子どもが喜ぶお弁当のおかず!秋鮭のピカタ【魚屋さんレシピ】

子どもが喜ぶお弁当のおかず!秋鮭のピカタ【魚屋さんレシピ】

子どもに食べさせたいと思いつつ、「レパートリーがない」「なんとなく苦手意識がある」などの理由で食卓にのぼることが少ない魚料理。この連載では魚屋三代目の柳田昇さんが、親子で魚好きになる簡単で飽きのこない魚レシピを紹介します。

魚屋三代目・柳田昇
こんにちは、魚屋三代目です!

秋の足音が少しずつ近づいてきましたね。私が仕入れに通う魚市場でも、魚介たちの顔ぶれが変わってきました。

今回も、お弁当のおかずになるレシピのご紹介です。この時期にスーパーでよく登場する「秋鮭の切り身」でピカタを作りました。

プレーンなものとカレー風味の2種をとても簡単に作れて美味しいのでおすすめです!

秋鮭のピカタ(3人前)

 

材料

・秋鮭の切り身3切れ
・塩少々
・こしょう少々
・薄力粉適量
・サラダ油大さじ1半(一度で焼く分量)
・イタリアンパセリなどお好みで
・ケチャップ・青海苔とマヨネーズお好みで

<ピカタ用卵液>
・卵2個
・粉チーズ(パルメザンチーズなど)大さじ2
・こしょう(粗挽き推奨)適量
・カレー粉お好みの量(今回は小さじ1/2)

作り方

1. 鮭の切り身を三等分に切る。この時、血合い骨がある場合は抜くか、その部分を切り落とすと食べやすい。
 
2. 卵をよく溶き、粉チーズとこしょうを加えてよく混ぜ合わせ卵液を作る。

3. 切った鮭に塩とこしょうをふり、薄力粉を薄くまぶす。
4. フライパンにサラダ油を熱し、卵液にくぐらせた鮭を中火で焼く。
5.卵液の衣が固まったら鮭を返して、両面をこんがりと焼く。

6. 鮭を半分ほど焼き終えたら、卵液にカレー粉を加えよく混ぜる。
 
7. カレー風味の鮭も同じように両面を焼く。焼きあがった鮭の油を切って器に盛り付け、ケチャップ、青海苔とマヨネーズを添える。

料理のコツ・ポイント

鮭は焼いている面が固まるまで触らないようにして、衣がはげないように注意しましょう。

一度焼いてから次の切り身を焼く時には、フライパンをキッチンペーパーなどで拭いて、サラダ油を引き直してから焼くときれいに仕上がります。

カレー粉は小さじ1/4だと控えめに、小さじ1/2でしっかりとカレーの風味を味わうことができます。お好みで調整してみてください。

「カレーと青海苔って意外!?」と思われますが、実はよく合います! ほかにも、スイートチリソースやオーロラソースなども合いますのでどうぞお試しください。

魚屋さんが教える鮭の目利き・選び方

秋鮭の切り身は、身の色が鮮やかでくすんでいないものを選んでください。赤々としたものは鮮度がよく、薄くなってしまったものは鮮度が落ちています。皮目が見られるのでしたら、光沢があるものがよいでしょう。

魚屋さんが教える鮭の豆知識

「秋鮭」という呼び名は鮭の種類ではなく、産卵のために日本へ戻ってきた鮭のことを指します。この鮭は白鮭で、春〜夏に水揚げされます。若い個体は脂が乗り「時(とき)知らず」や「時(とき)鮭」とも呼ばれています。

監修

No Image

魚屋三代目・柳田昇

柳田昇の記事一覧

昭和49年 8月3日生まれ。
神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店『魚武商店(うおたけしょうてん)』の三代目。
父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。
その他、料理家としてレシピ本などの書籍やレシピ提案、レシピ提供、テレビ、料理教室など幅広く活動中。

魚屋三代目日記(ブログ)
魚武商店ホームページ
<執筆、写真提供>柳田昇
<構成>KIDSNA編集部

2021年09月10日

コラムの関連記事

カテゴリ一覧