トイレ掃除はどうしてる?使った道具や汚れの落とし方をご紹介

トイレ掃除はどうしてる?使った道具や汚れの落とし方をご紹介

きれいに保つコツや掃除するタイミングなど

トイレの掃除の仕方について気になるママもいるかもしれません。放っておくと汚れがたまってしまい、掃除する気が起きないこともあるのではないでしょうか。水垢やカビの汚れの落とし方、壁紙の手入れの仕方など、ママたちの体験談をもとにトイレ掃除のコツをご紹介します。

トイレ掃除の頻度

汚れが目立つと気になるトイレ。ママたちはどのくらいの頻度でトイレ掃除をしているのでしょうか。ママたちの声を聞いてみました。

30代ママ
汚れに気づいたときに掃除すればきれいな状態を保てるので、一週間に2回くらいは掃除をしています。
30代ママ
汚れをためてしまうのが嫌なので、毎日こまめにできる掃除をしています。トイレ全体の掃除は週に1回です。
30代ママ
なかなか掃除する時間がとれないため、トイレ掃除をする日を決めてその日に掃除をするようにしています。

トイレ掃除をするタイミングはママによってさまざまなようです。

毎日部分的に掃除するという意見や、時間がとれない場合は掃除する日を決めて一気に掃除するなど工夫しているようですね。

仕事の状況やトイレの汚れをみて掃除の頻度を考えるとよいかもしれません。

トイレ掃除をするタイミング

トイレ
iStock.com/yaoinlove

子どもがいると食事の準備やお風呂などに時間がかり、日頃トイレ掃除をするタイミングがなく、困ることもあるかもしれません。

ママたちはどのようなタイミングでトイレ掃除をしているのでしょうか。

汚れに気づいたとき

30代ママ
平日に少しでも時間があれば汚れが気になるところにスプレーを吹きかけて磨いたりしています。そうすればトイレ掃除にまとまった時間を取る必要がなくて他の掃除が楽になります。

汚れに気づいたときに少しづつ掃除をすることで、トイレ掃除の時間を短縮しているようです。

日々掃除が必要なのはトイレ掃除だけではありませんから、少しでもトイレ掃除の手間が省ければ他の掃除もはかどりそうですね。

週末

30代ママ
平日は子どもの面倒で手一杯なので、週末にパパに子どもを見てもらってトイレ掃除しています。私が子どもをみてパパが掃除することもありますね。

平日にトイレ掃除をする時間がない場合は、週末に子どもの面倒をパパに任せてトイレ掃除することもあるようですね。

トイレ掃除に使用する道具

トイレ掃除は頑固な汚れを落としたり、掃除しづらい場所もきれいにしなければならないでしょう。

ママたちはトイレ掃除にどのような道具を使っているのでしょうか。

流せるお掃除シート

トイレ掃除に使うシートはそのまま流せるシートを使っているママが多いようです。

便器はもちろん、床の掃除もでき、そのまま流せることができるため便利というママの意見がありました。

洗剤

トイレ用の洗剤はもちろん、水垢やカビなど汚れがひどいときは、重曹やクエン酸を使うことがあるというママもいました。

特に重曹は臭い対策にも効果があるようです。

手袋

肌が敏感な場合、手袋をしてトイレ掃除をするとよいでしょう。

ママの中には重曹や強い洗剤を使うときは、肌が弱いためパパに掃除をお願いしていたという意見もありました。

その他掃除のあとは消臭剤を置いたり、便器に直接貼ることができる芳香洗浄剤を使っているなどさまざまな掃除グッズを使っているようです。

トイレ掃除の手順

トイレ
iStock.com/maroke

トイレ掃除をする際は、どのような手順で掃除すればよいのか気になるママもいるかもしれません。

ママたちの意見をもとにご紹介します。

①便器の表面、裏面を拭く
②便座の表面、裏面を拭く
③便座を外して普段見えない汚れを拭く
④タンクの外側を拭く
⑤ウォシュレットのノズルを拭く
⑥壁紙の汚れを拭く
⑦床を拭く
⑧必要に応じで芳香剤など設置して終了

細かく掃除していくとトイレ掃除は意外とやることが多く感じますが、きれいに掃除した分、家族が気持よくトイレを使うことができそうですね。

便座を外して掃除をするなど、作業が大がかりになるときはパパに任せたり、子どもたちをパパに見てもらうなど、夫婦で協力しているという意見もありました。

トイレをきれいに保つためのコツ

トイレ掃除は汚れがたまるほど掃除に時間がかかってしまうでしょう。ママたちはトイレをきれいに保つためにどのような工夫をしているのでしょうか。

30代ママ
汚れやすい箇所は日頃からマメに掃除するようにしています。どうしても汚れがたまってしまった場合は、汚れにあわせた掃除方法を試しています。
30代ママ
掃除用具やトイレットペーパーなど、物を置くと汚れがたまりやすいと思うので、なるべく物を置かないようにしています。
30代ママ
家族一人ひとりにもトイレはきれいに使うようにと伝えています。ママだけが掃除するより家族で意識すれば掃除のときの負担も減ります。

トイレをきれいにするにはさまざまなコツがあるようです。

日頃から掃除をすることもコツの1つですが、家族と協力すれば、より楽にトイレをきれいに保てるかもしれませんね。

トイレを清潔に保とう

トイレ
iStock.com/gan chaonan

家族みんなが使うトイレ。平日の隙間時間を使って掃除したり、休日に時間を取るなどママによってトイレ掃除の頻度やタイミングはさまざまなようです。

水垢やカビなどしつこい汚れは重曹やクエン酸を使うと汚れが落ちやすく、臭いが気になる場合は、壁紙に防臭スプレーを吹きかけているというママの意見もありました。

トイレをきれいに保つためには、マメに掃除するのはもちろん、家族にきれいに使うよう伝えるのもコツの1つかもしれませんね。

2019年07月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧