子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年04月24日

なぜ、英語力だけではダメなのか。世界に通用する子を育てるためには

なぜ、英語力だけではダメなのか。世界に通用する子を育てるためには

英語さえできれば、世界中の人達と友達になれて、世界で活躍できる人材になれるのでしょうか?実は、残念ながらそうではありません。今回は、『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、「なぜ英語力だけではダメなのか」「世界に通用する子に育てるためには何が必要なのか」をお話します。

平川裕貴

インターネットの発達で、世界中の人達と瞬時に話せ、地球の裏側の出来事も手に取るようにわかるようになりました。とあるアーティストが海外セレブに見つけられTwitterで呟いたことにより一躍世界的に大ヒットになった話など、もはや国境など存在しないかのようですね。

グローバル社会とは

英語の必要性が言われる時に必ず耳にするのが、「グローバル社会」という言葉です。でも、グローバル社会とはどのような社会なのでしょうか?単純に言えば、

人や物が国境を越えて行き来することが日常になるという社会です。

単に観光として行き来するくらいなら、「相手の国の挨拶くらいは覚えよう」と思いますよね。しかし現状は、もうそのレベルではすまない段階まで進んでいるのです。

企業にも進むグローバル化

今は外国人が日本企業の社長になることや、日本企業が外国の企業に買収されるなんてことが珍しくはない時代なのです。

また、世界規模で展開している会社なら、たとえ日本の企業でも、

社員の半数以上が世界中から集まった外国人

ということも決して珍しくはないのです。となると、社内公用語は当然ながら英語になってしまいます。

英語がコミュニケーションツール

すでに大手のインターネット通販会社やアパレル会社、家庭用電気機器会社や商社、銀行などの日本企業も、

英語を社内公用語として使い始めています。

実際、欧米の企業でも、英語圏以外の海外の国々からたくさん社員を採用しています。世界中の若者がインターネット上で入社試験を受けて採用されている時代なのです。

ただ英語が話せるだけで良いなら、社員は全員欧米人にすれば問題ないはずですが、それでは意味がないのです。ここに英語力だけではダメというヒントが隠されています。

なぜ英語力だけではダメ?

グローバル社会とは、人や物が国境を越えて行き来する社会と言いましたね。物が行き来するとは、原料や製品が輸出入されるということ。まあ、今更始まったことではありませんがもっとわかりやすく、あるストーリーをお話しましょう。

あるアメリカ企業の社長が、自社製品を日本でも売りたいと考え、英語が 堪能な日本人を採用しました。そして、彼に質問しました。

・日本でこの製品は受け入れられるか?

・日本ではどのような宣伝方法が効果的か?

・どのような販売方法が受け入れられやすいか?

・どのくらいの値段設定なら売れるか?

・日本人好みのパンフレットの色やデザインは?

・アフターサービスはどのようにすればいいか?

ところが彼は、インターナショナルスクールを出て英語は話せるけれど、日本や日本人の考え方がまったくわからなかったのです。 結果、日本のことを知らない日本人社員など必要ないと、即クビを言い渡されてしまいました。

もうお分かりですね。英語が話せる人間なら欧米にいくらでもいます。なぜ日本人でなければならないのか?それは日本人独自の文化や考え方や感性を持っているからです。

世界で活躍するには英語が話せるだけではダメなのです。日本人ならではの感性を持ち、日本のことを知らなければ世界で通用しませんし、受け入れられないのです。

世界で通用する子に育てるためには

筆者は30年以上子どもの英語教育に取り組んできましたが、決して英語ができるだけの国籍不明の人間を育てたいとは思いません。英語はあくまでも手段です。

「アイデンティティ」を持つ

本当に大切なことは、「自分は何者か」というアイデンティティなのです。日本に生まれた私達は、日本人としての感性を持っています。それらを子ども達に伝えていけば良いのではないでしょうか。

・細かいことにも心配りができるおもてなしの心

・ものを大事にする“もったいない精神”

・人に迷惑をかけないように気使う心

・他人を助ける優しさや思いやり

それらを持ったうえで、日本人に欠けている「考える力」や「チャレンジ精神」や「責任感」などを欧米の文化から学べばいいのです。

日本の文化をしっかり伝える

世界で通用する人間とは、日本人としてのアイデンティティを持ちながら、異文化をも受け入れられる広い心を持った人です。子ども達には英語と同時に、日本の文化もしっかり教えていきましょう。

アイデンティティの育て方や、欧米から学ぶべきことについては、また別の機会に詳しくお話したいと思います。

執筆:平川裕貴

平川裕貴の記事一覧(バックナンバー)

元日本航空CA。外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年子ども英語スクールを開校。現在、英語プリスクールで、3歳から6歳までの子ども達を、幅広い視野と思いやりを持ったバイリンガルに育てている。また、スクール経営の傍ら、長年欧米文化に触れてきた経験から、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱する幼児教育研究家として活動。フジテレビ『ホンマでっか!?TV』 に子ども教育評論家として出演。また、英語やしつけに関する記事を多数執筆。著書に『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾン)

英語の関連記事
  • 幼児期からの英語教育と日本語への影響。2020年英語教育改革に向けて知りたいこと

    幼児期からの英語教育と日本語への影響。2020年英語教育改革に向けて知りたいこと

    英語教育は幼児期から始める方がいいと言われても、まず多くの人が不安に感じるのは、日本語に影響はないのかということかもしれませんね。今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、さまざまな事例から、この不安にお答えしたいと思います。

    平川裕貴

  • 英語の絵本の読み聞かせデビュー。コツや方法、親が英語を話せなくても大丈夫?

    英語の絵本の読み聞かせデビュー。コツや方法、親が英語を話せなくても大丈夫?

    子どもに英語で読み聞かせしたいけれど、自分は英語が苦手だから…とあきらめてしまう方も多いかもしれません。でも読み聞かせに英語力は関係ありません。英語の絵本での読み聞かせデビューのコツと効果を紹介します。

  • これからは英語が必須?バイリンガル教育と子育て、海外の英語教育事情など

    これからは英語が必須?バイリンガル教育と子育て、海外の英語教育事情など

    小学校の教育において英語が必修科目(予定)となる2020年まで数年。「グローバル」という意識がより強くなっている昨今、バイリンガル教育を考える両親も多いと思います。子育てや習い事の中で「英語」は最も頻繁に使われるキーワードではないでしょうか。実際のバイリンガル子育てを見て感じたこと、また海外での英語教育事情など、筆者の体験を交えて紹介していきます。

  • 「子ども留学」はいつから?就学前に知っておくべき費用や注意点

    「子ども留学」はいつから?就学前に知っておくべき費用や注意点

    グローバル化する社会で、未来を担う子どもたちはさらに英語力が必要とされていくことでしょう。そのような社会で生きていくため「将来子どもを留学に行かせたい」と考えるママも多いのではないでしょうか?今回は生きた英語を学べる「留学」という選択肢について、留学の現状や費用などを調査してみました。

  • なぜ英語に「夫婦」という単語がない?結婚に対する、欧米と日本のちがい

    なぜ英語に「夫婦」という単語がない?結婚に対する、欧米と日本のちがい

    『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身につけさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱している平川裕貴です。筆者は、長年欧米文化に触れてきて、文化の違いに驚き、考えることが多々ありました。そんな筆者に、今回はとても面白いテーマをいただきましたので、それについて書いてみたいと思います。「英語にはなぜ夫婦という単語がないのか」という疑問です。

    平川裕貴

  • 英語教育の専門家が教える、幼児がアルファベットに興味を持ち身につけるとっておきの方法

    英語教育の専門家が教える、幼児がアルファベットに興味を持ち身につけるとっておきの方法

    英語を自然と身につけるのにはどんな方法がいいのでしょうか。日本語を学ぶのと同じように、「聞く」ことから始めて「話す」に進み、その後「読むこと」や「書くこと」に進んでいくのが一番自然な覚え方だと言えます。そこで『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴さんが、英語の文字への興味の持たせ方や、英語のスペルが学べるゲームをご紹介します。

    平川裕貴

カテゴリ一覧