子どものプログラミングのおもちゃ。男の子、女の子向けの選び方

子どものプログラミングのおもちゃ。男の子、女の子向けの選び方

プログラミングのおもちゃはいつから?

義務教育でプログラミングの教育が必須化されたことで、少しでも早くプログラミングに慣れさせたいけどいつから始めればよいのか、と思うママやパパもいるかもしれません。今回はプログラミングの仕組みに遊びながらふれることのできるおもちゃについて紹介します。

プログラミングのおもちゃとは?

プログラミングのおもちゃとは、おもちゃとして遊びながら「プログラミング的思考」を育てる知育玩具を指すようです。

「プログラミング的思考」はどのような動きを組み合わせればよいのか、どの部分をどのように変更すればよいのか、と筋道を立てながら論理的に考える方法でプログラミングのおもちゃを使うと、プログラミング的思考を無意識に体験できるかもしれません。

プログラミングのおもちゃはいつから?

プログラミングに関するおもちゃはさまざまな種類があり、対象年齢が3歳くらいから使えるおもちゃもあるようです。

おもちゃのレベルによって対象年齢が変わるようなので、子どもの年齢に合わせて始めることができるでしょう。

男の子向けのプログラミングのおもちゃ

プログラミングのロボットのおもちゃ
Patrick Daxenbichler - stock.adobe.com

男の子向けのプログラミングのおもちゃにはどのような種類があるのでしょうか。

パーツをつなぎ変えるおもちゃ

自分でパーツをつなぎ変えることで動きをプログラミングし、本体を動かすおもちゃもあるようです。

パーツにはわかりやすく右に曲がる、まっすぐ進む、回る、などの動きがイラストで描かれており、順番につなげることで順番に動くので、遊んでいるうちに自分がプログラミングをしている感覚がわかってくるようです。

3歳くらいから使えるので、まずは気軽にプログラミングにふれさせたい、と思っているママやパパに向いているかもしれません。

ロボットのおもちゃ

ロボットのおもちゃはパーツを組み立てて作るおもちゃで、たくさんの細かいパーツを使うため、対象年齢は7歳以上となるものが多いようです。

作ったロボットはテレビやDVDなどのリモコンや、タブレット、パソコンなどで簡単にプログラミングすることができるので、より実践的なプログラミングを学ぶことができるかもしれません。

パソコンのおもちゃ

子どもの好きなキャラクターが描かれた子ども用のパソコンは、マウスを使ってキャラクターを動かしたり、パソコンの中に入っているプログラミング学習問題で必要な動きを選んだり、とゲームをするような感覚で遊ぶことができます。

対象年齢は5歳以上で、就学前の準備に取り入れる家庭もあるようです。

女の子向けのプログラミングのおもちゃ

女の子向けのプログラミングのおもちゃとはどのようなものがあるのでしょうか。

木製のおもちゃ

プログラミングの木製のおもちゃ
iStock.com/smolaw11

プログラミングのおもちゃというと機械的なイメージもあるかもしれませんが、木製のおもちゃがあるようです。

ブロックは色ごとに意味があり、緑ブロックは「前進」、赤ブロックは「右折」、黄色ブロックは「左折」などそれぞれの動きを型抜きされているプレートにはめ込んでいくようです。

3歳くらいの低年齢から楽しめるおもちゃで、遊んでいるうちにルールや遊び方が理解できるでしょう。

ペンと紙を使うおもちゃ

紙にペンで線を描き、その上に小さなロボットを置くと線が描かれている通りに沿って動く、というおもちゃがあるようです。

ペンの色を変えるとその色によって照らすライトの色も変わり、スマートフォンやタブレットに描かれた線にも反応するようです。

拡張機能もあり、追加することでより高度なプログラミングができるものもあるようですが、対象年齢は上がるでしょう。

プログラミングおもちゃの体験談

プログラミングのおもちゃを使ったことのあるママやパパたちの体験談を聞いてみました。

ブロックをつなぎ合わせるプログラミングのおもちゃ

30代ママ
3歳の息子のおもちゃを買いに行ったとき、お店の人に知育玩具としてすすめてもらいました。プログラミングのためのおもちゃだと聞いて、どうせおもちゃを買うならこれから必須化になるので、と思ったのが購入したきっかけです。息子は最初は理解していないようでしたが、だんだんやり方がわかってきたようで、楽しく遊んでいました。

プログラミングを意識したおもちゃは、幼い子どもを持つママでも気になるようです。年齢に合わせた遊びながら、自然にプログラミング的思考が身につくのはうれしいですね。

パソコンのおもちゃ

30代ママ
5歳の息子にお気に入りのキャラクターのパソコンを購入しました。パパもママも普通に家でパソコンを使っているので、前々から興味があったようです。実際に使いながらマウスを動かすのもうまくなっていきました。また、タイピングをしたいとの一心でに文字を全部覚えたので、親としては大満足です。プログラミング的な思考が育っているかどうかはわかりませんが、ゲームも楽しくやっているのでよいかな、と思っています。

大人の真似をしたがる子どもも多いですが、パソコンはそんな子どもの憧れのツールなのかもしれません。プログラミングだけではなく、遊びながらパソコンの操作に慣れると近い将来に立ちそうですね。

プログラミングおもちゃを取り入れてみよう

パソコンをする男の子
maroke - stock.adobe.com

プログラミングのおもちゃにはさまざまな種類があり、おもちゃによって対象年齢や遊び方も全く異なるようです。

プログラミングのおもちゃは、3歳くらいの幼児から遊べるものもあるようです。年齢に合ったおもちゃを取り入れて、プログラミング的思考にふれる機会を作ってみてはいかがでしょうか。

2020年01月08日

専門家のコメント
15
    いちぽ先生 保育士
    来年度から小学校でプログラミングが必修になりますよね。
    数字を使ってロボットを動かすのを実際に子どもたちがやっているのを見ました。
    小さいうちから取り入れていくと学校に行った時抵抗なくできるかもしれないですね。
    わい先生 保育士
    前に勤めていた保育園では、小学校からプログラミングが必修になることが決まった時点から、iPadを使った知能ゲームをするようになりました。まずは、触れてみて考えることからスタートですね!iPadなど使うときは、目が疲れてしまうので、使用するときの姿勢を教え、使用時間を決めていました。今、勤めている幼稚園では、プログラミングのための時間はありません。園によって違うと思うので、気になるなら、園に確認してみるといいと思います。
    ぽんた先生 保育士
    わざわざおもちゃを買わなくても、インターネットで使えるスクラッチというプログラムがあります。主にマウス操作でプログラムの基本を体験できて、しか慣れると結構高度なものもできます。実際、作った人の作品集みたいのもたくさんでているので、プログラミングが気になるかたは買う前に試されてはいかがですか?そして、そのスクラッチで興味がありそうなら、ロボットなどを購入されるといいと思います。スクラッチでもあまり興味がないと、ロボットなどを買ってもあまりやらないかなーと。文部科学省も関与しているものなので、学校教育のことを考えているかたにもいいですよ。あ、子どもがわからないときに教えられるように、親もファイトです(^^)v
    すみっこ先生 保育士
    プログラミングと聞いたらずっと機械的なもの限定で考えていました😲 木製のおもちゃだと馴染みやすくて取り入れやすいです✨楽しみながら学べたら一石二鳥ですよね!!
    まるまる先生 保育士
    プログラミング=ICTと捉えがちですが、幼少期は言語学習と組み合わせ等の試行錯誤の経験を積むところからだと感じます。
    直感的な動作で操作するタッチパネルに触れたから、誰しもプログラミングができるようになるわけではありません。
    学習が開始される前の幼少期に、言語のシャワーをたくさん浴びさせて語彙を増やし、手を使う積み木やブロックなどで組み合わせ等を学んでいってはいかがでしょう?
    ひで先生 保育士
    簡単なアプリ等作ってますがプログラミングというと敷居が高いですね。パソコンやスマートフォンに用意されてる部品や機能を使って動かすので工作みたいです。動いた時の感動を是非共有してあげてください。自分のスマホに入れたりもできますよ!
    ゆか先生 保育士
    来年度から学校でも必修となりますね。
    プログラミング学習で誤解されやすいのは、機械操作が出来るようになるのが目的ではなくて、自分で考えて試行錯誤しながら目標に向かって努力する力や喜びを得る事が目的です。
    そんな、力が育つ育児を心がけていきたいなと私も思っています。
    なごみ先生 保育士
    プログラミングという言葉だけで難しそうだなぁという印象が強く、よくわからないなあと思っていました。そんな時にたまたま本屋さんでプログラミングについてわかりやすく書いていた'あべべのぼうけん'という絵本を見つけて子どもと一緒に読みました。その本のおかげでプログラミングという言葉に対しての拒否感がなくなりました。
    ぷん先生 保育士
    プログラミングを小学校で習う時代が来たんですね!教育の幅も広がってきて家庭学習の必要性を感じています。おもちゃから触れていくことができたら、プログラミングの授業がスタートしたときも楽しく学習できそうですね!
    せおみ先生 保育士
    初めて聞きました。プログラミングと聞くと難しそうな印象ですが、積み木やブロックの様な遊びの立体遊び。最近では身近になっている、携帯やiPadでの遊び。意外と身近な物なのですね。形ある物を自分で操作する事にとても興味を持ち楽しく行えそうだと思いました。初めは何でも遊び感覚で、興味を持っ入れるといいですよね。
    まいこ先生 保育士
    小学校のプログラミング導入は、算数の一環でプログラミングにつながる考え方や方法を教育に取り入れるので「プログラミング」というガチガチの授業があるわけではないと伺いましたが、どうなんでしょうか?

    プログラミングの玩具やアプリなど様々な物が出ていますね。わたしも以前の保育園では、3歳〜対象のプログラミング用の玩具を使いて0〜2歳児のカリキュラムを考えましたが0〜2歳児には直接その玩具は難しかったです。右も左もわからない状態では玩具に出会ってもその時に十分楽しむことが難しいです。
    まずは身近な言葉でいいので意味が繋がっていることや結果が出るその過程を理解すること、挑戦を楽しむことなど様々な経験がのちの「プログラミング」につながっていくのかなぁと思っています◡̈
    でぶいも先生 保育士
    小学校の授業で必須化されたようですが、それを見越して幼児期から練習していくよりも、幼児期には沢山遊んでその実体験の中で、考えたり試したりする学びの力を身につけたいと思っています。ただ、私自身はプログラミングについて先立って勉強中です。
    りお先生 保育士
    プログラミング。
    何をするのでしょう。
    何度か聞いてもいまいちよくわかりません。

    我が家では特にこれと言ってやっていませんが、レゴを組み立てたりで今は十分なのかなーと思っています。
    基本は、ものづくりですもんね。
    ブロックや紙、ダンボールなどで工作をしたり、何かを作ることをまずは楽しませようと思っています😁

    パソコンで何かをすることは大きくなってからでもできますが、廃材工作やブロック遊びは今だけですもんね!
    ふぅ先生 保育士
    小学校で必須なら小学校に行ってからすればOKだと思います☺︎机に座って学ぶことよりも遊びを通して五感を使って学ぶことの方が多いと思います🤩プログラミングが必須の時代ですか、、、子どもたちにどんな未来が待ってるんでしょうね✨
    すー先生 保育士
    3歳の息子の誕生日に小学校教員の妹から「はじめてのプログラミングカー」をプレゼントしてもらいました。対象年齢は3歳からなので、一緒に考えながら楽しんであそんでいます。

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧