子どもの健康に関する記事を読むなら「KIDSNA」

健康

「健康」についての記事をまとめたページです。子どもの風邪、インフルエンザなどの感染症、アレルギーなど、ママ、パパが知っておきたい子どもの健康に関する情報満載。風邪の予防法や症状、インフルエンザの予防接種や感染したときの対処法、食物アレルギーの種類や原因について、医師監修のもと提供させていただいております。

  • new

    【産婦人科医監修】妊娠初期、超初期症状を解説。ママたちの体験談や注意点

    【産婦人科医監修】妊娠初期、超初期症状を解説。ママたちの体験談や注意点

    妊娠が確定する前は不安や期待が入り混じった気持ちになりますよね。妊娠検査薬の使用前に、妊娠の初期症状などで妊娠に気づく人もいるようです。妊娠すると、具体的にどういった身体の変化があるのでしょうか。今回は妊娠の超初期、初期にあらわれる症状や兆候をママたちの体験談や注意点を交えながら紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 【小児科医監修】手足口病の登園目安はいつから?幼稚園、保育園の登園許可証など

    【小児科医監修】手足口病の登園目安はいつから?幼稚園、保育園の登園許可証など

    手足口病になると保育園や幼稚園を何日か休むことになります。手足口病の症状が落ち着くといつから登園可能になるのか、登園許可の目安を知りたいママもいるでしょう。手足口病の登園禁止の基準、出席停止期間、登園許可証(登園届)の有無や、早く治すための正しいホームケアなどについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育に関心はあるけれど、教材選びや進め方に迷って実際には取り組めていないママが多いのではないでしょうか?今回は、子どもの学習を研究してきた文理の「幼児ドリル」を用いて、子どもが興味をもち、さらに続けられる教材とはどのようなものなのかをご紹介します。

    株式会社文理

    PR

  • 【小児科医監修】ビタミンD欠乏症とは?赤ちゃんに出る症状とくる病との関係性

    【小児科医監修】ビタミンD欠乏症とは?赤ちゃんに出る症状とくる病との関係性

    近年、乳幼児の患者が増えている病気のひとつにビタミンD欠乏症があります。ビタミンD欠乏症とはどのような病気か気になるママに、今回はビタミンD欠乏症の症状、原因、小児科医に相談するポイント、治療や診断方法、赤ちゃんや子どもに増えつつある「くる病」と「骨軟化症」の関係性などについて詳しく解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【小児科医監修】手足口病、うつる期間はいつまで?大人がうつらない方法や症状

    【小児科医監修】手足口病、うつる期間はいつまで?大人がうつらない方法や症状

    手足口病は大人にうつらないと聞いたことがあるかもしれません。しかし手足口病は大人もうつる病気です。手足口病が大人にうつってしまった場合、子どもが感染してからうつる期間はどの程度とされているのでしょうか。感染しやすい期間や大人がうつったときの症状、手足口病にうつらない方法や予防法などを解説します。

    千葉智子(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 【小児科医監修】O157とはどんな病気?症状や治療法と後遺症について

    【小児科医監修】O157とはどんな病気?症状や治療法と後遺症について

    夏になるとO157の発生を気にするママもいるでしょう。O157感染症は、腹痛、嘔吐、下痢、血便などの代表的な症状のほか、後遺症が残ることもある病気です。今回はO157感染症の症状や感染経路や潜伏期間、治療や検査の方法を解説します。O157の予防法や後遺症とは?といった気になる部分も詳しく紹介します。

    眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】ヘルパンギーナは保育園、幼稚園にいつから登園可能?感染予防対応は

    【小児科医監修】ヘルパンギーナは保育園、幼稚園にいつから登園可能?感染予防対応は

    ヘルパンギーナにかかったら保育園や幼稚園はいつから登園できるのでしょうか。ヘルパンギーナの症状や、かかってしまった場合の保育園、幼稚園での対応、実際にヘルパンギーナで何日お休みしたのかなど、実際の体験談を紹介します。また、きょうだいがいる場合など家庭内で感染を予防するためのポイントも解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【小児科医監修】おむつかぶれの薬。病院で出される主な薬と新生児も使える種類

    【小児科医監修】おむつかぶれの薬。病院で出される主な薬と新生児も使える種類

    赤ちゃんのお尻は皮膚が薄く、外からの刺激にダメージを受けやすいため、おむつかぶれになりやすいものです。おむつかぶれのときに病院から処方される薬の種類や新生児でも塗布できる薬と効能、使用する際の注意点を紹介します。また、すぐに病院を受診できないときの対応策についても解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【小児科医監修】小児気管支喘息の症状や原因、風邪と見分けるためのチェックリスト

    【小児科医監修】小児気管支喘息の症状や原因、風邪と見分けるためのチェックリスト

    熱のない子どもの咳が長引いていたり、激しい咳で眠れない夜が続いたりすると、なにかの病気かと心配するママやパパもいるでしょう。もしかするとその咳は気管支喘息によるものかもしれません。今回は気管支喘息の症状と原因、気管支喘息と風邪を見分けるチェックリスト、症状を緩和させるための方法について解説します。

    眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】予防接種の副反応が出やすいのはいつまで?発熱など気をつけたい3つの症状

    【小児科医監修】予防接種の副反応が出やすいのはいつまで?発熱など気をつけたい3つの症状

    「予防接種をしたあと副反応を起こしたらどうしよう」と心配しているママもいるのではないでしょうか。接種後いつから副反応が出やすいのかや発熱、腫れ、下痢などどんな副反応が出やすいのか調べてみました。また、重篤な副反応にはどんなものがあるか、出てしまった場合の対処法などもご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 子育てや仕事に忙しいママでもできる脱毛。すきま時間でキレイな美肌に!

    子育てや仕事に忙しいママでもできる脱毛。すきま時間でキレイな美肌に!

    薄着の季節が近づくにつれ多くの女性が気にし始める「ムダ毛」ですが、その処理方法に悩むママも多いのではないでしょうか。サロンに通う時間はない、でもキレイでいたい!というママの声にこたえてくれる、美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」をご紹介します。

    株式会社ミュゼプラチナム

    PR

  • 【小児科医監修】子どもに解熱剤、熱さましを使う時のポイントと注意事項

    【小児科医監修】子どもに解熱剤、熱さましを使う時のポイントと注意事項

    子どもが高熱を出したり、熱が続いたりすると心配になりますよね。いつ、解熱剤(熱冷まし)を服用させようか迷うママも多いはず。そこで子どもに解熱剤(熱さまし)を服用させる際のタイミングと注意点を専門家に伺ってみました。さらに、熱が出たときに家でできるケア方法を紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【小児科医監修】乳幼児の耳垢は耳鼻科に任せる?0~2歳別の掃除方法について

    【小児科医監修】乳幼児の耳垢は耳鼻科に任せる?0~2歳別の掃除方法について

    「うちの子の耳垢って黒いんだけど、他の子も黒い?」「湿っていて臭いけれど、大丈夫?」など子どもの耳垢の状態が気になっているママもいると思います。そこで、乳幼児の耳垢の特徴について専門家に聞いてみました。耳掃除は親がやってもよいか、それとも耳鼻科に任せた方がよいのかなど耳のケア法についても解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【小児科医監修】赤ちゃんの日焼け対策グッズと対策法、日焼け後のケアなどについて

    【小児科医監修】赤ちゃんの日焼け対策グッズと対策法、日焼け後のケアなどについて

    赤ちゃんの皮膚はとても薄くデリケートなため、生後まもないころから日焼け対策が必要です。ベビーカーや抱っこひものときの日焼け対策や長袖、レッグウォーマーや帽子など、役立つ日焼け対策グッズを紹介します。これから赤ちゃんと初めての夏を迎えるママは正しい日焼け対策の知識を付けて赤ちゃんの肌を守りましょう。

    眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】水疱瘡で保育園を休む期間は何日?登園許可や治療法、ホームケアなど

    【小児科医監修】水疱瘡で保育園を休む期間は何日?登園許可や治療法、ホームケアなど

    保育園や幼稚園で水疱瘡が流行すると、園に通っている子どもが水疱瘡に感染したら、何日くらいお休みをしなければならないのか、どのようになったら登園できるのか気になりますよね。水疱瘡の主な症状や登園許可までの期間を回復状態の目安、治療方法や子どもが水疱瘡になったときのホームケアの紹介とともに解説します。

    眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】赤ちゃんや子どもに多いあせも。薬や治し方、対処法は

    【小児科医監修】赤ちゃんや子どもに多いあせも。薬や治し方、対処法は

    汗をかきやすい赤ちゃんや子どもは、あせもになりやすいものです。あせもの対処に悩むママもいるでしょう。あせもにも種類があり、悪化するととびひや汗腺膿瘍(あせものより)など、ほかの人にもうつる病気に感染する可能性もあります。今回は、あせもの処方薬やかゆみなどの症状、治し方と対処法について解説します。

    眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

  • 容量気にせず写真を保存!簡単整理で子どもの思い出をフォトカレンダーに残そう

    容量気にせず写真を保存!簡単整理で子どもの思い出をフォトカレンダーに残そう

    手軽に撮影できるようになり、スマホの中が子どもの写真と動画でいっぱいのママは多いのではないでしょうか。一方、写真の整理やその後の活用方法に悩んでいるママが多い様子。今回、キズナ編集部ではママ達に子どもの写真整理についてのアンケートを実施しました。ママ達のリアルな悩みと、その解決策についてご紹介します。

    株式会社TIMERS

    PR

  • 【小児科医監修】麻疹(はしか)と風疹の違い。症状や原因、麻疹(はしか)の予防など

    【小児科医監修】麻疹(はしか)と風疹の違い。症状や原因、麻疹(はしか)の予防など

    子どもの予防接種が完了していない時期に、麻疹(はしか)や風疹の流行を耳にすると、子どもの発熱や発疹のときに「麻疹(はしか)や風疹では?」と心配するママやパパもいるでしょう。麻疹(はしか)と風疹の症状や原因、見分け方、重症化しやすい麻疹(はしか)の感染経路や予防方法、治療などについて解説します。

    眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】エアコンの汚れが子どもの健康への影響に。エアコン掃除が大切な理由

    【小児科医監修】エアコンの汚れが子どもの健康への影響に。エアコン掃除が大切な理由

    エアコン掃除はどのようにしていますか?フィルターの掃除だけではエアコン内部の汚れやカビを完全にきれいにすることはできません。汚れたままのエアコンで汚い空気を子どもが吸い込むとさまざまな病気になる可能性もあります。内部にたまったカビ汚れまできれいに掃除できるエアコンのクリーニングについて紹介します。

    株式会社カジタク

    PR

  • 【小児科医監修】これっておむつかぶれ?病院へ行く目安と受診すべきかについて

    【小児科医監修】これっておむつかぶれ?病院へ行く目安と受診すべきかについて

    赤ちゃんの肌はデリケートです。毎日のおむつ替えが原因でおむつかぶれになる赤ちゃんも少なくないようです。また、おむつかぶれは小児科、皮膚科、何科の病院に行ったらよいのか、悩むママも多いようです。おむつかぶれの症状と、ホームケア、治療法、病院に行く目安や薬の使い方をあわせてご紹介します。

    眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)