スイミングは何歳から始める?人気の理由やメリットも

スイミングは何歳から始める?人気の理由やメリットも

子どもに人気の習い事のひとつであるスイミング。習わせてみたいと思っているママ・パパも多いのではないでしょうか。水を怖がる子どもでも大丈夫なのか、いつから習わせるのがよいのか。また、習わせることによって、子どもの成長にどのようなメリットがあるのかなど、実際の体験談を含めて紹介します。

人気の習い事ランキングでも上位に

KIDSNAで以前におこなった「どんな習い事をしているか」というアンケート調査では、スポーツ系の習い事の中で、男の子では第一位、女の子では第二位がスイミングという結果がありました。スイミングは教室の数自体も多く、小さいうちから気軽に始められることや、検定などもあり目標をもって続けやすいことが、人気の理由となっているようです。

いつから始めるのがよい?

スイミングを始める時期の目安としては、オムツが取れた頃と考える人が多いかもしれませんが、実際には0歳の赤ちゃんから通うことができる教室もあります。大体0歳~3歳はママ・パパといっしょの親子クラス、4歳以降はママ・パパから離れて参加するキッズクラスになることが多いようです。

どんなことをするの?

最初は水に慣れることが大切なため、プールの中に落ちているおもちゃを拾うなど、子どもが楽しめる水遊びから行う教室が多いかもしれません。水に慣れてきたらビート板やヘルパーを使い、少しずつ泳ぐ練習を始めていきます。

定期的に進級テストを行う教室も多く、進級テストに合格することで達成感を得たり、不合格になったときは悔しいという感情を学び、子どもの心の成長にもつながると言われています。

スイミングにはどのようなメリットがあるの?

実際に子どもをスイミングに通わせているママ・パパからは、「基礎体力がついて身体が丈夫になった」「水への苦手意識がなくなり、お風呂も好きになった」などのメリットがあげられました。

また「体力を使うため、夜早く寝るようになった」「性格が明るく活発になった」など、想像以上のメリットを感じているママ・パパもいるようです。

「習い事」の記事がもっと読める!
▼▼▼KIDSNAアプリを今すぐDL▼▼▼

2021年07月23日

習い事の関連記事

カテゴリ一覧