4歳の男の子が楽しむおもちゃの種類。遊び方や収納方法

4歳の男の子が楽しむおもちゃの種類。遊び方や収納方法

おもちゃ選びに意識したこと

4歳の男の子が楽しめるおもちゃを用意したいと考えるママやパパもいるかもしれません。子どもの好みに合ったおもちゃを選びたいですよね。4歳の男の子が遊ぶおもちゃを選ぶときに意識したことや、おもちゃの収納方法についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

4歳の男の子がよろこぶおもちゃとは

男の子 おもちゃ
Rawpixel.com/Shutterstock.com
子どもが4歳頃になると、体をたくさん動かしたり、自分でできることが増えたりして、遊びの幅が広がったと感じているママやパパもいるのではないでしょうか。

4歳の男の子がよろこぶおもちゃには、どのようなものがあるのか気になることもあるかもしれません。

誕生日やクリスマスなどのイベントに合わせておもちゃをプレゼントしたいと考えることもあるでしょう。

今回は、4歳の男の子が遊ぶおもちゃを選ぶときのポイントや種類、収納方法についてママたちに聞いてみました。

4歳の男の子が遊ぶおもちゃを選ぶときにママたちが意識したこと

4歳の男の子が使うおもちゃを用意するとき、ママたちはどのようなことを意識しながら選んだのでしょうか。
30代ママ
子どもの興味に合ったおもちゃを選ぶようにしました。4歳頃になると、好きな遊びや色などがはっきりしてきたため、子どもが気に入るようなデザインのおもちゃを用意すると、子どももよろこんでくれました。
30代ママ
4歳頃になると幼稚園の友だちといっしょに遊ぶことが増えたので、友だちと楽しめるようなブロックやパズルなどのおもちゃを用意しました。
30代ママ
4歳をすぎるとできることも増えて、さまざまな言葉を覚えるようになるので、遊びながら勉強できる知育おもちゃを選びました。
子どもの好きなものを考えながらおもちゃを選んだというママの声がありました。子どもによって興味のあるものには違いがあるでしょう。

子どもが気に入っているキャラクターのおもちゃを用意したというママもいました。

4歳の男の子が楽しめるおもちゃの種類と遊んだシーン

4歳の男の子が遊ぶおもちゃにはどのようなものがあるのでしょうか。おもちゃの種類と遊んだシーンについてママたちに聞いてみました。

乗り物のおもちゃ

30代ママ
子どもは、線路をつなげて電車のおもちゃを走らせるのが好きなようで、毎日のように遊んでいます。線路をどうつなげるか考えながら楽しんでいました。
30代ママ
子どもが電車のおもちゃで遊んでいるときに、お気に入りの小さい人形を乗客に見立てて、電車の上に置いて走らせていました。運転手になりきってごっこ遊びを楽しんでいる姿がかわいかったです。
4歳頃になると、「自分の好きな乗り物はこれ」など強いこだわりが出てくる子どももいるでしょう。

車や電車、消防車やパトカーなどさまざまな種類の乗り物のおもちゃがあるため、子どもの好みに合わせて選べるとよいですね。

線路の他にも駅や橋など、いろいろなアイテムを組み合わせて楽しむことができるおもちゃもあるようです。

ブロック

ブロック おもちゃ
zhu difeng/Shutterstock.com
30代ママ
子どもはブロック遊びが大好きなのですが、ブロックを組み合わせて長い電車を作り、楽しそうに遊んでいました。いろいろな形のブロックを自由に使いながらクレーン車のようなものを作ったり、棒状のブロックを使って電車を連結させたりしていました。
4歳をすぎると、指先を使って細かな作業ができるようになる子どももいるでしょう。

子どもが遊ぶブロックは、小さいものや大きいものなどさまざまなサイズがあります。

恐竜や車などを作りやすいパーツが入っているブロックもあるようです。子どもの興味に合ったブロックを用意することができそうですね。

パズル

パズル
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
ピースの数が違う3枚のパズルがセットになったものを用意しました。『これはどこかな』と子どもといっしょに考えながら遊びました。
ゲーム性のある遊びを楽しむようになる4歳児もいるのではないでしょうか。

レベルの異なるパズルを数枚用意して、クリアしたら難しいパズルに挑戦するというルールを作って遊ぶのも面白いかもしれません。

おままごとのおもちゃ

30代ママ
息子はごっこ遊びが好きで、よくおままごとをしていました。食べ物や調理器具などのおままごとのおもちゃを使って楽しそうに遊んでいました。
4歳頃になると幼児食が進み、食べることが楽しいと感じる子どももいるかもしれません。

料理をする大人の姿を、子どもがまねをしながらおままごとを楽しんでいるというママの声がありました。

ラジコン

30代ママ
車のハンドルの形をしたリモコンを使って遊ぶラジコンを用意しました。子どもがラジコンで遊び始めた頃はうまく動かすことができずに苦戦していましたが、少しずつ自分の思い通りに動かせるようになり、思う存分楽しんでいました。
4歳の男の子が遊べるように、幼児向けのラジコンを用意したというママの声がありました。

自分で操縦できる面白さを感じられるラジコンは、乗り物が好きな子どももよろこんで遊べるかもしれませんね。

おもちゃの収納方法

4歳の男の子が遊ぶおもちゃをどのように収納しているのか、ママたちに聞いてみました。
30代ママ
乗り物のおもちゃと線路のおもちゃをわけて片づけられるように、透明の収納ボックスを用意しました。透明だと中身が見えるため、どこに片づけるとよいのか子どももわかりやすいようでした。
30代ママ
マットの上におもちゃを置いて、紐を縛って簡単に片づけられる収納マットを用意しました。4歳頃になるとおもちゃの量が増えて片づけるもの大変なので、収納マットがあると便利でした。
30代ママ
4歳頃になると自分でおもちゃを片づけられるようになったため、子どもが片づけしやすいように収納ボックスを棚の低い位置に置くようにしています。
子どもがおもちゃを片づけやすいように、「線路」や「電車」などおもちゃの名前を描いたシールを収納ボックスに貼っているというママの声がありました。

子どもが進んでおもちゃを片づけられるように、工夫できるとよいですね。

4歳の男の子が楽しんで遊べるおもちゃを用意しよう

男の子 おもちゃ
zhu difeng/Shutterstock.com
どのようなおもちゃを選ぶと、4歳の男の子が楽しめるのか気になるママやパパもいるでしょう。

乗り物のおもちゃやパズル、ラジコンなどを用意したというママの声がありました。

子どもによって好きな遊びやお気に入りのキャラクターは異なるでしょう。遊びながら勉強ができる知育おもちゃを選んだというママもいました。

子どもの興味や成長に合わせて、楽しく遊べるおもちゃを用意できるとよいですね。

2020年03月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧