子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月07日

1歳からのトイレトレーニングの進め方。上手にオムツをはずす方法は

1歳からのトイレトレーニングの進め方。上手にオムツをはずす方法は

1歳ごろの子どもは「オムツが汚れた」と言葉やジェスチャーで教えてくれることもあるようです。そんな経験をしたママは、「うちの子、もうトイレトレーニングに進めるのでは」と期待をふくらませることでしょう。「1歳で始めるのは早い?どうやってするの」と疑問を抱くママのために、1歳でトイレトレーニングを始める際の進め方やコツや方法についてをご紹介します。

1歳のトイレトレーニング

1歳、1歳半のトイレトレーニングは早い?

トイレトレーニングを始めるときは、子どもの年齢よりも発達状況を目安にすると成功しやすいでしょう。ひとりで歩くことができ、大人と簡単なコミュニケーションが取れるようになれば、トレーニングを始める状況が整っているいわれています。これらの条件が揃っていれば、1歳だからといって早すぎることはありません。 

ただ、1歳になったばかりのころはコミュニケーションが取りやすくなってきたとはいえ、まだまだ大人の言葉を理解しきれていない場合も多くあるので、無理に始める必要もないでしょう。

オムツはずれの目安は

一般的に昼間のオムツがはずれるのは、2歳半から3歳過ぎたころが多いようです。ほとんどの子どもが、4歳を迎えるまでにはオムツがはずれるといわれています。昼間のオムツがはずれると、次は夜も目指していくのが一般的な過程です。夜のオムツはずれは、小学校入学前までかかる場合もあるでしょう。

また、小学校低学年の子どもでも、夜におねしょをしてしまうことはあるので、夜のオムツはずしは気長に構えていた方が良いかもしれません。

1歳、1歳半のトイレトレーニング方法

進め方は

1歳や1歳半でトイレトレーニングを始めるなら、まずはトイレに興味を持たせる方法から始めてみましょう。大人がトイレに座る姿を見せたり、トイレの絵本を見せたり歌を聞かせたりすることで、トイレに対する興味を促すことができるようです。
 
子どもが自ら進んで「座ってみたい」と思うようになれば、スムーズにトレーニングに入りやすくなるでしょう。トイレに興味を持ち始めたら、オムツを替えるタイミングで、おまるや補助便座に短時間またがることから始めていきましょう。

おまるや補助便座は必要

補助便座

おまるや補助便座は、トイレトレーニングを手助けしてくれる便利なグッズです。トイレに座る習慣を身につけるきっかけになるので、それぞれメリットやデメリットをふまえて、準備しておくといいでしょう。 

補助便座は、大人のトイレに取り付けて使うタイプ。補助便座で慣れておくと、大人用便座への移行がスムーズで外出先のトイレも成功しやすくなるといわれています。しかし、座る位置が高いため子どもの足が地に着かず、踏ん張りにくくなるのがデメリットです。 

おまるは、位置が低く抵抗なく座りやすいのがメリット。おまるでおしっこができるようになってから、さらにトイレの便座へと移行する過程が必要となってくるでしょう。また、子どもがおまるで用を足すたびに洗う必要があり、大人の手間が増えることもデメリットのひとつです。

布パンツやトレーニングパンツを使う

布パンツやトレーニングパンツは、パンツがおしっこで濡れる不快感を教えるためのアイテムです。1歳代はまだまだトイレの回数も多い時期で、パンツでは洗濯や掃除の手間が増えてしまいがちだといわれています。1歳代でのトイレトレーニングは、無理にパンツに切り替える必要はないでしょう。「おしっこやうんちはトイレでするもの」という概念を教える時期ととらえましょう。

どうしても穿かせるなら、紙おむつタイプのトレーニングパンツを使ってみるといいかもしれません。普通の紙オムツに比べておしっこの不快感を得やすいように作られていますが、1回分のおしっこは吸収でき、そのまま捨てることができるのがメリットです。

トイレトレーニングお助けグッズ

トイレトレーニングへの理解を

1歳半を過ぎると、「まんま、いる」や「わんわん、すき」など 2語文を話す子どもも出てくるでしょう。大人が話すことへの理解度もどんどん上がってくるため、まずは声かけから始めてみるのもトレーニングのひとつだといわれています。

オムツを替えるとき「うんち出たね。気持ちよくしようね」と声をかけたり、大人がトイレに行くときに「ママ、トイレでおしっこしてくるね」と話しかけたりすることで、トイレに対する理解を促すことができるでしょう。ママがトイレに行くと、いっしょに行きたがる子どもも多いようです。

1歳、1歳半におすすめのトイレトレーニンググッズや遊び

いずれ使うからと、補助便座やおまるを1歳代で用意するママもいるようです。子どもが好きなキャラクター付きのものを選ぶことも、子どもがトイレを好きになるきっかけになるかもしれません。いきなり子どもを座らせるのではなく、まずはいつも遊んでいる人形を座らせてみるのもひとつの手だといわれています。

1歳代はマネっこ好きが多い時期なので、おままごとの感覚で補助便座やおまるに慣れさせていくのがおすすめです。上手に座れたら、思いきり褒めてあげましょう。トイレに座れたときだけに貼るシールを用意して、特別感を演出する方法もいいでしょう。

子どもとのコミュニケーションを忘れずに

おむつ

オムツがはずれるということは、オムツ替えでふれ合っていた時間もなくなってしまいます。1歳代の子どもは、まだまだママやパパの愛情をしっかり感じたい時期でもあるようです。早くからトイレトレーニングを始めるのであれば、声かけでコミュニケーションを補うように心がけてくださいね。

しつけの関連記事
  • new

    幼児の激しい夜泣きの対処法は?昼寝との関係と上手に付き合うコツ、体験談

    幼児の激しい夜泣きの対処法は?昼寝との関係と上手に付き合うコツ、体験談

    子育て中のママ・パパたちを悩ませる幼児の激しい夜泣き。どうして泣いているのかわからず、何をしても泣き止んでくれないこともしばしばです。涙を流すわが子の横で泣きたくなってしまうこともありますよね。そんな夜泣きの体験談と、先輩ママ・パパはどのように対処してきたのかをご紹介します。

  • new

    絵本で生活習慣を教える。2歳におすすめの絵本の特徴と読み聞かせのポイント

    絵本で生活習慣を教える。2歳におすすめの絵本の特徴と読み聞かせのポイント

    言葉が一気に増え、おしゃべりが上手になる2歳児。少しずつ文章のある内容の絵本も理解できるようになってくるので、絵本の選択幅も広がります。そこで今回は、2歳児の子どもといっしょに絵本を楽しむポイントについてお話しましょう。読み聞かせのやり方やコツ、ママたちの体験談もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2歳になると急に夜泣きが再開!その原因とママの体験談から学ぶ対策法

    2歳になると急に夜泣きが再開!その原因とママの体験談から学ぶ対策法

    乳児の間は激しかった夜泣きも1歳を過ぎると落ち着いてぐっすりと寝てくれたのに、2歳〜2歳半になるとまた夜泣きが始まってしまい困惑…そんな経験はありませんか?なぜ2歳になると夜泣きが再開してしまうのかその理由と、家族が子どもの夜泣きに向き合うための方法を先輩ママの体験談と共にご紹介します。

  • 子どものお小遣いはいつから?いくら渡す?小学生のお小遣い事情に迫る!

    子どものお小遣いはいつから?いくら渡す?小学生のお小遣い事情に迫る!

    子どもの成長において、お金の価値や使い方を知るのは大切なこと。今後の生活に大きくかかわるからこそ、家庭で教えてあげたい。そこで役立つ方法のひとつが「お小遣い制」。では何歳からどのくらいの金額で、どのように渡すべきか。そんなお小遣い制のあり方について考えてみました。

  • 1歳児向けの絵本読み聞かせ法。夢中にさせる読み方のコツとママの体験談

    1歳児向けの絵本読み聞かせ法。夢中にさせる読み方のコツとママの体験談

    言葉や表情に反応するようになる1歳ごろは「もっと絵本の読み聞かせをしてあげたい」と感じるママも多いようです。しかし、どんな本を選べば良いのか分からないとか、いつも読み聞かせをしてもあまり聞いてくれない、などの悩みを抱えているママもたくさんいます。1歳児向けの絵本の選び方や、読み聞かせのやり方やコツをご紹介します。

  • 0歳児が喜ぶ絵本の読み聞かせ。色や音で興味を湧かせよう

    0歳児が喜ぶ絵本の読み聞かせ。色や音で興味を湧かせよう

    子どもへの絵本の読み聞かせに、いつから、という決まりはありません。読み聞かせには、0歳児の赤ちゃんにもいい影響があると言われています。何をして遊んであげたらいいかわからない、という人は、まずは絵本の読み聞かせに挑戦してみてはいかがでしょうか。今回は、0歳児の赤ちゃんが喜んでくれる、読み聞かせのコツをお伝えします。

カテゴリ一覧