女の子の赤ちゃんのおもちゃ。選ぶポイントと実際に用意したもの

女の子の赤ちゃんのおもちゃ。選ぶポイントと実際に用意したもの

おもちゃの収納方法も考えよう

女の子の赤ちゃんにおもちゃを用意したいとき、どのようなおもちゃを選ぶとよいのかやおもちゃの収納方法が気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、女の子の赤ちゃんにおもちゃを選ぶときのポイントと実際にママやパパたちが選んだおもちゃ、使うときに意識したことなどを体験談を交えてご紹介します。

女の子の赤ちゃんに選ぶおもちゃ

女の子の赤ちゃんにおもちゃを用意したいと考えるとき、どのようなおもちゃを選ぶとよいのか知りたいママもいるかもしれません。女の子の赤ちゃんに選ぶおもちゃについて気になることを、ママたちに聞いてみました。

30代パパ
女の子の赤ちゃんが遊べるおもちゃを用意したいのですが、たくさんの種類があって迷ってしまいます。どのようなおもちゃを選ぶとよいのか知りたいです。
30代ママ
夫や両親たちが、ときどき娘におもちゃを買ってきてくれます。おもちゃが増えてきたので、どのように収納するとよいのか知りたいです。
女の子の赤ちゃんに用意するおもちゃはどのようなものを選ぶとよいのか知りたいというママや、用意したおもちゃを収納する方法について知りたいというママもいるようです。ママたちがおもちゃを選ぶときのポイントを知ることができると、おもちゃ選びの参考になるかもしれません。

そこで今回は、女の子の赤ちゃんにおもちゃを選ぶときのポイントや実際にママたちが用意したおもちゃについて、体験談を交えてご紹介します。


女の子の赤ちゃんにおもちゃを選ぶポイント

おもちゃで遊ぶ赤ちゃん
Onjira Leibe/Shutterstock.com

女の子の赤ちゃんに用意するおもちゃは、どのように選ぶとよいのでしょうか。おもちゃ選びのポイントについて聞いてみました。

赤ちゃんに配慮されたつくり

30代ママ
赤ちゃんが手で持つのにちょうどよいサイズのおもちゃを選びたいと考えました。角が丸くなっていると、安心して持たせられるかなと思いました。
赤ちゃんに持ちやすいように作られたおもちゃを選んだママもいるようです。ママのなかには、赤ちゃんが舐めてもよいようにおもちゃの素材を確認したり、細かいパーツがないか確認したりしたという声もありました。

持ち運びができるもの

20代パパ
赤ちゃんに用意するおもちゃは、家の中だけでなく外出先でも使えるものがよいなと思いました。持ち運びのしやすいおもちゃを選ぶと場所を気にせずに遊べるので、赤ちゃんがぐずったときなどは助かりました。
赤ちゃんのおもちゃを選ぶときに、持ち運びができるかどうかをポイントに選んだママもいるようです。移動中や外出先などでも持ち歩きやすいおもちゃがあるとよいかもしれませんね。

長く使えるもの

30代ママ
生まれた娘におもちゃを用意するときに、なるべく長く使えるものを用意したいと考えました。定番と呼べるようなおもちゃを選ぶと、もう少し大きくなってからも長期間遊べるかなと思いました。
赤ちゃんにおもちゃを用意するときは、今遊びやすいものだけでなく、長く使いやすいものを選ぶというママもいるようです。赤ちゃんの頃から遊んでいると、子どももおもちゃに愛着がわき、長期間大切に使ってくれるかもしれませんね。

【体験談】女の子の赤ちゃんに用意したおもちゃ

ママたちは女の子の赤ちゃんにどのようなおもちゃを用意したのでしょうか。実際にママたちが選んだおもちゃについて、聞いてみました。

ガラガラ

30代ママ
赤ちゃんにも持ちやすいガラガラのおもちゃを購入しました。布で作られたガラガラは柔らかくて、赤ちゃんにも握りやすいようでした。
女の子の赤ちゃんにガラガラを用意したママもいるようです。他にも、赤ちゃんの足首につけると動きにあわせて音が鳴るリストラトルや、持つとガサガサと音が鳴る布製の絵本などを用意したというママの声もありました。

吊り下げおもちゃ

吊り下げおもちゃ
Lifebrary/Shutterstock.com
30代パパ
車で買い物に行くときなどに赤ちゃんがぐずることがあったので、吊り下げタイプのおもちゃを買いました。チャイルドシートの近くに吊り下げておくと、車の動きにあわせて揺れるおもちゃを見た娘は、ご機嫌で遊んでいます。
30代ママ
自宅で遊ぶときのために、ベビージムを用意しました。吊り下がっているおもちゃに手を伸ばして取ろうとしている赤ちゃんの姿はとてもかわいくて、見ていると和みます。
吊り下げタイプのおもちゃを用意したというママもいるようです。他にも、外出時にベビーカーにも取りつけられるよう、ワンタッチでつけ外しやすいおもちゃを選んだというママの声もありました。

つみき

30代ママ
2歳や3歳になってもたくさん遊んでもらいたいと思い、つみきを用意しました。四角や三角などの形やカラフルな色のつみきがあるので、とても楽しそうに遊んでいます。
女の子の赤ちゃんにつみきを用意したというママもいるようです。他にも、つみきの中にビーズや鈴が入っていて振ると音が鳴るタイプのつみきや、布製のつみきを用意したというママの声もありました。

赤ちゃんのおもちゃを使うときに意識したこと

赤ちゃんがおもちゃを使うときに、気をつけておくとよいことが気になるママもいるかもしれません。赤ちゃんがおもちゃを使うときに意識したことについて、ママたちに聞いてみました。

清潔を保つ

30代ママ
うちの子はよくおもちゃを口に入れていることがあります。娘がやりたいように自由に遊ばせてあげたいと思うので、おもちゃを清潔に保つよう心がけています。
赤ちゃんの使うおもちゃが汚れたままにならないよう、常にきれいにしておくことを心がけているママもいるようです。他にも、汚れが気になるときは洗ったり拭いたりしているというママの声もありました。

収納スペースを用意する

30代ママ
子どものおもちゃが増えてきたので、収納ボックスを用意しました。蓋つきの収納ボックスを選ぶと、部屋の掃除をするときにもほこりが入りにくいと思います。
30代ママ
手押し車にもなるおもちゃ用の収納ケースを選びました。おもちゃを入れた状態でスライドできるので移動も楽ですし、子どもが歩けるようになったら押して遊べるところががよいと思います。
おもちゃを収納するボックスを用意したというママもいるようです。ママのなかからは、おもちゃの大きさや取り出しやすさを考えながら、収納スペースを考えたという声も聞かれました。

女の子の赤ちゃんのおもちゃを選ぼう

おもちゃをくわえる赤ちゃん
Mcimage/Shutterstock.com

女の子の赤ちゃんに用意するおもちゃとして、赤ちゃんに配慮されたつくりのものや持ち運びがしやすいもの、長く使いやすいものを選んだママもいるようです。音が鳴るガラガラや吊り下げタイプのおもちゃを用意したというママの声もありました。

おもちゃを使うときは清潔に保つことを心がけ、収納の仕方も考えておくとよいかもしれません。女の子の赤ちゃんが楽しく遊べるおもちゃを選んでいけるとよいですね。

2020年04月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧