大切な歯を守ろう。歯のことやむし歯の仕組みを知る絵本10選

大切な歯を守ろう。歯のことやむし歯の仕組みを知る絵本10選

11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

小さい子にも歯みがきの大切さがわかる絵本

歯ブラシを電車に見立てたり、歯ブラシがヒーローになったり、子どもの大好きなものと歯みがきを結びつけることによって歯みがきを身近に感じ、歯みがきの時間がちょっと好きになれるかもしれない絵本です。

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

歯ブラシを電車に見立て「しゅっしゅっしゅっ、しゅっしゅっしゅっ、きたよきたよ、はみがきれっしゃ!おくちのなかへ、しゅっぱつしんこう~!」と歌うようにして、歯みがきを楽しめるようになる絵本です。

口の中に歯ブラシを入れるのを嫌がる子には、特におすすめです。繰り返しのフレーズが何度も出てくるので、親子で楽しみながら読めそうです。

がんばれ はぶらしハーマン

がんばれ はぶらしハーマン

歯ブラシのハーマンとばいきんのムッシーが登場し、歯みがきをしないとむし歯になっちゃうという内容が、とても分かりやすく子どもに伝わるストーリーです。

ところどころに穴のあいたしかけのページもあるので、ワクワクしながら聞いてくれそうです。ヒーローが好きな子には特に喜ばれる一冊です。

魅力あふれるキャラクターが特徴の歯に関する絵本

歯にまつわる魅力的なキャラクターが登場し、子どもを引き込むようなストーリー性のある3冊の絵本を紹介します。

むしばあちゃん

むしばあちゃん

普段は主人公のまあちゃんの耳の中にある部屋にいて、まあちゃんが眠ったら口の中をピカピカにお掃除してくれる、むしばあちゃんが出てくる斬新なお話です。

ちっとも歯みがきをしないまあちゃんに、むしばあちゃんが大暴れしたり、今度はいればあちゃんが登場したり、テンポのよいストーリーに子どもも集中して聞いてくれるでしょう。

にゅうしちゃん

にゅうしちゃん

イラストレーターとして幅広い活躍をしている著者michi氏のやわらかなイラストがかわいらしく、プレゼントで贈っても喜ばれる一冊です。

ほのぼのとしたイラストとは対照的に、内容は歯についての知識がしっかりと分かり、学びのあるストーリーになっています。

むしばいっかのおひっこし

むしばいっかのおひっこし

むし歯をしない人間の子どもがむし歯になってしまうお話は多いですが、この本は「むしば菌の家族」目線で描かれた、インパクトのある一冊です。

歯みがきをしましょう、という言葉が出てくるわけではないのに、読み終わったあとには自然と歯みがきをしたくなるようなストーリーが魅力です。

歯が生え変わる頃に読みたい絵本

保育園や幼稚園、小学校で周りのお友だちの歯が抜け始めると、歯に対する興味が強くなる子も多いかもしれません。そんな頃に読みたい、歯についてよくわかる絵本を紹介します。

はははのはなし

はははのはなし

歯の役割、歯を丈夫に守るための方法、なぜ虫歯になるのか、丈夫な歯と丈夫な体の関係などがよく分かるような絵本です。

ページごとに疑問文で終わり、次のページをめくると答えが分かる構成なので、子どもの考える力を引き出します。50年ちかく愛されている絵本です。

いーはとあーは

いーはとあーは

ただ説明しても子どもはなかなか理解できない歯の大切さを、インパクトのある絵と科学的な説明でわかりやすく伝える一冊。

著者の柳生弦一郎氏の作品は、「かさぶたくん」「おっぱいのひみつ」など、子どもの興味をひく身体をテーマとしたものが多くあり、おすすめです。

歯がぬけた

歯がぬけた

上の歯が抜けたら庭に捨て、下の歯が抜けたら屋根の上に投げ、海外では抜けた歯を枕元に置いておくと、妖精がコインに替えてくれると言われていたり……。歯が抜けること、歯が生え変わることがテーマに描かれた絵本です。

歯が抜け始める6歳前後の子どもに読んであげると、興味津々で聞いてくれることでしょう。

いろいろな動物の歯が出てくる面白い絵本

最後は人間だけではなく、動物の歯に関する絵本です。動物が好きな子は特に、興味津々で見てくれることでしょう。

はみがきさん

はみがきさん

ぞうさん、らいおんさん、うさぎさん、むし歯になってしまったわにさんなど、はみがきさんがいろいろな動物の歯をみがいてあげるお話です。

歯みがきのことだけではなく、最後には少しドキっとするようなオチがあり、せなけいこさんらしい独特の味わいが楽しい一冊です。

だーれのは

だーれのは

いろんな動物の歯が見開きいっぱいに描かれ、それぞれの歯の特徴がよく分かる絵本です。ライオンは固い骨も噛み砕く犬歯、りすは木の実や昆虫を噛むための固い前歯など、クイズ形式で楽しく覚えることができます。

最後は鏡のしかけがついていて、自分の歯を見ることができるので、子どもの好奇心を刺激しそうな一冊です。

<執筆>KIDSNA編集部

2021年11月08日

絵本の関連記事

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ