【体験談】臨月に見られる出産の兆候。産まれる間近や兆候なしの場合

【体験談】臨月に見られる出産の兆候。産まれる間近や兆候なしの場合

ママたちが感じた兆候とは?

臨月に入ると、産まれる前はどのような兆候があるのか知りたい方もいるかもしれません。兆候がない場合もあるのか気になる方もいるようです。今回の記事では、臨月に見られる兆候や産まれる間近の兆候、兆候なしの場合を体験談を交えてご紹介します。

臨月や産まれる前の兆候

臨月になると、体にさまざまな変化が現れることがあるかもしれません。体に変化が現れた場合、これは産まれる前の兆候なのかどうか悩む方もいるようです。産まれる前の兆候は個人差があるようで、兆候なしで出産に進む場合もあるようです。ここでは、臨月のときや産まれる間近の兆候の特徴と、兆候がなかった体験談をママたちに聞いてみました。

臨月にあった兆候

臨月に入ると、赤ちゃんを出産するために母体ではさまざまな変化があるようです。ママたちが臨月に感じた兆候をご紹介します。

お腹が下がってくる

「お腹が大きくなってきた妊娠後期から、毎日鏡で横からお腹の膨らみを見るのが習慣になっていました。臨月に入った次の週にお腹の膨らみが下の方に下がってきたのを感じました」(30代ママ)

「自分では気づかなかったのですが、臨月に母親がお腹の膨らみが下腹部の方へ下がっていることに気づきました。その次の週に赤ちゃんを出産しました」(30代ママ)

臨月に兆候を感じたママのなかには、お腹の膨らみが下がったように感じたというママがいました。毎日お腹を観察していると、少しの変化にも気づくことがあるのかもしれません。

腰が痛くなる

妊婦
iStock.com/Sorajack

「妊娠後期から腰痛がありましたが、臨月中盤にひどくなりました。歩いているときに特に痛みを感じました」(30代ママ)

「臨月になったら腰に痛みを感じるようになり、1週間程経つと背中にも痛みを感じるようになりました。ストレッチをしても痛いままだったので、出産が近いのかなと思いました」(20代ママ)

臨月になると、腰に痛みを感じるようになったというママもいるようです。座っているときや立っているとき、腰にだるさを感じることがあったというママの声もありました。

胎動の様子が変化する

「臨月に入るまでは、1日のなかで胎動を感じることが多くありました。臨月に入ってしばらくすると胎動の回数が減ってきたように感じました」(30代ママ)

「それまで胎動が激しくお腹をボンボン蹴っていましたが、臨月には静かになり、胎動の回数も少なくなったように感じました」(30代ママ)

臨月前に感じていた胎動の強さや回数が変化したように感じるママもいるようです。毎日胎動を感じながら、赤ちゃんが生まれてくることを待ちわびていたので、胎動の変化には気づきやすかったというママの声もありました。

産まれる間近の兆候

産まれる間近になると、臨月にあった兆候とはまた違った兆候が出てくる場合もあるようです。産まれる間近にどのような兆候があったのか、ママたちに聞いてみました。

おしるし

トイレ
iStock.com/TheDman

「トイレで用を足したら、茶褐色の血がトイレットペーパーに少量ついていました。その3日後に出産しました」(30代ママ)

「生理の終わりかけくらいの出血が出てから次の日に陣痛が始まりました。今思うと、赤ちゃんが産まれる間近の兆候だったのかなと思います」(20代ママ)

出産が近くなると、少量の血が出るおしるしがあったというママもいるようです。おしるしがあった場合も、そこから出産に進むまでの時間や日数はママによってもさまざまかもしれません。

不規則なお腹の痛み

「今考えると、規則正しい間隔で痛む陣痛が始まる前に、不規則にお腹が痛むことがありました。痛み出したり遠のいたりしたあと、一旦痛みがおさまったりしていたので、ただの腹痛かと思っていました」(30代ママ)

本陣痛の前に不規則なお腹の痛みを感じていたというママもいました。不規則なお腹の痛みを感じても、その後に陣痛がくる場合や一旦痛みがおさまる場合などママによっても違いがあるかもしれません。

破水

「予定日前日に、尿もれのような感覚がありました。自分の意思では止めることができず、破水したのかと思い病院に連絡をしました」(30代ママ)

出産前の兆候として、破水をしたママもいるようです。破水なのかどうかが自分で判断できない場合は、早めに病院に連絡するとよいかもしれません。

兆候がなかった場合も

臨月や出産間近でも兆候なしだったママもいるようです。兆候がなかったというママの体験談をご紹介します。

「出産予定日が近づいても、腰が痛くなったり胎動の変化は特になく、兆候なしで陣痛がきました。胎動は産まれる当日まで元気よくお腹を蹴っていました」(30代ママ)

「自分では臨月や産まれる日まで兆候を感じませんでした。自分が気づかなかっただけかもしれませんが兆候がないまま妊婦健診に行き、次の日に陣痛がきて出産しました」(20代ママ)

特に母子の変化がなく出産を迎えたというママもいるようです。予定日になっても兆候がみられず不安になりそうだったけれども、出産に備えて大らかな気持ちでいるようにしたというママの声もありました。

産まれる前の兆候はそれぞれ  

妊婦のママと子ども
iStock.com/monzenmachi

臨月に入り、赤ちゃんが産まれる兆候として、ママも自分の体調などに変化を感じることもあるようです。一方で、兆候なしのまま出産を迎えたママもいるかもしれません。産まれる前の兆候は、ママたちの感じ方によってもさまざまなようですが、落ち着いた気持ちで赤ちゃんを迎えられるとよいですね。

2018年11月01日

専門家のコメント
18
    のの先生 保育士
    私は破水からスタートしました。明後日旦那の出勤前の破水だったので、すぐに休みを取ってもらい
    せおみ先生 保育士
    三度の出産の3日から1週間ほど前に、今までとは違う、子宮がどーんとした鈍痛を朝起きた時から
    あー先生 保育士
    私は破水を最初にしたので、産院に連絡しそのまま入院になりました!感染しないよう薬を服用し、
    いちご先生 保育士
    破水やおしるし、前駆陣痛などでしょうか。私は夜中に前駆陣痛から始まり、その翌々日に生まれま
    ぺち先生 保育士
    お腹が下がってくるとか、おしるしがあるとか言いますが、私はなかなかお腹が下がってくる感じが
    いちぽ先生 保育士
    37週0日で出産しました。
    突然朝方破水してその日の夜には陣痛出産で予兆は感じられませんで
    すみっこ先生 保育士
    破水、おしるしがあるのかなと思って構えていましたが
    夜中に急に陣痛が始まりました。
    あれ、
    めい先生 保育士
    出産の兆候はあまりなかったです。
    ずーっといつかなとソワソワしていましたが、出産日の前日に
    くじら先生 保育士
    予定日になっても全然生まれてくる気配が無かったです。ウォーキングをしたり階段の登り下りをし
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧