てるてる坊主の吊るし方とは。逆さになるときの工夫や吊るす場所

てるてる坊主の吊るし方とは。逆さになるときの工夫や吊るす場所

子どもとてるてる坊主を楽しもう

子どもとてるてる坊主を作ろうと考えたとき、吊るし方が逆さになってしまったり、どの場所に吊るすとよいか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、てるてる坊主の作り方や逆さにならないための吊るし方の工夫、てるてる坊主を吊るす場所についてママたちの体験談をご紹介します。

てるてる坊主を作ろう

天気が晴れることを願って子どもといっしょにてるてる坊主を作るときに、ママたちはどのようなことが気になるのでしょう。そこで、てるてる坊主をどのようなシーンで作るのかとあわせて気になることをママたちに聞きました。

「梅雨の時期に雨が続くので、子どもとてるてる坊主を工作して楽しもうと考えています。簡単なてるてる坊主作り方にはどのような方法があるのでしょうか」(30代ママ)

「遠足の日の天気予報が雨だったので、子どもと晴れてほしいと願いをこめていっしょにてるてる坊主を作りました。しかし、吊るし方が上手くいかず、てるてる坊主が逆さになってしまったので困りました。逆さにならない吊るし方のコツがあれば知りたいです」(20代ママ)

てるてる坊主の簡単な作り方の他に、逆さにならないような吊るし方のコツが気になるようです。ママたちのなかには、作ったてるてる坊主を家のどのような場所に吊るすとよいかが気になるといった声もありました。

実際に、ママたちはどのようにてるてる坊主を作っていたのでしょう。

【素材別】てるてる坊主の作り方

てるてる坊主はどのような作り方があるのでしょう。実際に、ママたちがどのようにてるてる坊主を作ったのか素材別にご紹介します。

ティッシュ

ティッシュ
iStock.com/bedya

「ティッシュを何枚か丸めて頭の部分を作ります。その上からもう1枚ティッシュをかぶせ、首の部分を輪ゴムで留めたら完成です。頭の部分にピンポン玉を使うとより簡単に形の整ったてるてる坊主を作ることができます」(30代ママ)

ティッシュを使ったてるてる坊主は、定番の作り方かもしれません。ママたちのなかには、ティッシュにペンで顔を書くとにじみやすいので丸シールなどを使って表情を作るといった声もありました。

フェルト

「白いフェルトで綿を包んで、首の部分を麻ひもやリボンで結ぶとできあがりです。フェルトのてるてる坊主をコンパクトなサイズでいくつか作り、モビールにして飾ってもかわいいです」(30代ママ)

フェルトを使うことでも、簡単にてるてる坊主を作ることができるようです。顔の部分は刺繍したり、手芸店で売っているぬいぐるみ用の目のパーツを使うなど工夫すると表情豊かなてるてる坊主が作れるかもしれません。

折り紙

「折り紙を縦に半分に切り、1枚は正方形になるようもう一度折り、角を折り頭の部分を作ります。もう1枚は台形になるよう、片方の長辺の角を折ります。それぞれを、てるてる坊主の形になるようのりで貼りせると完成です。簡単に作れるので子どもといっしょに作りやすかったです」(40代ママ)

子どもと折り紙を使ってたるてる坊主作りを楽しんだママもいるようです。他には、頭の部分は折り紙で作り、体の部分はコーヒーのフィルター紙を使うと簡単に立体的なてるてる坊主になったというママの声もありました。

てるてる坊主を吊るす場所

てるてる坊主を吊るすとき、どのような場所に吊るすとよいのか気になるママもいるかもしれません。実際に、ママたちがどのような場所に吊るしていたのか聞きました。

窓際

窓
iStock.com/Falombini

「我が家の場合、室内に吊るしたいと考えてたので窓際を選びました。南側の窓際に吊るし、子どもたちとてるてる坊主を見ながら『晴れてほしいね』と話したり童謡を歌ったりしています」(30代ママ)

窓際にてるてる坊主を吊るしているママもいるようです。リビングの窓際に吊るし、子どもがいつでもてるてる坊主を見られるようしたというママの声もありました。

ベランダ

「子どもとてるてる坊主を作った際、どこに吊るすとよいか相談しました。子どもから『ベランダなら外だし、お空に近いから晴れるかも』という提案があったので、ベランダ部分に吊るしました」(30代ママ)

ベランダにてるてる坊主を吊るしたママもいるようです。ベランダなどの屋外に吊るす場合、雨や風が強いと濡れたり、飛ばされたりすることもあると考えて、しっかりと紐を結ぶよう意識したというママの声もありました。

玄関の外側

「住んでいるアパートは玄関が南側だったので、玄関ドアの外側にフックをつけて吊るしました。しっかり太陽に向かうように、てるてる坊主の向きも意識しました」(30代ママ)

玄関の外側にてるてる坊主を吊るしたママもいるようです。ママのなかには、玄関ドアの開閉時の動きで、てるてる坊主が外れないようマグネットを使って体の部分も固定したという声もありました。

逆さにならないための吊るし方の工夫

てるてる坊主の吊るし方で逆さにならないようどのような工夫をしたらよいのでしょう。

頭と体のバランスを考える

「てるてる坊主の頭が大きすぎると重心がずれるのか逆さになってしまうようでした。頭が大きくなったときは体を長くして重心のバランスがよくなるよう調整しました」(30代ママ)

「てるてる坊主の頭の部分が軽くなるように作っています。頭の部分を作る際は、なかに詰めすぎないように意識すると体とのバランスもとりやすく逆さにならずに吊るせました」(30代ママ)

てるてる坊主の頭と体のバランスを考えて作ると、吊るすときに逆さにならなかったというママの声がありました。てるてる坊主を作るときはまず、どのくらいのサイズにしたいかを考えてから使う材料を考えるのもよいかもしれませんね。

紐を頭の上につける

「てるてる坊主が逆さにならないように、紐の位置を工夫しています。首の部分からひもを吊るすと逆さになってしまうことが多いので、頭の上に紐をつけて吊るすようにしています」(30代ママ)

てるてる坊主の頭の上に紐をつけた吊るし方は、逆さにならない工夫のひとつのようです。ママのなかには、頭の真上から吊るすと子どもの目線からてるてる坊主の表情が見えにくいので、真上から少し後ろにずらして吊り方に軽く角度をつけたという声もありました。

子どもと楽しくてるてる坊主を吊るそう

てるてる坊主2つ
© paylessimages - Fotolia

てるてる坊主を吊るすときにママたちは、逆さにならないようにバランスを調整していたようです。吊るす場所は、窓際やベランダ、玄関など日光のあたりやすい南側に吊るすとよいかもしれません。

翌日の晴れを願いながら、吊るし方に工夫して親子でてるてる坊主を楽しめるとよいですね。

2019年03月19日

専門家のコメント
1
    もえ先生 保育士
    てるてる坊主作りを通して天気に興味がわくような子どもとのやりとりとかしたいですね。
おすすめユーザーのコメント
3
    小さい時よく作ってました🌂 工作を一緒にする機会にもなってたので、お母さんとてるてる坊主作るの大好きだった記憶があります👀
    muuu
    春の遠足や家族でピクニックなど、これからてるてる坊主を作る場面が増えそう☺︎
    Z
    てるてる坊主って、作ろうと思ったらすぐに作れるのが嬉しいですよね

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧