妊娠して子どもが産まれたらかかるお金。未就園児の年間子育て費用は〇〇万円

妊娠して子どもが産まれたらかかるお金。未就園児の年間子育て費用は〇〇万円

妊娠から出産まで、子どもができたらかかるお金は総額いくらぐらいなのでしょうか。出産費用や子どもが生まれたら支給されるお金、未就園児の年間子育て費用について調べ、その費用の抑え方について考えてみました。

妊娠出産から乳児期まで、かかるお金は

平成21年度に行われた内閣府の調査によれば、出産関連費は平均で約185,000円、未就園児の年間子育て費用は約843,225円だそうです。

資料① 出産前後の費用について:内閣府政策統括官『平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査全体版』(平成22年4月発表)
資料② 年間子育て費用額「調査結果」:内閣府政策統括官『平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査全体版』(平成22年4月発表)

想像以上に大きな数字だと感じる方も多いのではないでしょうか。

妊娠・出産時

子どもが生まれたら、支給されるのは「42万円」

社会保険、もしくは国民健康保険から子ども一人につき一律42万円が支給されます。分娩入院費が42万円より下回る場合、別途申請すればその差額が口座に振り込まれます。


出産場所による費用のちがい

病院や出産方法などの選択によって、かかるお金にも幅があるようです。

・個人病院>総合病院>助産院・自宅出産の順に費用が安くなることが多い

・都心より地方の病院の方が安くなることが多い

・定期健診や血液検査の回数が多い病院は、総合的に妊娠中の費用が高くなる

という特徴があるようです。

選ぶ方法によって50~100万円の開きが出る可能性もあるので、出産場所を決める際には、病院に直接問い合わせたり先輩ママの体験を聞いたりして、事前に費用を確認できたらいいですね。

出産方法によっても費用が異なる

出産方法によってもかかるお金が大きく異なります。

・普通分娩に比べ、無痛分娩や帝王切開は費用が高いことが多い

・病院によっては入院時の個室利用に別途料金がかかる

・出産が深夜や早朝、休日になった場合は時間外手当を取られる場合がある

・産後の食事が豪華だったり、マッサージやエステを受けられるなど、付加価値のついた産院は費用も割高になる可能性が高い

出産する病院や方法を検討することによって、かかるお金は大きく異なるようです。

帝王切開を含め、治療を必要とする妊娠と出産には健康保険が適用となります。高額療養費や、ママの働き方によっては傷病手当金が対象となる方もいますので、万一に備えた制度を確認しておきましょう。

個人病院を選んだ体験談

筆者は個人病院&個室を選んだことで結構なお金がかかってしまいましたが、結果的にはそれでよかったと思っています。産後の貧血がひどく体調がすぐれなかったので、個室でゆっくり休息をとりました。

豪華な産院にしたい、帝王切開が決まっているなど、お産方法は個人の希望やその時の状況で予定が変わることもあるかもしれません。

夫婦で充分に検討して、納得のいく形を選べたらいいですね。

子どもが生まれたら

子どもが生まれたらかかるお金を抑えるには、どのような方法があるのかについて考えてみました。

医療費控除の手続きをする

妊娠してからのお金の計算

確定申告をして、医療費が多くかかった年に還付金を受け取れる制度です。

・妊娠と診断されてからの定期検診や検査の費用

・通院にかかった交通費

・入院費

・産後の1カ月検診

・助産師による産後ケアや母乳指導にかかった費用

ほかにも意外なものが対象になるので、きちんと領収書を取って確認しておきましょう。

ベビー服はすぐ小さくなる

筆者の子どもが赤ちゃんの頃、60~80サイズのベビー服はそれぞれ3カ月ほどしか着用していませんでした。

ベビー服はすぐに小さくなるので、おさがりや安価なものを選ぶことで、子どもが生まれてからかかるお金を少し抑えられると思います。

布オムツに挑戦してみる

子どもが生まれてから1歳になるまで、オムツにかかるお金を計算してみました。

15円(オムツ新生児~Mまで1枚の平均額)×10回(1日の使用量)×365日(1年)=54,750円

オムツが外れるまで平均2~3年かかるので、合算するとオムツ代も大きな出費になりそうです。

もし布オムツに挑戦してみたいママがいたら参考にしていただけたらと思います。

おもちゃは厳選して買う

最近は赤ちゃんのおもちゃも、大人が欲しくなるようなかわいいものもたくさんありますよね。

子どもができたら買ってあげたいおもちゃがどんどん出てくるかもしれませんが、成長とともにすぐに遊べなくなるおもちゃもあります。

買う時によく選んで、長く遊べるおもちゃを選んであげられたらいいですね。

ベビーカーやベッド

赤ちゃんのなかにはどうしてもベビーカーが苦手な子がいます。筆者の子どももそうで、張り切って6万円で購入したベビーカーですが、ほとんど使うことはありませんでした。

他にも「ベビーベッドは1人目の場合あまり使われない」「バウンサーも乗ってくれるのは半年くらい」などの意見もききます。

それぞれ定価で買うと高額なので、レンタルで試してから子どもに合ったものを入手するのもひとつの方法かもしれませんね。

子どもができたら、かかるお金も楽しさも倍増

赤ちゃんを抱っこするママ

子どもができたら、予想以上にお金がかかると感じるかもしれません。でもその分、喜びや楽しいことも今まで以上に増えたと感じるのではないでしょうか。

妊娠中は子どもが生まれたら買ってあげたいものややりたいことがたくさん出てくると思いますが、実際に生まれたらその子の成長や家庭の状況に応じたお金の使い方を心がけたいですね。



2017年10月12日

基礎知識の関連記事

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

カテゴリ一覧