乳児の絵本の読み聞かせ。選び方のポイントや手作りなどの工夫

乳児の絵本の読み聞かせ。選び方のポイントや手作りなどの工夫

春夏秋冬の季節や生活習慣の導入など

乳児に絵本の読み聞かせを始める時期の他にも、春夏秋冬の季節や遊びの導入としての取り入れ方、絵本は手作りできるかどうか気になることもあるかもしれません。今回の記事では、読み聞かせで選んだ絵本や工夫したこと、絵本を手作りするコツについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

乳児の絵本の読み聞かせはいつから?

赤ちゃんの出産祝いや健診などでの絵本のプレゼントをきっかけに、絵本の読み聞かせを乳児期から取り入れたいと考えるママもいるのではないでしょうか。そこで、ママたちが赤ちゃんへの絵本の読み聞かせをいつから取り入れているのか聞いてみました。

「新生児の頃から時間に余裕があるときに読み聞かせをしていました。生後間もない時期は読んだり読まなかったりしていましたが、4カ月頃から寝かしつけの際に1冊読むのを日課にしていました」(4カ月の赤ちゃんのママ)

「生後5カ月頃に赤ちゃんがおもちゃを見て楽しんでいる姿を見て、遊びのなかに絵本の読み聞かせを取り入れていました」(6カ月の赤ちゃんのママ)

乳児期の赤ちゃんに絵本の読み聞かせを始めるタイミングはさまざまなようです。0歳の赤ちゃんが楽しめる絵本の種類は豊富にあるようなので、秋や冬の寒い時期に家ですごすときの親子の時間として取り入れるのもよいかもしれませんね。

乳児への読み聞かせに選んだ絵本の種類

実際に、乳児期の赤ちゃんに読み聞かせをしていたママたちが選んだ絵本や読み聞かせ方について聞いてみました。

音や色を楽しむ絵本

絵本
iStock.com/CCaetano

「擬音が楽しめる絵本をよく読み聞かせしていました。抑揚をつけたり、声色を変えたりして読むと、赤ちゃんの反応があったので読み方を工夫していました」(30代ママ)

「生後3カ月頃、赤ちゃんの目にとまるようなカラフルな色を使った絵本を読み聞かせしていました。読むときは、赤ちゃんといっしょに横に寝転んで絵本を大きく広げて絵が見えやすいように工夫しました」(20代ママ)

音や色を楽しめる絵本は、乳児期の赤ちゃんの頃から取り入れることができるかもしれません。普段から聞き慣れたママやパパの優しい声で読み聞かせてもらうことで、赤ちゃんも心地よく聞いてくれそうですね。

スキンシップを楽しむ絵本

「パンの生地をこねる絵本を読んだあとに、赤ちゃんを生地に見立ててころころしたり、ぎゅっと抱きしめたりすると、『キャッキャ』と声を出して喜んでくれました」(30代ママ)

「絵本を読みながら、赤ちゃんのお腹をくすぐったり、ほっぺをくっつけたりしてスキンシップを楽しめる絵本を読んでいました。絵本を読まないときも、普段の遊びのなかに取り入れやすかったです」(40代ママ)

絵本を読み聞かせながらスキンシップを楽しめる絵本は、普段の遊びのなかでも自然に取り入れやすいかもしれません。絵本の内容を工夫してアレンジすることで、赤ちゃんとのスキンシップ遊びの幅も広がりそうですね。

春夏秋冬の季節を感じる絵本

春夏秋冬
iStock.com/frentusha

「クリスマス頃に、サンタクロースや雪だるまが出てくる絵本を読み聞かせしました。絵本を導入に『冬は寒いね』『もうすぐクリスマスだね』と季節を感じられたと思っています」(30代ママ)

秋は焼きいも、冬は雪など、春夏秋冬の四季を感じられる絵本を読み聞かせしていたママもいるようです。お散歩で見つけた落ち葉や桜の花びらなどをきっかけに絵本の読み聞かせをすることで、子どもと季節の変化をより楽しむことができるかもしれませんね。

乳児への読み聞かせで工夫したこと

乳児への読み聞かせをするときに、どのような工夫をしたらよいのでしょうか。読み聞かせの工夫についてママたちに聞いてみました。

さまざまなジャンルを読む

「自分の好みの絵本だけではなく、さまざまなジャンルの絵本を読むように心がけています。図書館の絵本コーナーなどを活用して、赤ちゃんの様子にあわせてたくさんの絵本を読み聞かせできてよかったです」(40代ママ)

絵本の読み聞かせをする際に、さまざまなジャンルの絵本を読むように意識したママもいるようです。ママのなかには、絵本の読み聞かせイベントに参加することで、いろいろな絵本を知るきっかけになったという声もありました。

赤ちゃんのペースにあわせる

「生後10カ月の頃は、膝に抱っこして絵本の読み聞かせをしても、途中でおもちゃで遊び出すこともありました。子どもが絵本に興味を持っていないようなときは、あまり無理せず子どものペースにあわせるように意識しています」(30代ママ)

赤ちゃんが成長してくると、おもちゃに興味をひかれて読み聞かせができないことや、ページをどんどんめくってしまうこともあるかもしれません。子どもによっては、絵本に興味がわかない時期もあるのかもしれないと肩の力を抜きながら、無理のない読み聞かせができるとよいですね。

生活習慣につながる絵本を選ぶ

「生後11カ月にファーストシューズをプレゼントしたとき、靴を履くのを嫌がることがありました。靴を履く導入として子どもがイメージしやすいように絵本の読み聞かせをしていました」(30代ママ)

身近な生活をテーマにした絵本を使って、挨拶や食事、歯磨きなどの生活習慣の導入として取り入れていたママもいるようです。赤ちゃんの時期にあわせて、ママが伝えたい内容の本を選べるとよさそうですね。

乳児の絵本を手作りするときのコツ

乳児期の赤ちゃんの絵本を手作りして楽しむこともできるようです。絵本を手作りしたママたちにアイデアを聞いてみました。

わかりやすいテーマにする

「子どもがイメージしやすいよう春夏秋冬をテーマにして手作り絵本を作りました。春はお花見、夏は七夕、秋はお月見、冬はクリスマスと季節を感じられるように工夫しました」(30代ママ)

四季の他にも、数字や英語、生活習慣などのテーマで手作りしたというママの声もありました。ページ数が少ない場合でも、テーマが変わればさまざまなバリエーションの絵本を手作りすることができそうですね。

楽しい仕掛けを取り入れる

「絵本を手作りする際は、くしゃくしゃと音が鳴るようにビニールを入れたり、ゴムを使って引っ張ったりできる仕掛けを作ると、子どもも興味深そうに触って楽しんでいました」(40代ママ)

絵本を手作りするとき、赤ちゃんが触って楽しめるさまざまな仕掛けがあると喜んでくれそうですね。他にも、マジックテープやボタンを使って、取り外しできる仕掛けは少し大きくなったときの服を着替える練習の導入で活躍したというママの声もありました。

赤ちゃんといっしょに絵本を楽しもう

絵本を読む家族
iStock.com/monzenmachi

乳児への読み聞かせには、色や音、スキンシップ遊びや春夏秋冬など季節を楽しめる絵本を選んだママもいるようです。絵本を手作りするときは、生活習慣の導入として身近なものをテーマに、楽しい仕掛けを取り入れてみるのもよいかもしれません。

さまざまな絵本に触れあいながら、赤ちゃんといっしょに読み聞かせの時間を楽しめるとよいですね。

2019年02月04日

専門家のコメント
16
    ひまわり先生 保育士
    赤ちゃんへの絵本の読み聞かせをするときは、短い言葉で繰り返されてるものがいいかなと思います
    まい先生 保育士
    フェルト出来た素材絵本でも楽しめると思います。
    ぷくぷくとかあわあわとかそんな言葉の繰り返
    nt_2
    @まい先生さん
    素材絵本!おもしろそうですね。 あわあわ〜とか、子どもも読み手の親も一緒に楽しめると良さそう😊
    めい先生 保育士
    短い絵本を何度も繰り返し読んであげています。時々、幼児向けの本も読みますが、じーっと静かに
    いちぽ先生 保育士
    こどもが読んで欲しい本を持ってくるようになるので、繰り返し読んであげます。
    何度もリクエス
    あー先生 保育士
    乳児のクラス担任だったときよく読んでいたのはほっぺにぎゅっという絵本です。主人公が色んなお
    こと先生 保育士
    3ヶ月ころからよく絵本読んでました😊✨娘はおつきさまこんばんはの絵本が好きで何回も読んで
    とまと先生 保育士
    乳児向けの絵本は1ページに書かれた文字数が少ないですが、子どもがしっかりと絵を楽しめるよう
    ゆか先生 保育士
    乳児期は擬音後や、繰り返しの言葉がたくさん入っている絵本がおすすめです。
    子どもが単語を真
コメントをもっと見る

絵本の関連記事

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧