1歳の子どもにスリーパーを選ぼう。春夏秋冬別の選び方など

1歳の子どもにスリーパーを選ぼう。春夏秋冬別の選び方など

形やサイズ、着心地など選ぶときのポイント

1歳から1歳半頃の子どもにスリーパーを用意したいとき、どのように選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1歳児が着るスリーパーについて、足までカバーできるタイプといったスリーパーの種類やサイズ、春夏秋冬別の選び方などをママたちの体験談を元にご紹介します。

1歳の子どものスリーパー選びで気になること

1歳児にスリーパーを用意するときに気になったことをママたちに聞いてみました。

30代ママ
夏の時期に1歳半の娘の寝冷えが気になり、気持ちよく着られるスリーパーがほしいと思いました。どのような素材を選ぶとよいのか気になります。
20代ママ
うちの子は夜中におむつを変えることがあるので、おむつ替えしやすいスリーパーがよいと思いました。どのようなタイプがおむつ替えしやすいのかや、それ以外にスリーパー選びのポイントがあれば知りたいです。

1歳児にスリーパーを選ぶとき、春夏秋冬別の選び方が気になったり、選ぶときのポイントを知りたいというママの声がありました。スリーパーにはさまざまな種類があるため、ママたちは子どものスリーパー選びに悩むようです。

1歳児にスリーパーを選ぶとき、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。また、春夏秋冬別に選ぶときのポイントはあるのでしょうか。

1歳の子どもが着るスリーパー選びのポイント

ベビースリーパー
iStock.com/WangAnQi

1歳児が着るスリーパーを選ぶときにはどのようなことを意識するとよいのでしょう。スリーパー選びのポイントをママたちに聞いてみました。

30代ママ
歩けるようになった1歳半の息子に、股下のスナップボタンを留めるとズボンのようになる『2wayタイプ』のスリーパーを選びました。朝起きたらスリーパーを着たまま歩けるので、急いで脱がせる必要がなく便利です。

スリーパーには裾の部分の形を変えられる2wayタイプや、手足がすっぽり入るおくるみタイプのほか、袖を通さずに着せることができる横開きタイプなどがあるようです。夜中におむつ交換をしている時期の場合、子どもが寝たままでもおむつ交換がしやすい横開きタイプを選んだというママの声がありました。

サイズ

40代ママ
1歳頃の時期はすぐにサイズアウトしてしまうことが多いため、長い期間着られるよう少しゆとりのあるサイズを選びました。3年ほど使えたので良かったと思っています。

1歳児にスリーパーを選ぶときのポイントのひとつに、サイズがあるようです。ママのなかには、子どもにちょうどよいサイズのスリーパーは、寝ているときの動きを妨げにくいようで安心できたという声もありました。

着心地

20代ママ
1歳半の子どもが気持ちよく眠れるよう、やわらかい素材でできた着心地のよさそうなスリーパーを選びました。スリーパーを使い始めてから、これまでよりぐっすりと眠るようになったと感じます。

着心地を確かめることも、1歳児のスリーパー選びで大切のようです。軽くて薄い素材のものを選ぶと、着心地がよいのか子どもが嫌がらずに着てくれたというママの声もありました。

春夏秋冬別のスリーパーの選び方

ベビーベッド
iStock.com/poligonchik

1歳児が着るスリーパーは、季節にあったものを選ぶとよいかもしれません。ここでは春夏秋冬別のスリーパーの選び方を、体験談を元にご紹介します。

春夏

30代ママ
うちでは夏場になるとエアコンをつけて寝るようにしています。1歳半の娘が寝冷えしないよう、汗をしっかり吸収してくれるタオル地のスリーパーを用意しました。

春夏の時期には、吸水性や通気性のあるガーゼやタオル地などのスリーパーを選ぶとよいかもしれません。6重ガーゼのスリーパーは、厚みはあるものの通気性がよく、洗濯すればするほどやわらかい肌触りになって使いやすかったというママの声がありました。

秋冬

40代ママ
子どもに購入したダウンのスリーパーは、まるで羽毛布団を着せているようで暖かそうでした。1歳児の場合、掛け布団だと睡眠中に顔を覆ってしまう心配がありましたが、スリーパーならそのような心配がなく安心して使えました。

秋冬の寒い時期には、保温性があるスリーパーを選ぶとよいかもしれません。ママのなかには、軽くて暖かいフリース地のものを選んだところ、1歳半の子どもがよだれなどで汚しても気軽に洗濯できたのでよかったという声もありました。

スリーパーを用意してよかったこと

1歳児にスリーパーを用意してよかったことをママたちに聞いてみました。

子どもを寝かせやすくなった

30代ママ
うちの子は抱っこで寝かしたときに、布団へおろすタイミングで起きてしまうことがあります。スリーパーを着せていると、布団へおろすときにワンクッションあるためか起きることが少なくなりました。

1歳児にスリーパーを着せることで、子どもを寝かせやすくなったと感じるママもいるようです。ママのなかには、足まですっぽり入るスリーパーを着せると、子どもは包まれたような安心感があるようで、寝つきがよくなったという声もありました。

ママが安心して眠れるようになった

40代ママ
うちの子は寝相が悪いため、特に冬の時期は体が冷えていないか心配で夜中に何度も確認することがありました。スリーパーを着るようになってからは、布団をかぶっていなくてもよいと思えるようになり、安心して朝まで眠れるようになりました。

子どもがスリーパーを着ることで、ママが安心して眠れるようになったという声もありました。掛け布団代わりにスリーパーを使うようになって、初めて朝まで一度も起きずに眠ることができたというママの声もありました。

お出かけ先でも子どもが寝つきやすくなった

30代ママ
コンパクトなスリーパーは持ち運びしやすく、帰省時や旅行時にいつも持って行くようにしています。子どももいつもと同じスリーパを着ると安心できるのか、環境が変わってもすぐに寝てくれるので助かります。

いつも使っているスリーパーがあると、お出かけ先でも子どもが寝つきやすくなるかもしれません。ママのなかからは、洗い替え用に同じ種類のスリーパーを2枚持っているという声も聞かれました。

1歳の子どもが気持ちよく眠れるスリーパーを選ぼう

眠る赤ちゃんを見つめるママ
© polkadot - Fotolia

1歳から1歳半頃の子どもが着るスリーパーの選び方が気になるママもいるようです。スリーパーには、足をすっぽり覆うタイプなどさまざまな種類があるほか、サイズもいろいろのようで、使う期間や子どもにあわせて選ぶとよいかもしれません。

春夏用は吸水性や通気性のよいものを、秋冬用には保温性のよいものが使いやすそうです。1歳児にぴったりのスリーパーを見つけられるとよいですね。

2019年08月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧