子どもの健康トラブルに関する記事を読むなら「KIDSNA」

トラブル

「子どもの健康トラブル」についての記事をまとめたページです。(3ページ)熱中症や食中毒、虫刺されなど、注意しておきたい子どもの健康に関する情報満載。熱中症の原因と症状、食中毒の種類や予防について、梅雨から夏に起きやすい虫トラブルなど、医師監修のもと提供させていただいております。

  • 【小児科医監修】熱中症はプールこそ要注意!予防と対策で最優先すべきは?

    【小児科医監修】熱中症はプールこそ要注意!予防と対策で最優先すべきは?

    ママにとって夏の気がかりの1つが熱中症です。そこで、長年子どもの病気の診察を行い、ママたちにわかりやすいアドバイスを行っている鈴の木こどもクリニックのクリニック長、小児科専門医の鈴木博先生に、熱中症について、詳しくお話を伺いました。

    鈴木博(小児科専門医)

  • 医師が解説「ヘルパンギーナ」とは?症状や治療法、日常やるべき予防法を聞く

    医師が解説「ヘルパンギーナ」とは?症状や治療法、日常やるべき予防法を聞く

    「ヘルパンギーナ」とは、どのような病気なのでしょうか?症状や治療法、潜伏期間、予防法などについて、現役のお医者さんに聞いてみました。また、注意すべき合併症についてもお伝えします。

    箕島みな

  • 【皮膚科医監修】梅雨~夏に起きやすい虫トラブル対処法。子どもの虫刺されはぶり返す!?

    【皮膚科医監修】梅雨~夏に起きやすい虫トラブル対処法。子どもの虫刺されはぶり返す!?

    春から夏にかけては虫たちの活動が盛んになるシーズン。「たかが虫刺され」と軽く見ていると、通院が必要なほどのトラブルになってしまうことも。そこで、この時期に急増する子どもの虫トラブルについて、皮膚科医の馬場先生に聞いてみました。

    馬場直子(神奈川県立こども医療センター皮膚科医)

  • 手軽で新鮮でおいしい!離乳食もそろう宅配サービスで楽々ご飯づくり

    手軽で新鮮でおいしい!離乳食もそろう宅配サービスで楽々ご飯づくり

    「食べる喜び」を子どもに伝えていくために、おいしい食事と楽しい食卓を目指して奮闘しているママは多いのではないでしょうか。できるなら新鮮な食材で、時短でご飯づくりができたら嬉しいですよね。今回は忙しいママでも手軽においしいご飯づくりが楽しめる、Oisixの宅配サービスをご紹介します。

    オイシックスドット大地株式会社

    PR

  • 「汗ってかかない方がいい?」皮膚科医に聞く幼児の肌の汗対策

    「汗ってかかない方がいい?」皮膚科医に聞く幼児の肌の汗対策

    これからの季節、やんちゃ盛りで活発な子どもは、汗をかく機会が多くなりますよね。そうなると悩ましいのが汗による肌トラブルです。今回は、なぜトラブルを招くのか、さらにはトラブルにならないようにするためにどんなことに気をつけたらいいのかを、皮膚科医の馬場先生に聞いてみました。

    馬場直子(神奈川県立こども医療センター皮膚科医)

  • 毎日、日焼け止めは必要?皮膚科専門医が教える子どものためのUV対策

    毎日、日焼け止めは必要?皮膚科専門医が教える子どものためのUV対策

    日本は4月下旬頃からどんどん紫外線量がアップしてきます。そうなると気になるのが子どものUV対策。「そもそも子どもにUV対策が必要なの?」から、具体的な対策テク、日焼け止めの選び方や使い方などを皮膚科専門医に聞いてみました。

    馬場直子(神奈川県立こども医療センター皮膚科医)

  • 【基本は2つだけ】皮膚科医にきく幼児の肌ケア「子どもにリンス・保湿は必要?」

    【基本は2つだけ】皮膚科医にきく幼児の肌ケア「子どもにリンス・保湿は必要?」

    「子どもの肌はみずみずしい」、そう思っているママやパパも多いと思います。でも本当に大人よりもみずみずしくうるおっているのでしょうか。そこで今回は皮膚科専門医の馬場直子先生に幼児の肌の特徴と、正しい毎日のケア方法を教えてもらいました。

    馬場直子(神奈川県立こども医療センター皮膚科医)

  • 「これって効くの?」お医者さんが考える、民間療法やサプリメントとの向き合い方

    「これって効くの?」お医者さんが考える、民間療法やサプリメントとの向き合い方

    世の中には病院での一般的な治療以外に、いろんな民間療法やサプリメントなどがあります。「頭が良くなる」「身体の調子が良くなる」「背が伸びる」「おばあちゃんの知恵」「自然派」…など、さまざまです。それは本当に効くのでしょうか?医師が考えてみました。

  • 【小児科医監修】エアコンの汚れが子どもの健康への影響に。エアコン掃除が大切な理由

    【小児科医監修】エアコンの汚れが子どもの健康への影響に。エアコン掃除が大切な理由

    エアコン掃除はどのようにしていますか?フィルターの掃除だけではエアコン内部の汚れやカビを完全にきれいにすることはできません。汚れたままのエアコンで汚い空気を子どもが吸い込むとさまざまな病気になる可能性もあります。内部にたまったカビ汚れまできれいに掃除できるエアコンのクリーニングについて紹介します。

    株式会社カジタク

    PR

  • インフルエンザ流行中!子どもの「のどが痛い…」をママが見てみる方法とは

    インフルエンザ流行中!子どもの「のどが痛い…」をママが見てみる方法とは

    インフルエンザや風邪が流行しているこの季節、「のどが痛い」と感じたり、病院に行ったら「のどが腫れてますね」といわれることもあるのではないでしょうか。でも、この「のどが腫れる」ってどんな状態?家庭でも子どもの「のど」を見てあげる方法があるんです。今回はお医者さんがそのコツを解説します。

    箕島みな

  • お医者さんは聴診器で何を聞いているの?下着は新品じゃないと恥ずかしい?

    お医者さんは聴診器で何を聞いているの?下着は新品じゃないと恥ずかしい?

    病院に行くと、聴診器を当てて診察してもらいます。でも、聴診器で一体、お医者さんはどんな音を聞いているの?病気を正しく診断してもらえるように私たちが気をつけられることはある?聴診器のいろんな疑問に、お医者さんがお答えします。

    箕島みな

  • 「ちょっとしんどい」は受診すべき?ママの黄色信号にお医者さんがアドバイス

    「ちょっとしんどい」は受診すべき?ママの黄色信号にお医者さんがアドバイス

    毎日、家事や育児でクタクタで、なかなか疲れがとれない…。「何か病気かな?」「でも、何科に行けばいい?」「ちょっとしんどいぐらいで病院に行っていいのかな?」「人間ドック受けた方がいいのかな?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。痛みや怪我などのわかりやすい症状に比べて、漠然としていて放置しがち。そんな時どうしたらいいのか、お医者さんが解説します。

    箕島みな

  • 命に関わることも…。お医者さん夫婦が実践する、子どもの誤飲防止策とは

    命に関わることも…。お医者さん夫婦が実践する、子どもの誤飲防止策とは

    いつも注意していても、ほんの少しだけ目を離した隙に、思わぬことをしているのが子どもです。中でも、誤飲(ごいん)は、物によっては命に関わるので、誤飲しやすい物は子どもの手が届かない場所に配置を変える、といった配慮が大切です。さて、夫婦でお医者さんの著者の家で、特に気をつけて配置を変えたアイテムは何だったのでしょうか?誤飲してしまった時の対処法とあわせてお読みください。

    箕島みな

  • ノロウイルスの消毒は普通と違う!医者が教える、家での消毒・手洗い法

    ノロウイルスの消毒は普通と違う!医者が教える、家での消毒・手洗い法

    前回は、嘔吐下痢症になったときの上手な水分補給について解説しました。さて、家族が嘔吐下痢になると、家が嘔吐物で汚れますよね。そして、この嘔吐物や下痢便を介して、ウイルスは他の人に感染していきます。今回は、嘔吐下痢になったときの家での消毒について、特にノロウイルスの場合を見てみましょう。

    箕島みな

  • 信頼できる食材を通じて、食へ感謝する心も育む。アレルギー相談もできる宅配サービス

    信頼できる食材を通じて、食へ感謝する心も育む。アレルギー相談もできる宅配サービス

    家族の健康のために、食事には信頼できるおいしい食材を使いたいですよね。便利な宅配サービスのなかには、おいしさと安全性にこだわり、農業体験や商品開発にも参加できるものもあるのです。自らの体験を通じて「食」へ感謝する心も育まれる宅配サービスをご紹介します。

    東都生活協同組合

    PR

  • 子どもの嘔吐下痢…お医者さんが伝授する「経口補水液」の作り方

    子どもの嘔吐下痢…お医者さんが伝授する「経口補水液」の作り方

    嘔吐下痢症。吐いて、下痢になって、家族にも感染して、……もう大変!そんな嘔吐下痢症になったときの上手な水分補給や療養のポイントを現役のお医者さんがお伝えします。

    箕島みな

  • 「その症状、ちゃんと伝わってる?」お医者さんが伝授する、伝え方のコツ

    「その症状、ちゃんと伝わってる?」お医者さんが伝授する、伝え方のコツ

    病院を受診するとき、緊張したり焦ったりして「困っている症状をちゃんと伝えられなかった」「気になっていることを聞けずに終わってしまった」、大きなお薬の袋を手にして「どうしてこうなっちゃったんだろう」と疑問……、そんな経験ありませんか?病院での上手な伝え方のコツをお医者さんが伝授します。

    箕島みな

  • 小児科医:眞々田 容子の監修記事一覧

    小児科医:眞々田 容子の監修記事一覧

    信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。