ブースターシートとジュニアシートの違いとは?

ブースターシートとジュニアシートの違いとは?

ブースターシートへの切り替え時期

ブースターシートを使いたいと思っているけれどジュニアシートとの違いがわからなかったり、いつから使えばよいかわからないママやパパも多いのではないでしょうか。今回はブースターシートとジュニアシートの違いやブースターの使用開始時期をママの体験談を交えて解説します。

ブースターシートとは

ブースターシートは背もたれのない学童用の座面のことで、車に乗る子どもの安全を守るアイテムです。

国土交通省のホームページによると、ブースターシートはチャイルドシートの一種で、学童用のチャイルドシートとして定義されており、体重15~36キロ、身長135センチ以下の4~10歳頃の子が使用するものとされています。

また、ジュニアシートの一種で背もたれがない座面としても認識されているなど、呼び方はさまざまですが、「座席を上げて背の高さを補い、腰ベルトの位置を子どものおしりにあわせることで、大人用の座席ベルトが使えるようにするもの」と覚えておくとよいでしょう。

出典:チャイルドシートの種類/国土交通省「チャイルドシートコーナー」

ジュニアシートとブースターシートの違い

チャイルドシート
iStock.com/Tramino

ジュニアシートは3歳~4歳の身長100センチを過ぎた子どもに使うもので、シートベルトで首が締まらないように座席の高さをあわせる目的で使用されます。

ブースターシートもジュニアシートも子ども安全を守る目的は変わりませんが、ジュニアシートとの違いは背もたれの有無です。

ジュニアシートの中には背もたれを着け外しでき、ジュニアシート兼ブースターシートとして使用することができる製品もあります。

もし今使っているジュニアシートが背もたれが取り外しできる製品であれば、ブースターシートとしても利用できる可能性があります。

ブースターシートはいつから着用した?

ジュニアシートからブースターシートに変えるタイミングが難しくて悩んでしまうママも多いと思います。いつからブースターを使用すればよいのでしょうか。

ママたちにブースターシートを着用したきっかけを聞いてみました。

30代ママ
窮屈になってしまったためか、子どもがジュニアシートを嫌がり自分から肩ベルトを外したり嫌がって車に乗らなくなってしまったのが購入のきっかけです
30代ママ
ジュニアシートをつけるギリギリの年齢になると窮屈そうなので背もたれを外すと着けている子どもも少し心地好さそうでした

チャイルドシートやジュニアシートを着用する2歳~3歳児でも、子どもが窮屈に感じた際には安全性を確保したうえでブースターシートを着用してもよいかもしれませんね。

ブースターシートの選び方のポイント

ブースターシートはメーカーによって価格やデザインなどさまざまな製品があります。選び方のポイントをご紹介します。

座り心地

子どもの座り心地はブースターシートを選ぶ際のポイントになります。

車での移動は長距離になることもありますから、子どもが座り心地のよいブースターシートを選ぶとよいでしょう。

長く使える

ブースター
iStock.com/maroke

長く使えるのも選ぶポイントのひとつです。

ブースタ―シートの適用年齢になるまではジュニアシートとして使用したいと思うパパやママもいるかもしれません。

その場合は、ブースターシートに変更できるジュニアシートを選べば長く使用することができるでしょう。

安全基準を満たしている

Eマークが添付されている製品を選ぶ基準にしてみるのもよいでしょう。

Eマークとは安全基準を満たした製品に添付されるマークのことです。

中古で販売されているブースターシートの中にはEマークが添付されていない製品もあるようなので注意が必要です。

車に積み込みやすい

肩ベルトなどがあるチャイルドシートやジュニアシートは装着するのが大変ですが、ベルトのないブースターシートは子どもを乗せるパパやママの負担も少なく済みそうです。

家の駐車場が狭い場合は、積みやすさを重視して選ぶとより良いでしょう。

ブースタシートを使用する際の注意点

実際にブースターシートを使用する際はどのような点に注意が必要なのでしょうか。注意点をご紹介します。

後部座席につける

ブースターシートは後部座席に取り付けましょう。正しく使用しないと危険を及ぼす可能性もあるので、注意が必要です。

正しく使う

ブースターシートは車の座席の一番奥深くに置きます。シートベルトはブースターシートのツメの下を通し、バックルがカチッというまで差し込みます。

出典:ジュニアシートを正しく使おう/JAF「ジュニアシートはもう要らない?」

ブースターシートはいつまで使う?

道路交通法では6歳未満の子どもにはチャイルドシート、ジュニアシート、ブースターシートの使用が義務付けられています。

ですが、JAFによると衝突事故を想定した検証の結果、子どもの身長が140センチになるまでは安全性を保つために、必ずジュニアシートの着用をするように呼びかけています。

6歳を超えても身長が140センチに満たない場合は、ジュニアシートまたはブースターシートを正しい方法で使用しましょう。

出典:学童用チャイルドシートが必要な目安は身長140cmまで/JAF「JAFニュース」

子どもの成長に応じてブースターシートを使い分けよう

ベビーシート
iStock.com/kohei_hara

ブースターシートは子どもの安全性を担保してくれるアイテムです。

子どもがジュニアシートを窮屈に感じてしまう場合はブースターシートを利用して子どもが快適に過ごせるようにしてあげるとよいでしょう。

また、子どもの安全を確実に守るためにも、正しい使い方を説明書で確認しておきましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2019年5月15日時点で作成した記事になります。

2019年05月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧