子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年07月19日

英語の絵本の読み聞かせデビュー。コツや方法、親が英語を話せなくても大丈夫?

英語の絵本の読み聞かせデビュー。コツや方法、親が英語を話せなくても大丈夫?

子どもに英語で読み聞かせしたいけれど、自分は英語が苦手だから…とあきらめてしまう方も多いかもしれません。でも読み聞かせに英語力は関係ありません。英語の絵本での読み聞かせデビューのコツと効果を紹介します。

親が英語を話せなくても大丈夫

耳慣れさせるのが大切

英語にかぎったことではありませんが、読み聞かせが良いといわれる理由の1つはことばが耳に慣れることです。

日本語は日本で生活をしていれば、いつでもどこでも耳に入ることばですが、英語はそう簡単に耳には入ってきません。発音の完璧さよりも、英語の絵本の読み聞かせで、耳に英語が入ってくる時間を作ることが大切です。

親子のコミュニケーション

子どもが一番安心できる親が英語を話すことにより、英語がより身近に感じるでしょう。英語をいっしょに発音してみたり、感想を言い合いながら、共に学び、楽しむことで、親子のコミュニケーションはより深くなりそうですね。海外の絵本は色彩も原色が使われ、アーティスティックなものも多いので、見ているだけで楽しいですよね。そこから楽しい会話が生まれてきそうです。

正しい発音はCDやスマホを活用

英語の発音は気にしなくても良いとはいっても、正しい発音も気になりますよね。そのような場合は、本に付属されているCDやスマホで音声をダウンロードできるものも増えているので、活用すると良いでしょう。

最初は音声を流しながら、親がページをめくっていき、どの部分のストーリーを話しているか把握しましょう。そして、把握ができたら次は親が読みます。流れる音声と絵本の文字(単語)をすり合わせながら、マネをしてみてください。それを繰り返すことで子どもだけではなく、親も英語が上達しそうですね。

英語の絵本の読み聞かせのコツ

絵本を読む女の子

英語の絵本の読み聞かせはいつから?

英語、日本語に関係なく、絵本の読み聞かせは0歳からすすめられているほど、早ければ早いほど良いそうです。生後3~4カ月以降、首がすわるようになってからは視力や視野も向上するので、より絵本に興味を持ち、リアクションも見せるようになるでしょう。

成長に合わせて一方的に読み聞かせるのではなく、絵を見ながらお話ししたり、登場する動物や乗り物の名前を教えたりして、楽しむポイントを作ってあげることがコツです。

本の選び方

本を選ぶときは必ず簡単なものから始めましょう。色のものや、単語だけの本も出ています。日本語を学ぶ過程でも、いきなり文を話し始めるのではなく、単語から始まりますよね。英語の絵本の推奨年齢が実際の年齢よりも低くてもまったく問題ありません。英語に慣れ親しむにつれ、徐々にレベルアップしていくのも楽しみ方の1つになります。

少しずつ文章が分かると、シリーズものも良いかもしれません。また、日本語で慣れ親しんでいる絵本の英語版に挑戦するのも、内容が分かっているぶん楽しく読み進められそうですね。

ゆっくり、強弱をつけて読む

本を読むときはゆっくりと強弱をつけて読むようにしましょう。慣れない英語を読もうとすると、ついつい焦って早口になりがちですが、「普段の会話の半分くらいの速さ」を意識するとちょうど聞きやすいテンポになります。日本語にはあまり強弱がありませんが、英語はとても強弱の強い言語です。強弱を意識して読み聞かせをすると伝わりやすいでしょう。

最初から最後まで読もうとしない

絵本を読み始めたら最後まで読まないと…!という固定観念が大人にはありますが、子どもは自由です。子どもが本の途中で読むのをやめたいときもあるかもしれませんが、むりして最後まで読ませようとしなくて大丈夫です。せっかくの楽しい時間にネガティブな印象が入ってしまうと、英語や絵本が嫌いになってしまう可能性が出てきます。

英語の絵本の読み聞かせの効果

繰り返しでことばが増える

日本語の環境で日本語力がどんどん育つように、英語も読み聞かせを続けていくことで、ことばが増えていきます。そのときに大切なのは、繰り返すこと。子どもは気に入ると何回も繰り返し本を読みたがります。筆者も、多いときには5回ほど読み聞かせの繰り返しをせがまれます。繰り返すことで、ことばの記憶が増えていきます。

想像力が育つ

絵本の読み聞かせは一般的に想像力が育ちやすいものですが、英語を使うことで、絵と知らないことばが結びつき、想像をするようになります。もしかしたら、本当のストーリーの解釈は違うこともあるかもしれませんが、子どもなりの解釈を聞くのも楽しいですね。

親子の楽しみと学びの時間として

絵本と笑顔の親子

英語の絵本の読み聞かせは、英語が苦手な親にとってはなかなか手を出しづらいジャンルかもしれませんが、「親子でできる楽しみの時間」として行うことをおすすめします。決して構える必要はなく、むしろ子どもと一緒に学べる貴重な機会ととらえて英語の絵本の読み聞かせデビューをしてみてはいかがでしょうか。

英語の関連記事
  • 日本語が先か、英語が先か。0歳から子どもに英会話を習わせる効果的な順番

    日本語が先か、英語が先か。0歳から子どもに英会話を習わせる効果的な順番

    2020年に英語が小学校の正式教科になることから、今子どもの英語教育に関心が集まっています。確かに、日本語の読み書きと違って、親なら誰でも教えられるというものでもないので、不安を持つお母さんたちも多いことでしょう。今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、0歳からの子どもの英語教育では日本語と英語のどちらが先が効果的なのかというお話をします。

    平川裕貴

  • 幼児期からの英語教育と日本語への影響。2020年英語教育改革に向けて知りたいこと

    幼児期からの英語教育と日本語への影響。2020年英語教育改革に向けて知りたいこと

    英語教育は幼児期から始める方がいいと言われても、まず多くの人が不安に感じるのは、日本語に影響はないのかということかもしれませんね。今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、さまざまな事例から、この不安にお答えしたいと思います。

    平川裕貴

  • 英語の絵本の読み聞かせデビュー。コツや方法、親が英語を話せなくても大丈夫?

    英語の絵本の読み聞かせデビュー。コツや方法、親が英語を話せなくても大丈夫?

    子どもに英語で読み聞かせしたいけれど、自分は英語が苦手だから…とあきらめてしまう方も多いかもしれません。でも読み聞かせに英語力は関係ありません。英語の絵本での読み聞かせデビューのコツと効果を紹介します。

  • これからは英語が必須?バイリンガル教育と子育て、海外の英語教育事情など

    これからは英語が必須?バイリンガル教育と子育て、海外の英語教育事情など

    小学校の教育において英語が必修科目(予定)となる2020年まで数年。「グローバル」という意識がより強くなっている昨今、バイリンガル教育を考える両親も多いと思います。子育てや習い事の中で「英語」は最も頻繁に使われるキーワードではないでしょうか。実際のバイリンガル子育てを見て感じたこと、また海外での英語教育事情など、筆者の体験を交えて紹介していきます。

  • 「子ども留学」はいつから?就学前に知っておくべき費用や注意点

    「子ども留学」はいつから?就学前に知っておくべき費用や注意点

    グローバル化する社会で、未来を担う子どもたちはさらに英語力が必要とされていくことでしょう。そのような社会で生きていくため「将来子どもを留学に行かせたい」と考えるママも多いのではないでしょうか?今回は生きた英語を学べる「留学」という選択肢について、留学の現状や費用などを調査してみました。

  • なぜ英語に「夫婦」という単語がない?結婚に対する、欧米と日本のちがい

    なぜ英語に「夫婦」という単語がない?結婚に対する、欧米と日本のちがい

    『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身につけさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱している平川裕貴です。筆者は、長年欧米文化に触れてきて、文化の違いに驚き、考えることが多々ありました。そんな筆者に、今回はとても面白いテーマをいただきましたので、それについて書いてみたいと思います。「英語にはなぜ夫婦という単語がないのか」という疑問です。

    平川裕貴

カテゴリ一覧