子どものヘアアレンジ。簡単にできるロングヘアの女の子の髪型

子どものヘアアレンジ。簡単にできるロングヘアの女の子の髪型

アップスタイルやダウンスタイル

子どものヘアアレンジをするとき、編み込みなどを取り入れて簡単でかわいい髪型をしたいと考えるママもいるかもしれません。今回の記事では、ロングヘアの女の子のアップスタイルとダウンスタイルのヘアアレンジと、子どものヘアアレンジのコツについてご紹介します。

子どものヘアスタイルの悩み

女の子のママのなかには、子どものロングヘアをどのようにアレンジしたらよいのかや、簡単にできるアップスタイルにはどのような種類があるのかなど、気になることがある方もいるのではないでしょうか。

編み込みなどをアレンジして子どもにかわいい髪型を作ってあげたいと考える方もいるかもしれません。

そこで今回は、ロングヘアの女の子のヘアスタイルについてママたちの体験談を交えてお伝えします。

アップスタイルのヘアアレンジ

編み込みヘア
Africa Studio/Shutterstock.com

ロングヘアの女の子は暑い日や遊ぶときに髪の毛が邪魔になるかもしれないため、アップスタイルのヘアアレンジをしようと考えるママもいるのではないでしょうか。簡単にできる子どものアップスタイルのヘアアレンジをご紹介します。

お団子ヘア

4歳の女の子のママ
髪の毛を頭の高い位置でまとめヘアゴムで結びポニーテールを作ります。毛先をねじりながら根本に巻きつけて、巻きつけた毛先が解けないようにヘアゴムで留めてお団子ヘアの完成です。

巻きつけた髪の毛を留めるのはヘアピンでもできますが、幼稚園でヘアピンをつけてはいけない決まりになっているのでヘアゴムを使いました。
スッキリとまとめるお団子ヘアは、髪の毛を気にせず活発に遊べるヘアスタイルかもしれません。ママのなかには、ポニーテールにした後三つ編みにしてから根本に巻きつけると崩れにくくなったという声もありました。

玉ねぎツインテール

5歳の女の子のママ
髪の毛を頭の後ろで左右対称に分けツインテールを作ります。結んだ根本から数センチの所にもう1つヘアゴムで結び、ヘアゴムとヘアゴムの間の髪の毛を少しずつ引っ張り玉ねぎのような形にします。

毛先まで同じ間隔を空けてヘアゴムで結び髪の毛を引っ張るという作業を繰り返し、もう片方も同じようにしたら完成です。
ツインテールにひと手間加えて、簡単でおしゃれな玉ねぎヘアにアレンジをすることができるようです。ママのなかからは、カラフルな色のヘアゴムを使いおしゃれ度をアップさせたという声も聞かれました。

くるりんぱサイドアップ

6歳の女の子のママ
髪の毛を頭の下の方でサイドにひとまとめにしてヘアゴムで結びます。根元に隙間を作り毛先を上から下に押し込みくるりんぱをして、ヘアスタイルを整えたら完成です。

くるりんぱをした部分にリボンなどのヘアアクセサリをつけると女の子感が増してかわいかったです。
簡単に作れるくるりんぱのヘアスタイルは、編み込みなどが苦手なママでもきれいにできるヘアアレンジかもしれません。毛先をヘアアイロンなどで巻いてからアレンジすると、おしゃれ感が増して大人っぽい印象になるのではないでしょうか。

ダウンスタイルのヘアアレンジ

2人の女の子
Apollofoto/Shutterstock.com

ロングヘアを活かしたダウンスタイルのヘアアレンジをご紹介します。

ハーフアップ

3歳児のママ
頭の後ろの両耳をつないだラインで上下に髪の毛を分け、上の部分の髪の毛をまとめヘアゴムで結ぶとハーフアップスタイルの完成です。顔周りの髪の毛をまとめることで、きちんとした印象のダウンスタイルになったと感じました。
ハーフアップは簡単で顔回りの髪の毛をスッキリとまとめられそうなヘアスタイルのようです。ハーフアップにくるりんぱや編み込みなどの簡単なアレンジをプラスすることで、ヘアアレンジの幅が広がるかもしれません。

編み込みダウンヘア

5歳の女の子のママ
頭のトップの髪の毛を左右に分けてそれぞれ頭頂部に向かって編み込みをします。頭頂部まで編み込みをしたらその先は三つ編みをして2本あわせてヘアゴムで留めて完成です。
編み込みを取り入れたダウンヘアも女の子ならではのかわいいヘアアレンジになりそうです。ママのなかからは、緩めに編んだり編み込みの大きさを変えるなどすると、同じ編み込みでもさまざまな印象になるという声も聞かれました。

角ヘア

3歳の女の子のママ
角を作りたい部分の髪の毛を少しとり、ヘアゴムで結ぶのですが、結ぶ最後の1回は髪の毛を輪っか状にして留めます。反対側も同じように結ぶと角ヘアのでき上がりです。
角ヘアの作り方には、角にしたい部分の髪の毛を結んだ後三つ編みをしてから、根本に巻きつけてヘアゴムで留めるという方法もあるようです。子どもの髪質や量に応じてやりやすい方法を見つけるとよいかもしれません。

子どものヘアアレンジのコツ

子どものヘアアレンジをするときはどのようなことを意識したらよいのでしょう。ママたちにコツを聞いてみました。

髪の毛を整えてからアレンジする

4歳の女の子のママ
子どものヘアアレンジをするときは、くしで髪の毛をとかし寝ぐせは水で濡らして整えるようにしています。最初に髪の毛を整えると、ヘアアレンジの仕上がりがきれいになるように感じます。
ヘアアレンジをする前に髪の毛を整えるようにしているママがいるようです。ママのなかからは、子どもの髪の毛はサラサラしていてまとまりにくいので、水や少量のヘアワックスなどを髪の毛になじませてからヘアアレンジをするという声も聞かれました。

ヘアアレンジにあわせたヘアゴムを使う

6歳の女の子のママ
私は髪型に応じてヘアゴムを使い分けています。少ない量の髪の毛を結ぶときは細めのヘアゴム、量の多い場合は太いゴムを使うことで結びやすく崩れにくくなるのではないかと考えました。
結ぶ髪の量に応じてヘアゴムを使い分けることもあるようです。他にも、結び目を隠したいときは目立たない色、アクセントにしたいときは目立つ色などとヘアゴムの色もポイントに選ぶとよいかもしれません。

子どものヘアアレンジを楽しもう

ツインテールの女の子
szefei/Shutterstock.com

ロングヘアの女の子のヘアアレンジは、お団子ヘアなどのアップスタイルや編み込みをアレンジしたダウンスタイルなど、簡単にできる髪型がさまざまなあるようです。子どものヘアアレンジをするときは、事前に髪の毛を整えたりヘアアレンジにあわせたヘアゴムを選ぶことなどを意識しているママもいました。

子どもの好みやシーンにあわせて、親子でヘアアレンジを楽しめるとよいですね。

2020年01月26日

専門家のコメント
14
    わい先生 保育士
    三つ編みや編み込みを園児に頼まれるとしてあげました。
    保護者の方に苦手だから髪型をどうしたら可愛くできるかとよく質問されました。その度にくるりんぱがいいですよ。といいました。ツインテールもポニーテールもかわいいけど…子どもたちはちょっとアレンジが欲しいみたいです。
    せおみ先生 保育士
    我が子もロングヘアです。時間がない朝はポニーテールが多いです。お団子ヘアか、編み込み、ハーフアップの編み込み、ハーフアップのくるりんぱにする事が多いです。
    まゆ先生 保育士
    ヘアアレンジが好きなので保護者の方に褒めてもらうことが多いです。最近はアナ雪が好きな子が多いのでアナ、エルサのリクエストが多いですね。
    編み込みや三つ編みが苦手な方でも、ゴムを増やすだけで雰囲気が変わりますよ。

    いつもツインテールならハーフアップにしてから残りの髪の毛を二つ結びにするなど。
    可愛い!!!と褒めてあげると喜んでくれる姿が可愛いですよね♡
    ぬーぬー先生 保育士
    1つ結び、2つ結び、1つ三つ編み(エルサ結び)2つ三つ編み(アナ結び)、ハーフアップで高めおだんご、くるりんぱアレンジ…など楽しんでます♪
    でも長いのもわたしが飽きて来て短く切って欲しいと思っています😂
    すみっこ先生 保育士
    ロングヘアだと色々な結び方ができるので楽しいですね✨
    毎朝髪型を決めて、娘の髪の毛をとかしている時間が大好きです😊💕
    最近は一周回って(?)毎日ポニーテールのリクエストです。
    ヘアゴムを冬らしいモコモコのものだったり、季節に合わせて変えています✨

    卒園式に向けて伸ばしていて、入学式前にボブにする予定です✨
    いちご先生 保育士
    我が子も最近髪の毛が伸びてきたので出かける時は結ぶのですが、2歳の娘はどうも髪の毛をいじられるのが気に入らないみたいで(笑)存在に気づくとすぐ荒らそうとします(笑)
    そんな時に最適なのが三つ編みです。少々いじられて乱れてもそれっぽくなってるし、普通に結ぶよりは動き回る娘には手はかかるけど、おすすめです☻
    みき先生 保育士
    ポニーテールにするとき、子供に下を向かせた状態でまとめるとぴったりとまとまりやすいですよ。二つ結びの三つ編みは、すこし崩れても可愛いしそのままお昼寝しても痛くないのでオススメです。
    のんの先生 保育士
    ロングヘア、長すぎに注意!
    髪を伸ばしすぎて、トイレをする際についてしまったりするお子様がたくさんいらっしゃいます。
    自分で管理できるようになるまでは、保護者の方が管理してあげてください。
    ロングヘアのアレンジた多様にあり、とてもかわいいですよね。
    髪を引っ張りすぎて、はげてしまうというか、カタがついてしまうこともあります。毎日同じ髪型はおすすめできません。
    ろろ先生 保育士
    基本的には子どものリクエストにこたえて結んでいましたが、運動するのに帽子を被る日は下の方でまとめたり、帽子のなかにしまいやすいように予めお団子にしたりと子どもの園生活に配慮はしていました♪
    室内で過ごす日はお気に入りの飾りがついた髪ゴムをつけていたのでご機嫌もよく楽しく過ごしてくれていましたよ(*˙﹀˙*)
    りお先生 保育士
    最近、4歳の娘に三つ編みをして欲しいと言われ、毎朝三つ編みをしています。

    母、不器用なため、三つ編みはずっとやらなかったのですが、やってみると案外簡単でした!左右、少しくらいずれてても、大体の位置が合っていれば案外気にならない!

    不器用な母でも、三つ編みはできそうです♬

    次は、編み込みをリクエストされそうなので、、また時間がある時に練習したいと思います💦
    できるかなー💦
    ぺち先生 保育士
    幼稚園では、色々な髪型にしてくる子がいました。編み込みやフィッシュボーン、ポニーテールやハーフアップなど、お母さんたち朝からすごいなぁ、、と思っていました。
    髪型を可愛くしてもらうと、見てみて〜と見せてくれるので、嬉しいみたいですね!
    まな先生 保育士
    三つ編み、編み込みはそのままでも可愛いですし、さらに三つ編みをまとめてピンで留めたり…とアレンジしても可愛いですね。
    忙しくて時間がないときはカチューシャやピンだけでもオシャレになります(^^)
    水遊びや砂遊びをする予定のある日はポニーテールでまとめるなど、その日の予定によってアレンジを考えると良いかもしれません。
    いちぽ先生 保育士
    園児に頼まれて編み込みにしたりポニーテールにしたりハーフアップのくるリンパにしたことがあります。
    顔周りをすっきりさせた方が邪魔にならず楽ですよね。
    cocoまま先生 保育士
    編み込み…エルサヘアやツインテールが大好きでよくやってますが、定番はてっぺんお団子です^ ^園ではトイレや砂遊び等、前屈みになる体勢はしょっちゅうです!てっぺん団子ならその面は安心です^ ^
おすすめユーザーのコメント
1
    YK
    朝は時間がないのもありますが、子どもの髪はさらさらでほどけやすいのでなかなか難しいです… たまにやるときはほどけにくさ重視で細いみつあみを作ってからハーフアップにしたりします

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧