子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

 生後1ヶ月の赤ちゃんはいつからおもちゃが必要?選び方や手作りのおもちゃ

生後1ヶ月の赤ちゃんはいつからおもちゃが必要?選び方や手作りのおもちゃ

生後1ヶ月の赤ちゃんにいつからおもちゃが必要なのか、またどのようなおもちゃを選べばよいのでしょうか。今回の記事では、生後1ヶ月の赤ちゃんにおもちゃは必要だったのかや、赤ちゃんが楽しめるおもちゃと手作りしたおもちゃ、おもちゃ選びのポイントについて体験談を交えてご紹介します。

生後1ヶ月の赤ちゃんにおもちゃは必要?

生後1ヶ月になると、起きている時間が少しずつ増えてくる赤ちゃんもいるようです。赤ちゃんと1日いっしょに過ごしているママは、生後1ヶ月の赤ちゃんとの遊びにおもちゃが必要なのかなと考えることもあるかもしれません。実際に生後1ヶ月の頃におもちゃが必要だったのか、ママたちに聞いてみました。

「出産祝いでいただいたおもちゃがあったので生後1ヶ月の頃から使っていました。私がおもちゃを動かして見せると、いつからか赤ちゃんも気になる様子を見せてくれました」(20代ママ)

「生後1ヶ月の頃は、赤ちゃんと家に2人でいる時間が長かったので、遊びが手遊びや歌を歌うことの繰り返しになることがありました。遊びの種類を増やすためにおもちゃが必要かもしれないと感じたので用意しました」(30代ママ)

生後1ヶ月の赤ちゃんとの遊びに、おもちゃが必要だと感じて用意したママもいるようです。この時期の赤ちゃんとおもちゃで遊ぶときは、ママがおもちゃを動かして見せてあげるとよいかもしれません。

生後1ヶ月の頃の赤ちゃんにおもちゃを選ぶポイント

生後1ヶ月の赤ちゃんにおもちゃを選ぶとき、ママたちが気をつけたポイントを聞いてみました。

洗える素材

iStock.com/Pranee Mankit

「おもちゃを清潔に保っておきたかったので、丸洗いできる布製のおもちゃを買いました」(30代ママ)

「外出時に持って行くこともあるおもちゃは、すぐに水洗いができたり、ウェットティッシュで拭いたりできるプラスチック素材のものを選びました」(40代ママ)

ママたちは、生後1ヶ月の赤ちゃんに洗える素材で作られたおもちゃを選んでいるようです。赤ちゃんがおもちゃを口に入れたり、外で落としてしまったりすることを考え、洗いやすいものがよいようです。

握りやすいもの

「赤ちゃんの小さな手でも握りやすい大きさのおもちゃを選びました。私の指を握るようにおもちゃを握ることもありました」(20代ママ)

「布製の軽いおもちゃを渡したところ、赤ちゃんが握ったり持ったりしてくれました」(40代ママ)

赤ちゃんの握りやすさを考えておもちゃを選ぶのもよいかもしれません。他には、おもちゃのグリップ部分にすべり止めがついているものを用意したというママの声もありました。

カラフルなもの

「はっきりした色なら目で追いやすいと思ったので、赤や黄色などのおもちゃを選びました」(20代ママ)

「少し成長して色がわかるようになってからも遊べるようにカラフルな色づかいのおもちゃを用意しました」(30代ママ)

生後1ヶ月の赤ちゃんのおもちゃに、カラフルな色合いのおもちゃを選んだママもいるようです。はっきりとした色のおもちゃは、生後1ヶ月の赤ちゃんも目で追ってくれたというママの声もありました。

生後1ヶ月の赤ちゃんが楽しめるおもちゃ

ラトル

iStock.com/Phill Thornton

「鈴が入っている布製のラトルを動かして、赤ちゃんに見せながら語りかけて遊びました」(20代ママ)

「赤ちゃんに見えるように私がボール型のラトルを転がして遊びました。赤ちゃんの顔に近づけたり、手にさわらせたりして遊ぶと気になる様子で反応してくれることがありました」(30代ママ)

ラトルには、手で持つハンドラトルや手首につけるリストラトル、ボール型ラトルなどのさまざまな種類があるようです。布やプラスチックなど素材もさまざまなので、ママが使いやすいものを選ぶのもよいかもしれません。

ベビージム

「仰向けに寝ていることが多かったので、赤ちゃんが楽しめたらいいなと考え、昼間はベビージムに寝かせていました」(20代ママ)

「ベビージムに寝かせると、吊り下がっている動物のモチーフが気になるのか、じっと眺めているようでした」(40代ママ)

生後1ヶ月の赤ちゃんにベビージムを用意したというママもいるようです。ベビージムは、アーチにいろいろな飾りがついているようなので、赤ちゃんが手足を自分で動かすようになってからも楽しめそうですね。

メリー

iStock.com/SolStock

「キャラクターのメリーを使っていました。音楽が流れてキャラクターが回り始めると『くまさんがきたね』などと声をかけていました」(30代ママ)

「メリーの音楽に合わせて私もいっしょに歌いながら、赤ちゃんの手をにぎったりして遊びました」(30代ママ)

メリーを使って赤ちゃんとスキンシップをとって遊んでいるママもいるようです。ベッドの柵に取りつけたり、床に置いたりできるメリーもあるようなので、都合のよい置き場所を考えながら選ぶとよいかもしれません。

生後1ヶ月の頃の手作りできるおもちゃ

生後1ヶ月の赤ちゃんにおもちゃを手作りしたママもいるようです。どのようなおもちゃを手作りしたのか聞いてみました。

にぎにぎ

「布に綿を詰めて動物の形のにぎにぎ作っていっしょに遊びました」(30代ママ)

「いろいろな素材の手ざわりが楽しめるかもしれないと考え、綿やサテン、リネンのタグを組み合わせてにぎにぎを手作りました」(40代ママ)

手作りのにぎにぎで赤ちゃんといっしょに遊んだママもいるようです。にぎにぎを作るときは、家にあったガーゼやタオルで作ったというママの声や、材料がセットになったものを使って手作りしたというママの声もありました。

布絵本

「手作りの布絵本を赤ちゃんにプレゼントしました。めくると動物が見えたり、紐を引っ張ったりする仕掛けを作ったので、遊びながら読み聞かせしています」(30代ママ)

「フェルトで布絵本を手作りしました。フェルトは端の処理をしなくてもほつれてこないので、簡単に作ることができました」(20代ママ)

布絵本を手作りしたというママの声もありました。赤ちゃんが喜んでくれそうな内容や仕掛けを工夫して手作りするとよいかもしれません。

生後1ヶ月の赤ちゃんとおもちゃで遊ぼう

iStock.com/Milatas

赤ちゃんとの遊びを増やしたいときなどに、必要と感じておもちゃを用意したママもいるようです。赤ちゃんがおもちゃを自分で使えるようになるまでは、ママが動かしたり遊ぶ様子を見せたりしながら遊べるとよいかもしれません。

赤ちゃんが見ているだけでも楽しめるおもちゃや、持ちやすさなどを考えた手作りおもちゃを用意できるとよいですね。

2018年07月06日

おもちゃの関連記事
カテゴリ一覧