赤ちゃんが冬に使うベビー布団のシーツを用意しよう。選ぶときのポイント

赤ちゃんが冬に使うベビー布団のシーツを用意しよう。選ぶときのポイント

ワンタッチシーツや敷きパッドの使い方

赤ちゃんが使うベビー布団のシーツを選ぶとき、冬に使える暖かいものを用意したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが快適に眠れるシーツを選びたいですよね。冬に使うシーツ選びのポイントについてご紹介します。

赤ちゃんが冬に使うベビー布団のシーツを用意しよう

冬になると、暖かい素材のベビー布団のシーツを用意したいと考えるママやパパもいるでしょう。

デザインや素材などさまざまなシーツがありますが、選ぶときに迷うこともあるかもしれません。

赤ちゃんの汗やミルクの吐き戻しなどで、ベビー布団やシーツが汚れることは多いと感じることもあるのではないでしょうか。

赤ちゃんが快適に眠れるシーツを選びたいですよね。今回は、赤ちゃんが冬に使うシーツ選びのポイントについてご紹介します。

ベビー布団に使うワンタッチシーツや敷きパッドとは

赤ちゃんが使うベビー布団のシーツを探すときに、ワンタッチシーツや敷きパッドというワードを見ることが多いママやパパもいるかもしれません。

ワンタッチシーツや敷きパッドはどのように使うのでしょうか。

ワンタッチシーツ

ワンタッチシーツは、敷布団にかぶせるようにして使うシーツです。

ベビー布団とセットになっているものや単品で販売されているものなど、さまざまなワンタッチシーツがあるようです。

ワンタッチシーツは敷布団全体を覆うタイプのシーツよりも簡単に取り外すことができるため、洗濯回数の多い赤ちゃんのシーツに便利かもしれません。

2重ガーゼや6重ガーゼなど、冬に使える暖かい素材のワンタッチシーツもあるようです。

敷きパッド

敷きパッド
poko42 - stock.adobe.com
敷きパッドには、シーツの下に防水や吸湿のために敷くものや、寝心地を考えてシーツの代わりに使うものなど、さまざまな種類があります。

敷きパッドは四方にゴムがついており、敷布団の四隅にかぶせて使うものが多いようです。

肌に直接触れる敷きパッドは毛布のような暖かいタイプもあり、季節に合わせて使い分けることができるようです。

綿やコットン素材の暖かい敷きパッドを冬に使っていたというママの声がありました。

冬に使うベビー布団のシーツ選びのポイント

冬に使うベビー布団のシーツを選ぶとき、どのようなことを意識しながら選ぶとよいのでしょうか。

肌にやさしい素材のシーツを選ぶ

赤ちゃんの肌に直接ふれるベビー布団のシーツは、デリケートな赤ちゃんの肌にやさしいものを選びたいですよね。

肌ざわりのよい素材のシーツを選んだというママの声がありました。綿100%やガーゼ素材のものは赤ちゃんも安心して使えるでしょう。

暖かい素材のシーツを選ぶ

赤ちゃんが冬に使うベビー布団のシーツは、暖かい素材のものを選びたいというママやパパもいるのではないでしょうか。

6重ガーゼのシーツやボアつき敷きパッドなど、素材によって厚みや暖かさは異なります。寒い冬でも快適に眠れる暖かい素材のシーツを選びましょう。

ベビー布団とセットになったシーツを選ぶ

シーツと赤ちゃん
Ryusuke Komori - stock.adobe.com
ベビー布団とシーツや敷きパッドがセットになっているものを選んだママがいました。ベビー布団とセットになっていると、必要なアイテムを買い揃える必要がなくすぐに使うことができるでしょう。

敷布団とシーツがセットになっているものや、掛布団やシーツ、毛布などがセットになっているものなど、セットの内容は商品によってさまざまあります。セット内容を確認しながら選ぶとよいでしょう。

寝具のサイズと合ったシーツを選ぶ

ベビー布団に敷くシーツは商品によってサイズが異なるため、シーツのみを買う場合は、購入する前に使っている寝具のサイズを測りましょう。

サイズが違うと、シーツがずれて外れてしまったり、赤ちゃんが寝にくかったりすることもあるかもしれません。布団の汚れを防ぐためにも、寝具とサイズが合ったシーツを用意しましょう。

お手入れしやすいシーツを選ぶ

ベビー布団やシーツは、赤ちゃんのよだれや汗などで汚れやすいですよね。赤ちゃんの寝る場所を清潔に保てるように、手入れがしやすいシーツを選びましょう。

洗濯機で丸洗いできるシーツを選ぶのもひとつのポイントです。

洗濯機でシーツを洗う場合は、大きめの洗濯ネットに入れて、洗濯機を大物洗いコースや毛布コースなどに設定して洗うとよいようです。

寝具と合ったデザインのシーツを選ぶ

ベビー布団のシーツはカラーバリエーションも豊富で、幼児向けのキャラクターデザインのものもあります。

赤ちゃんが使っている毛布や掛布団と合うデザインのシーツを選ぶのもよいでしょう。

赤ちゃんが冬を快適にすごせるベビー布団のシーツを用意しよう

笑う赤ちゃん
hideous410 - stock.adobe.com
赤ちゃんが使うベビー布団のシーツには、敷布団を覆うようにして使うワンタッチシーツや、肌に直接ふえるように敷布団に敷いて使える敷きパッドなどがあります。

シーツによってサイズは異なるため、使っている寝具に合ったものを用意しましょう。ベビー布団とセットになったシーツも多くあります。

赤ちゃんの肌に直接ふれるシーツは、綿やガーゼなど肌ざわりのやさしい素材を選ぶとよいでしょう。赤ちゃんが冬を快適にすごせる暖かいシーツを用意できるとよいですね。

2019年12月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧