【教育・子育て本8選】保護者に読んでもらいたい話題の書籍

【教育・子育て本8選】保護者に読んでもらいたい話題の書籍

さまざまな育児書や教育本が発売されているなか、どれを選べばよいか迷うという方もいるかもしれません。そこで今回は、昨年発売の教育・子育てに関する書籍を厳選してご紹介。共感必至の子育てエッセイから、保護者のための性教育の教科書、男性育休に切り込んだ1冊まで、幅広いジャンルの話題の書籍をまとめました。

人気インフルエンサーによる共感必至の子育てエッセイ

#ほどほど育児~失敗したっていいじゃない~

「#ほどほど育児~失敗したっていいじゃない~」は、人気子育てインフルエンサー・木下ゆーき氏による初の子育てエッセイ。日々育児に奮闘するママやパパたちに、少しでも肩の力を抜いて「ほどほどに」頑張ってもらえたらという想いの詰まった1冊です。

子どもの「なんで?」に対するスペシャリストの回答を紹介

3・4・5歳のこどもの「なんで?」早引き事典 Light

質問期における子どもの「なんで?」「どうして?」の質問攻めに対して、回答例を紹介する『3・4・5歳のこどもの「なんで?」早引き事典 Light』。それぞれのスペシャリストたちが、答えに正解はなく、子どもと向き合う時間こそが一番大切であるというメッセージを届けます。

子どもの性教育に関する悩みに答えるお助けガイド

初めて「性」のことを子どもに伝えるパパとママのための教科書

『初めて「性」のことを子どもに伝えるパパとママのための教科書』では、現役の保護者のリアルな性教育の疑問や質問に、経験豊富な著者が丁寧に回答。マンガを多用した極めてカジュアルな誌面で、親しみやすくわかりやすい、すぐに役に立つ1冊です。

東京大学名誉教授に聴く子どもの性質を伸ばす方法

「後伸びする子」に育つ親の習慣

『「後伸びする子」に育つ親の習慣』では、著者である東京大学名誉教授の柳沢幸雄氏が、子どもが本来持っている性質を伸ばすための、適切な子どもとの距離感や接し方をわかりやすく解説。我が子を「後伸びする子」に育てるメソッドが豊富に詰まった書籍となっています。

一母親である著者が語る子育てのヒント

天才IT相オードリー・タンの母に聴く、子どもを伸ばす接し方

台湾の天才IT担当大臣オードリー・タンを育て、自ら学校を作った母、李雅卿(リー・ヤーチン)氏が、親・子・先生の疑問に答える、「天才IT相オードリー・タンの母に聴く、子どもを伸ばす接し方」。子どもの成長と格闘してきた著者が、子どもの性格や、学習の速度に応じた接し方をアドバイスします。

成功する子はやりたいことを見つけている 子どもの探究力の育て方

「成功する子はやりたいことを見つけている 子どもの探究力の育て方」は、「マザークエスト」代表の教育ジャーナリスト 中曽根陽子氏の著書。教育ジャーナリストとして、そして自身も子育てを経験したからこそ語れる、探究力の育て方のヒントが満載の1冊です。

男性の育児参加や育休取得について向き合った書籍

パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ!ママの社会進出と家族の幸せのために

「パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ!ママの社会進出と家族の幸せのために」は、認定NPO法人「フローレンス」で働く、前田晃平氏の大人気note連載を書籍化した1冊。「男性育休」「長時間労働」「子育て自己責任論」「夫婦間の不平等」について、豊富なデータに実体験を交え、わかりやすく解説されています。

なぜパパは10日間の育休が取れないのか?ー家族も、自分も、会社も、みんなが幸せになる育休の取り方・過ごし方・戻り方ー

「男性の育休」という選択肢が存在する社会を目指す想いから生まれた、「なぜパパは10日間の育休が取れないのか?ー家族も、自分も、会社も、みんなが幸せになる育休の取り方・過ごし方・戻り方ー」。「男性育休のリアル」に正面から対峙し、男性が育休を取得するということは、パパだけでなく、家族や会社などみんなで考える必要性があるということを伝えます。
「教育」や「育児」に関する記事がまとめて読める!
▼今すぐアプリをDL!!▼

2022年01月05日

関連記事

  • 近年よく耳にするSDGs。未来を担う子どもたちも、学校などにおいてこのテーマに触れる機会が増えることが考えられます。そこで、KIDSNA fo KIDSAシリーズにて、書籍『数字でわかる!こどもSDGs』を原作にアニメ動画を制作。数字が伝える世界の現実をご紹介します。

  • KIDSNA編集部が選ぶ、子育てや教育に関する話題の最新書籍。今ある職業の大半がAIやロボットに代替されるといわれて10年近くがたちました。実際、なくなりつつある仕事がある一方で、新たな仕事も数多く生まれてきています。今回は、『今ない仕事図鑑100』『今ない仕事図鑑ハイパー』(講談社)から、今ない仕事を生み出した日人たちへのインタビューを一部抜粋・再構成してお届けします。

  • 私たちにとって、お金と関わりを持たずに生活することは避けられません。生活スキルとして欠かせない「金融リテラシー」を子どもに身につけてもらうために、保護者はどのようなことができるでしょう。金融リテラシー・マップを使った子どもへの伝え方や、金融リテラシークイズ、保護者の体験談をご紹介します。

  • スマホやタブレットが普及した昨今、予期せぬタイミングで子どもが性について触れてしまうこともあります。では、子どもの性教育は何歳からはじめるのが適切なのでしょうか。性教育のスタートについて日本と世界の基準を比較。実際に、性教育を実施している保育園を訪れ、幼児期からの性教育の必要性について伺いました。

  • 知りたいことに対してまっすぐな好奇心を持つ子ども。一方で、友だち関係や思春期の悩みを持つ子どももいるかもしれません。今回は、好奇心を刺激する図鑑から、さまざまな悩みへのアドバイスを伝える実用書まで、子どもたちに寄り添う書籍をピックアップ。新しい一年の始まり、我が子に贈る1冊を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • 昨今、重要性が叫ばれている家庭での性教育。子どもが疑問を持ち始めた頃が始めどきとはいえ、保護者自身も学校で十分に教わっていないことから、どう教えたらよいか悩む方も多くいるのではないでしょうか。幼児期に性教育が必要な理由から子どもへの性の伝え方、性犯罪から子どもを守る防犯対策までをまとめました。

  • 1990年代後半に生まれ、スマートフォンやSNSが当たり前にある中で育ったソーシャルネイティブである「Z世代」。今回は、そんな多方面で活躍するZ世代の10人へ、これまでに取材した記事をまとめました。彼らが育ってきた環境やマインドセットから、我が子への接し方や子育てのヒントを見つけてみては。

  • ゆっくりと過ごす時間のある冬休みを使って、子どもにドリルをやらせたいと考えるママ・パパもいることでしょう。今回は、小学校の科目とは違う、子どもが遊び感覚で取り組めるような8つのドリルを紹介します。楽しんで取り組める工夫もたくさんあり、自主的にやりたがる子どもも多いかもしれません。

  • 近年話題になることの多い、幼少期からの性教育。小さいうちからの取り組みが大切などと聞くけど、実際にはどうしたらいいのか分からない保護者も多いでしょう。今回は「お風呂ではじめる性教育」をテーマに、中学校や高校で性教育の講演活動を行う産婦人科医の遠見先生に、性教育への取り組み方について話を聞きました。

    株式会社ノーリツ

    PR

  • 子育てに関するママパパのさまざまなお悩みに、現役保育士のてぃ先生とKIDSNA編集長・加藤が赤裸々にトークするKIDSNA TALK。今回はスペシャルゲストとして花まる学習会代表の高濱正伸先生との対談が実現!教育をテーマに「コロナ禍で子どものためにできること」「生涯にわたって役立つ力の育み方」について、てぃ先生と熱くトークします。

    KIDSNA TALK

  • 1歳~3歳頃は言葉がどんどん発達する時期。「いろんな言葉を覚えてほしい」「豊かな語彙力を育てたい」と思うこともあるでしょう。子どもと楽しくコミュニケーションをとりながら、言葉を育てていくにはどうすればいいのでしょうか。

    マテル・インターナショナル株式会社

    PR

  • お子さんをほめるとき、どんな声かけをしていますか?

カテゴリ一覧