びましょう。靴や靴下もシンプルな色やデザインを選ぶとよさそうです。

【男女別】入園式の子どもの服装のポイント

幼稚園や保育園の入園式は、他の子どもたちや先生と顔を合わせる始めての場。入園式の服装のマナーを押さえ、おしゃれなコーディネートで参加してみてはいかがでしょう。

男の子の服装

Africa Studio/Shutterstock.com
Africa Studio/Shutterstock.com
入園式の男の子の服装は、スーツやベストタイプが多いようです。ジャケットは、目立つカラーでなくても素材や柄などによって、個性を出すことができるかもしれませんね。

落ち着いた色味のチェック柄はカジュアルシーンでも使え、グレーのジャケットはやわらかな雰囲気を演出することができそうです。ベストやカーディガンを合わせてコーディネートしてもよいでしょう。

入園式の男の子の靴はローファーなどのほか、普段使いもできる新品のスニーカーを用意したという保護者もいるようです。

女の子の服装

入園式の女の子の服装は、ワンピースやジャケット付きセットアップが多いようです。さまざまなバリエーションがある女の子のスカートは、シンプルなデザインのほか、プリーツスカート、サーキュラースカートなどが選ばれているようです。

スカートの下にレギンスやタイツなどを着用し、走り回っても下着が見えないようにしておくと安心かもしれません。大きめサイズのスカートの場合は、ずれを防止するサスペンダーなどを活用するとよいでしょう。

ヘアアレンジを取り入れたりカチューシャ付けたり、いつもと違うセレモニースタイルで髪型もドレスアップすると子どもも喜ぶかもしれませんね。

男の子・女の子 共通

園によっては、服装が指定されている場合もあるかもしれませんが、指定がない場合は保育園の雰囲気や、子どもの年齢に合わせて考えるとよいかもしれません。ハイハイ時期の子どもには、スーツ風のロンパースを着せたという声もありました。

入園式用の服は、購入して他の機会に着まわしたというほか、レンタルしたという保護者もいるようです。

入園式に出席する家族の服装のマナー

上の子の入園式に下の子や赤ちゃんが参列してもよいのか悩む場合もあるかもしれません。祖母やベビーシッターサービスを利用して、赤ちゃんを預かってもらうほか、いっしょに参列したという声もありました。

赤ちゃんが入園式に参列する場合は、式の雰囲気に合わせたベビードドレスなどを選ぶとよいかもしれません。抱っこ紐や替えの洋服も用意しておくとよさそうです。

入園式を家族の素敵な思い出にしよう

iStock.com/yamasan
iStock.com/yamasan
子どもが入園する場合、入園式の服装やマナーについて気になることがさまざまあるのではないでしょうか。

子どもの服装の指定がない場合は、マナーに気をつけながらコーディネートを楽しみましょう。子どもに、どんな服装で入園式に出席したいかということを聞いてみてもよいかもしれません。

保護者は子どもよりも華美になりすぎないよう、春らしい装いで子どもの新たな門出を祝えるとよいですね。

2021年01月02日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ