【産婦人科医監修】胎教とは。いつからはじめたらよい?

【産婦人科医監修】胎教とは。いつからはじめたらよい?

胎教を行うときの注意点について

胎教という言葉を聞いたことはあるけれど、具体的にどのようなことをしたらよいのだろうと思っている人は多いでしょう。胎教とはどのようなことで、いつからはじめるのがよいのか解説します。また胎教にいいことと、胎教を行うときに気をつけることも併せてご紹介します。

胎教とは

胎教とは、お腹のなか赤のちゃんとコミュニケーションをとって、胎児によい影響を与えることです。妊婦さんがママになる自覚を持つことにもつながるといわれています。

お腹のなかの赤ちゃんによい影響を与えるためには、ママ自身がなるべくストレスがない環境のなか、穏やかな気持ちで妊婦生活を楽しむことが重要です。

胎教はいつから始める?

妊婦のお腹
iStock.com/Yue_

胎教はいつからはじめるのがよいのか気になる人がいるでしょう。胎教をいつからはじめた方がよいのかはっきりした時期は決まっていません。

妊娠18週(妊娠5カ月)頃になると、ママやパパの声がお腹のなかの赤ちゃんに聞こえるようになるといわれています。また妊娠5~6カ月頃になると胎動を感じやすくなるため、お腹に触れたりお腹のなかの赤ちゃんに話しかけるなどの胎教を始める人が多いかもしれません。

しかし、胎教にはこうしなければいけないというルールはないので、興味を持って自分がやりたいと思ったときに始めるのがおすすめです。

胎教にいいこと

胎教とは具体的にどのようなことをするのでしょうか。

話しかける

お腹に話しかける子ども
iStock.com/karinsasaki

お腹のなかの赤ちゃんに「おはよう」や「おやすみなさい」などの挨拶をしたり、日常のできごとのうれしかった気持ちや楽しかったことなどを声に出して話しかけましょう。声に出さずに、心の中で伝えてもよいです。

なかにはお腹の赤ちゃんに胎児ネームをつけて、赤ちゃんに親しみを込めて話しかけたり、名前を呼んだりする人もいるようです。

赤ちゃんが成長するにつれて、ママの声を聞き分けることができるようになる場合もあるので、積極的に話しかけるとよいです。

お腹をなでる

胎動を感じ始めたら、赤ちゃんがお腹を蹴ったときに優しくたたき返したり、なでると赤ちゃんとのコミュニケーションがとれます。
ママだけでなく、パパやお兄さん、お姉さんもたくさんお腹をなでてあげて下さい。

お腹をなでて、お腹が張るときにはなでる以外の胎教を試してみるとよいでしょう。

音楽を聴く

音楽を聴くことも胎教になります。胎教にはクラシック音楽がよいといわれていますが、ママがリラックスできて好きな音楽であれば、クラシック音楽でなくてもよいです。

妊娠中は、身体をゆっくり休めた方がよいため、なるべく大音量は控えてママがストレス発散できる程度の音量にしましょう。

オルゴール調の音楽や海、風の音、鳥のさえずりなどの音は自然とリラックスできるので、胎教におすすめです。

絵本を読む

胎教には絵本を読むこともよいといわれています。

ママやパパが好きな本を選び、感情を込めて読んだり、リズムの面白さを伝えるように読むとよいでしょう。

初めからストーリーのある本ではなく、擬音語で書かれている絵本だと、出産後に実際に赤ちゃんの読み聞かせができるのでおすすめです。

適度な運動

ストレッチやマタニティヨガなど妊婦さんでもできる運動も胎教になります。

ストレッチやヨガが難しい場合は、散歩でもよいです。ママがリフレッシュできて、気持ちよいと感じることが大切です。歩く早さやリズムは関係ないので、ママがストレス発散できて楽しめることが重要です。

胎教をするときに注意すること

胎教を行うときに気をつけることをご紹介します。

ママがリラックスをする

胎教を行うときはママがリラックスをしてストレスを感じていないことが大事です。

ママのストレスはお腹のなかの赤ちゃんにも伝わるといわれているため、イライラしてママの心拍数が上がると赤ちゃんの心拍数も上がる場合があります。

無理をしない

胎教で運動を取り入れるときは無理をしないことが大切です。運動中にお腹の張りや疲れを感じたら途中でもやめましょう。

体調が優れないときは、運動は控えて安静にすることが妊婦さんには必要です。

楽しみながら胎教を取り入れて赤ちゃんとコミュニケーションを取ろう

お腹に話しかける旦那さん
iStock.com/Milatas

胎教とは、教育的なことだと思っている人も少なくないかもしれませんが、胎教はお腹のなかの赤ちゃんとのコミュニケーションをとることなのです。ママがリラックスをして妊婦生活を送ることで胎児にもよい影響を与えます。

胎教はいつから始めた方がよいのかについては決まりはなく、ママが始めたいと思ったときにいつでも始めることができます。妊娠がわかったときから始めてもよいです。

胎教にいいことには、お腹をなでることや赤ちゃんに話しかけることから、音楽を聴いたり、絵本を読むことなどさまざまありますが、音楽や絵本を取り入れるときは、ママがリラックスできたり、お気に入りの内容のものを選ぶことが望ましいです。

胎教を行うときには、ママがストレスにならずに楽しんで行うことがポイントです。楽しんでできる胎教で赤ちゃんとの愛情を深めましょう。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年02月16日

専門家のコメント
22
    かよう先生 保育士
    胎教は教育的なイメージがありましたが、お腹の中の赤ちゃんとコミュニケーションって考えると無
    のの先生 保育士
    初めのころは、胎教に良い音楽をYouTubeで流していましたが、わたしのほうが聞いていられ
    ぷん先生 保育士
    胎教と聞くと構えてしまいますが、赤ちゃんとのコミニュケーションと考えると素敵な時間になりそ
    せおみ先生 保育士
    胎教ははい。今から始めます。と気合を入れて行うものではなく、生活の中で自然にしていたことか
    ぺち先生 保育士
    義母は妊娠中、絵本を読んでいたと言っていました!私は特に何もしていないですが、、笑
    胎動を
    あー先生 保育士
    胎教と意識してはいませんが、話しかけたり絵本を読んだり、自分がストレスがない程度出来る範囲
    いちご先生 保育士
    胎教は割と早いうちから私は一人目も二人目もやっていました。名前で呼びかけたり、検診の前に「
    くじら先生 保育士
    赤ちゃんに話しかけたりお腹をトントン軽く叩いたりしていました。ママがご機嫌なのが一番だと思
    cocoまま先生 保育士
    胎教特に1人目の時は色々調べてやってみたりしました^ ^元々夫婦で音楽が好きだったので聞い
    cocoまま先生 保育士
    色々聞かせてあげたり話しかけてあげたりも良いですが、ママがリラックスしたり、美味しいものを
    みぃ先生 保育士
    お腹を撫でたり赤ちゃんに話しかけたり、リラックス出来る音楽を流したりしました。私だけでなく
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ