子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2017年12月19日

パパとの時間がもっと楽しくなる!6歳の男の子がパパと遊べるおもちゃ

パパとの時間がもっと楽しくなる!6歳の男の子がパパと遊べるおもちゃ

6歳の男の子はだんだんとパパとの遊びが楽しくなってくる年齢のようです。今回はパパとの時間をもっと楽しくするために、6歳の男の子がパパと遊べるおもちゃにはどのようなものがあるのか調査してみました。

6歳の男の子

6歳はちょうど幼稚園でいう年長か、小学校に入学する歳でしょう。この年齢の男の子は、アイディアを活かして遊べる工作的な遊びを好んだり、体を動かして外でアクティブな遊びを好む子が増えてくるようです。

少し前までママにべったりだった男の子も、だんだんとパパとの遊びが楽しくなり、週末はパパと息子で男2人きりの時間を過ごすことが多くなる場合もあるようです。

室内で遊べるおもちゃ

6歳の男の子が室内でパパと遊べるおもちゃにはどのようなものがあるのでしょうか。

6歳の男の子におすすめのおもちゃを調査してみました。

ブロックでつくる乗り物

6歳の男の子が自身で組み立てることのできるブロックのおもちゃは人気のようです。

自由に組み立てることができるおもちゃであれば、子どもの自由なアイデアを活かして遊ぶことができるでしょう。

また、この年齢の男の子は乗り物に夢中になる子どもも多くなってくるようです。機関車やバイクやジェット機などの乗り物がつくれるブロックのおもちゃは、そんな6歳の男の子の心をくすぐるアイテムかもしれません。

パパも乗り物が好きな場合は、親子でどんな乗り物をつくるか、どちらがうまくつくれるかなど、親子で楽しみながらブロックづくりに熱中できそうですね。

ボードゲーム

将棋
Monet/Fotolia

6歳の男の子は、ルールのある遊びも上手になってくるようです。

サイコロを振ってマス目を進んでいくものや、ルーレットを使いながら毎回指定された任務を遂行していくものなど、6歳の男の子はさまざまなボードゲームなどのルールを楽しめる子が増えるようです。

ボードゲームは子どもひとりでは遊ぶことができないため、休日や雨で外に出かけられない日などは、パパが活躍できるかもしれませんね。

ボードゲームのおもちゃにはさまざまな種類がありますが、各おもちゃには対象年齢が記載されているでしょう。6歳より下すぎたり、上すぎたりするおもちゃは、ルールが簡単すぎたり難しすぎたりする場合があるので、子どもに合わせて対象年齢を購入前に確認すると安心かもしれません。

ドミノ

パパやママの年代にも親しみのあるドミノのおもちゃも、最近ではより工夫を凝らした遊び方ができるようなセットが販売されているようです。

ドミノ用の階段や、ドミノを回転させられる工具などがついているおもちゃであれば、6歳の男の子がいろいろな仕掛けを楽しみながらドミノのおもちゃで遊べるでしょう。

平面に並べるのはパパ、階段などの難所は子どもに任せるなど、役割分担をしながら親子で大作をつくり上げるのも楽しいかもしれませんね。

外で遊べるおもちゃ

パパが6歳の子どもと外で遊ぶ場合、どのようなおもちゃがあればより楽しめるでしょうか。

ラジコン

自分の手で操作ができるラジコンのおもちゃは、乗り物好きの男の子にとってはたまらないおもちゃかもしれません。

でこぼこ道も問題なく走行できるものや、防水性で水たまりも気にせずに走行できるものであれば、広い公園などでのびのびと楽しむことができるでしょう。

2台以上用意すれば、パパとどちらが早いかレースをして楽しむこともできそうですね。

キックスクーター

自転車より持ち運びも楽で、手軽に利用できるキックスクーターは6歳の男の子に人気のおもちゃのようです。

乗り慣れないうちはパパが近くで見てあげるようにし、車の危険がない場所や人にぶつからないような場所を選んで遊ぶようにした方が安全でしょう。

晴れた日にキックスクーターを持って遊びに行けば、風を切って楽しそうにはしゃぐ子どもの姿を見ることができるかもしれません。

ボール

野球の親子
iStock.com/Rich Vintage

野球やサッカーやバスケットボールなど、外でボールを使って子どもと遊ぶ際にはパパが大活躍するという家族も多いようです。

「子どもにはサッカーを習わせたい!」という場合はパパがコーチになってキックの仕方を教えてもよいですし、子どもが野球に興味を持っている場合は野球のボールとグローブを持って公園に出かけるのもよいでしょう。

子どもがまだボールをうまく投げたりキャッチしたりできない場合は、ケガのないよう柔らかい素材でできているボールのおもちゃで代用し、慣れてきたら固いボールに挑戦してみるなど、子どもの成長に合わせてパパが調整してあげるとよさそうです。

注意すること

6歳のおもちゃ遊びはさまざまなものがありますが、なかには注意が必要なものもあるようです。

6歳になると、テレビゲームに没頭する男の子もいるかもしれません。確かにテレビゲームも子どものおもちゃの一種ではあるかもしれませんが、子どもがゲームに集中するあまり、時間が区切れずに困ってしまうパパやママもいるようです。

子どもがご飯の時間になってもゲームをやめられなかったり、寝る時間になってもゲームを続けてしまう場合などは、家族で時間の決まりを話し合うなどの対策が必要かもしれません。

ゲームにもルールがあるように、ゲームで遊ぶ時間にもルールがあることを声掛けをしながら子どもに教えてあげるようにしてはいかがでしょうか。

男の子の遊びはパパが大活躍

パパと子ども
iStock.com/TAGSTOCK1

6歳の男の子は、男の子ならではの遊びに興味が湧いてくる時期かもしれません。

どんな乗り物をかっこいいと思うか、体を動かして遊ぶには何をしたら楽しいかなど、経験したパパだからこそ、男の子の気持ちがわかることもあるでしょう。

6歳の男の子との遊びの時間をより充実したものにするために、家族でパパと遊べるおもちゃを検討してみるのもよいかもしれませんね。

おもちゃの関連記事
カテゴリ一覧