夫婦の食費事情。子どもの人数別の食費や変化、節約の工夫を調査。

夫婦の食費事情。子どもの人数別の食費や変化、節約の工夫を調査。

子どもが1人、2人、3人以上いる家庭の食費

夫婦の食費は、一月どれくらいかかるのでしょう。赤ちゃんが生まれ、子どもの人数が増えると、食費にかかる金額はどのように変化するのかや、食費の節約方法が気になるママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、夫婦の食費についてのアンケートの調査結果をもとに、各家庭の食費事情についてご紹介します。

夫婦の食費事情

夫婦の食費は月にどれくらいかかるのでしょうか。赤ちゃんが生まれて家族が増えたり、子どもが成長していくなかで、食費の変化が気になることもありますよね。

また、生活費に対する食費の割合や、子どもの人数別の食費などのくわしい事情は、面と向かって聞きにくい場合もあるかもしれません。

今回は、夫婦の食費について、KIDSNA独自のアンケート調査を行いました。調査結果をもとに、夫婦や子どものいる家庭の食費事情や節約方法について解説します。

夫婦の食費はいくら?

iStock.com/pcess609

夫婦の月の食費や、生活費に対する割合はどのくらいでしょうか。アンケート調査の結果をもとに、ご紹介します。

月の食費はいくらですか?

月の食費を教えてください

今回のアンケート調査の結果によると、月の食費が5万円以上という回答が最も多く、全体の約4割を占めました。次に~3万円、~4万円という回答があり、月の食費は家庭によってさまざまなようです。

1カ月の食費は、家族構成によって変わってくるかもしれません。また、外食をするかどうかで、金額が左右されることもありそうです。

食費は生活費の何割を占めていますか?

食費は生活費の何割を占めていますか?

生活費に対する食費の割合は、~2割という回答が最も多く、次いで~1割、~3割という結果になりました。生活費は、共働きかどうかや、世帯年収によって違いがあるのかもしれません。

また、家賃やローンなどにかかる金額も家庭によってさまざまでしょう。生活費がいくらかかるかによって、食費を占める割合は変化するようです。

子どもの人数別の食費はいくら?

子どもの人数によって食費は変化するのでしょうか。1人、2人、3人以上のそれぞれの食費についてアンケート調査の結果をもとにご紹介します。

子どもが1人の場合

子どもが1人家庭の食費を教えてください

今回のアンケート調査の結果によると、子どもが1人の家庭の食費は、3万円という回答が最も多く、全体の約3割を占めました。

次いで、5万円、6万円以上という回答が多い結果になりました。

子どもが2人の場合

子どもが2人家庭の食費を教えてください

子どもが2人いる家庭の食費は、5万円という回答が全体の約3割を占め、次いで6万円以上、4万円という結果になりました。

子どもの人数が1人の場合と比べると、食費は多くかかるようです。

子どもが3人以上の場合

子どもが3人以上いる家庭の食費を教えてください

子どもが3人以上いる家庭の食費は、6万円以上という回答が最も多く、全体の約6割を占めるという結果になりました。一方で、3万円、4万円という回答もあり、家庭によって食費はさまざまなようです。

今回のアンケート調査の結果によると、子どもの人数に比例して、食費は増える傾向にあることがわかりました。子どもの年齢や成長によって、食費にかかる金額も変化していくようです。

子どもが増えたことで感じる食費の変化

食べ物
iStock.com/fcafotodigital

実際に、ママやパパたちは、子どもが増えたことによる食費の変化をどのように感じているのでしょうか。

40代1児のママ
子どもが3歳になり、外食が増えたことで食費が上がりました。
30代2児のママ
赤ちゃんのときは母乳だったので、食費にかかる金額はゼロでしたが、6歳と2歳の男の子2人では大人1人前位食べてしまいます。ここ1~2年でかなり増えました。
30代1児のママ
夫婦だけのときはあまり気にとめなかった食材や調味料などをこだわるようになってから、食費にかかる金額が高くなった気がします。
30代3児のママ
なるべく品質のよい物(有機や無農薬)を選ぶため、どうしても食費が高くなってしまいます。

子どもが赤ちゃんの頃は、食費はあまり変わらないようですが、子どもが成長してよく食べるようになると、食費が以前より高くなったと感じている家庭は多いようです。

一方で、ミルクを使っているママのなかには、赤ちゃんの頃でもミルク代がかかるという声もありました。

子どもが口にする食材を気にしたり、外食が増えたりすると、食費はどうしてもかさみがちになってしまいます。食費の節約に悩んでいるという声も多くありました。

食費を節約するための工夫

子どもの人数が増えるとかさばってしまいがちな食費ですが、じょうずに節約したいママやパパもいるかもしれません。食費の節約方法について調査しました。

食費を節約する工夫を教えてください

今回のアンケート調査の結果によると、価格を抑えるという回答が最も多く、次いで予算を作る、家計簿をつけるという結果になりました。

その他の回答として、安いスーパーや特売日の活用しているという声や、まとめ買いをして節約しているという声がありました。

食費は、子どもの成長によって変化するため、定期的に振り返りながら節約方法を考える必要がありそうです。

家庭によって食費はさまざま

iStock.com/itakayuki

今回のアンケート調査の結果をみると、夫婦の食費は家庭によってさまざまなことがわかりました。子どもの人数が1人、2人と増えていくにつれ、食費は人数に比例して上がる傾向があるようです。

赤ちゃんの頃はあまり変化を感じなかった食費も、子どもの成長によって、食べる量が増えたり、口にする食材を気にすることで、以前より高くなったと感じるのかもしれません。

食費を節約するために、食材の価格を抑えたり、予算を決めて家計簿で管理している家庭もあるようです。定期的に家計を見直しながら、食費と向き合っていくことが大切なのかもしれません。

【調査概要】
・対象:KIDSNA読者へアンケート調査を実施
・調査期間:2019年8月5日~2019年8月9日
・回答数:25人
・調査期間:2019年8月12日~2019年8月20日
・回答数:40人

2019年08月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧