保活に失敗しないための「10の疑問」賢く動くための解決策を一挙公開

保活に失敗しないための「10の疑問」賢く動くための解決策を一挙公開

パートや時短勤務でも利用可能?入園しやすい年齢やかかる費用計算など

10月になると、来年4月入園を希望する認可保育園の申し込みが全国的にスタートします。わが子が1日の大半を過ごすことになる保育園を決めることは、ママパパにとっても責任重大!そこで今回は、保活に失敗しないためにチェックしてほしい記事をセレクトしました。

【疑問①】保育園と幼稚園の違いは?保育内容や費用とそれぞれのよいところは

保育園と幼稚園の違いはなにか、子どもを預ける場を考えたときに気になるママやパパもいるのではないでしょうか。

今回の記事では、保育園と幼稚園の保育内容の違いや費用の違い、それぞれのよいところをママや元保育士、幼稚園教諭の体験談も含めてご紹介します。
詳しくは記事をチェック

【疑問②】保育園は何歳から何歳まで?入りやすい年齢や金額には

「保育園は何歳から何歳まで入れるのか」「入りやすいのは何歳からなのか」気になっていませんか?

今回の記事では、保育園は入れる年齢、平均受け入れ人数に伴い何歳からが入りやすいのか、
また保育園に入れる年齢は何歳からが理想なのか、専業主婦でも入れるのか、金額は何歳から安くなるかを体験談を元にご紹介します。
詳しくは記事をチェック

【疑問③】時短勤務だと保育園に入れない?疑問と不安

時短勤務で働くママのなかには、勤務時間が保育園の内定や通園継続にどのように影響するのか疑問や不安を感じている方もいるのではないでしょうか。
他の時短勤務のママたちはどのような時間にお迎えに行っているのか、1日のスケジュールも気になりますよね。

今回は時短勤務と保育園内定や通園継続の関係性について、ママたちの体験談と1日のスケジュールと併せてご紹介します。
詳しくは記事をチェック

【疑問④】産休や育休中の保育園利用はできるの?必要な手続きとは

産休や育休中、保育園は利用できるのでしょうか。きょうだいが増える予定や増えたママの中には、上の子が退園になる?預ける時間が変わる?など疑問を持っている方もいると思います。

そこで、周りのママたちの声を参考に産休や育休中も保育園を利用するための手続きなどを調査しました。
詳しくは記事をチェック

【疑問⑤】パートでも保育園に入れる?保育園料と時間、入れない理由とは

パートでも保育園に入れるのか、それとも入れないのか。

今回は保育園に入れる条件と保育料や時間、妊娠した場合には赤字になる?など保育園に預けるときに知っておきたいことをはじめ、幼稚園に預ける場合の体験談を元にご紹介します。
詳しくは記事をチェック

【疑問⑥】土日や祝日に保育園の一時預かりは利用できる?

土日に仕事や急な用事などの予定が入ると、保育園の一時預かりは利用できるのかと考えるママやパパもいるかもしれません。

今回の記事では、土日祝日に保育園は利用できるのか、日曜日や祝日に保育園を利用する方法や土日に保育園を利用できない場合の対処法について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。
詳しくは記事をチェック

【疑問⑦】保育園でのママ友事情って?ママ友の作り方と関わり合い

保育園でのママ友とのつきあい方で、ママ友がいないことに不安を感じているママもいるのではないでしょうか。なかには、ママ友はいらないと感じ、作らないという方もいるかもしれません。

今回の記事は、親子遠足や飲み会などの交流の場に参加するなどママ友の作り方や、ママ友と話す会話の内容などについてご紹介します。
詳しくは記事をチェック

【疑問⑧】パパと保育園の関わり方って?送り迎えから連絡帳の書き方

共働きの場合や育児の分担について考えるときに、パパの保育園への関わり方について知りたいママやパパは多いのではないでしょうか。

送り迎えのためのスケジュールや時短方法、連絡帳の書き方やパパ友・パパ会について思うことなど、実際に子どもが保育園に通っているママやパパの体験談をまじえてご紹介します。
詳しくは記事をチェック

【疑問⑨】保育園に春休みはある?保育園が休園した際の対処法

保育園に春休みはあるのか、いつからいつまでなのか知りたいママもいるかもしれません。仕事を休む必要があるのか気になることもあるでしょう。

今回は、保育園に春休みはあるのかについてママたちの体験談や、春休み期間の日数や保育内容、希望保育など保育園が休園する場合の対処法をご紹介します。
詳しくは記事をチェック

【疑問⑩】休園や転園、退園の方法など保育園に関わる手続きって?

子どもが通う保育園や幼稚園の手続き。休園や転園、退園、あるいは産休・育休中、退職後にも継続利用したいなどの場合に必要となることもあるでしょう。

そこで今回は、保育園や幼稚園に関わる手続きについて、ママたちの体験談も交えながらシーン別にご紹介します。
詳しくは記事をチェック
時代とともに育児に関する常識が変化し、「今まで言われてきた育児のノウハウが実は間違いだった」という事例も少なくありません。また、お昼寝用の布団をはじめとするわが子の専用グッズの用意も最近では不要になるなど、保育園との関わり合い方も変わり、“質”を見直すフェーズにきていると言っても過言ではありません。ぜひ、記事を参考にゆとりをもって保活をしていただけると嬉しいです。

2022年10月19日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧