赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから?読み方や選んだ絵本

赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから?読み方や選んだ絵本

読み聞かせで意識したポイント

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるのは、いつからがよいか気になる方もいるかもしれません。ママやパパたちはいつから読み聞かせを始めたか赤ちゃんの月齢別での体験談や、読み聞かせで意識したポイントの他に、選んだ絵本についてご紹介します。

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせについて

ママやパパのなかには、子どもが赤ちゃんのうちから絵本の読み聞かせをしたいと考える方もいるのではないでしょうか。絵本を通して、さまざまなことを赤ちゃんに感じてもらいたいと考える方もいるかもしれません。

ママやパパたちに、赤ちゃんへの絵本の読み聞かせについて気になることを聞いてみました。
20代ママ
生後2カ月の息子に0歳児用の赤ちゃん絵本をたまに読んでいるのですが、あまり反応が見られず、まだ早いのかなと思いました。他のママたちは、いつから赤ちゃんに絵本の読み聞かせを始めたのでしょうか。
30代パパ
赤ちゃんにはどのような絵本を読み聞かせるとよいのでしょうか。赤ちゃんの時期にあわせたおすすめの絵本が知りたいです。
ママやパパたちのなかには、いつから絵本の読み聞かせをするかや、赤ちゃんに読む絵本の選び方について気になる方がいるようです。

今回は、赤ちゃんへの絵本の読み聞かせについてご紹介します。

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから?

ママたちは、赤ちゃんへの絵本の読み聞かせをいつから始めたのでしょうか。赤ちゃんに絵本の読み聞かせをし始めたきっかけや時期について、ママたちに聞いてみました。

新生児期から

新生児
leungchopan/Shutterstock.com
20代ママ
里帰り出産だったこともあり、出産後に赤ちゃんとゆっくりとすごせる時間がありました。生まれたばかりの赤ちゃんは寝ていることが多かったので、添い寝しながら子守唄代わりに絵本を読んであげていた記憶があります。
赤ちゃんが新生児期のうちは、ママもいっしょに家の中ですごすことも多いかもしれません。寝ている赤ちゃんに絵本を読んであげたというママの声がありました。

産後はママの体もまだ本調子ではない場合もあるようです。ママの体調も考えながら、いつから絵本の読み聞かせを始めるか決めてもよいかもしれませんね。

生後3カ月頃から

30代ママ
息子は生後3カ月頃から笑うようになりました。私の声がけにも反応してくれているのがわかり、絵本を読んでみようと思ったのがきっかけです。
赤ちゃんの表情の変化などが見られるようになった頃から、絵本を読み聞かせし始めたママがいるようです。ママたちのなかからは、赤ちゃんが絵本に手を伸ばしたり声を出したりするなど、反応する様子がかわいらしかったという声も聞かれました。

生後半年頃から

20代ママ
以前は就寝前にミルクを飲むとそのまま寝てしまったのですが、生後半年ほどすると授乳後も少しの間起きているようになりました。布団に添い寝して絵本を読み聞かせたところ、その後の寝つきもよいように感じたので、それからは寝る前の読み聞かせを習慣にしています。
生後半年頃から、絵本の読み聞かせを夜寝る前の習慣にしているというママの声がありました。遊びの時間や寝る前など、生活の一部として絵本の読み聞かせを取り入れるのもよさそうですね。

赤ちゃんに絵本をいつから読み聞かせるかは、ママによってそれぞれ異なるようです。赤ちゃんの様子や、ママ自身に余裕があるときに読み聞かせを始めてみるのもよいかもしれませんね。

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせのポイント

赤ちゃんに絵本の読み聞かせをするとき、ママたちはどのようなポイントを意識したのでしょうか。ママたちに聞いた、赤ちゃんに絵本の読み聞かせをするときのポイントについてご紹介します。

読み聞かせの場面

絵本で遊ぶ赤ちゃん
leungchopan/Shutterstock.com
30代ママ
8カ月の息子に絵本を読み聞かせているとき、他のおもちゃで遊び始めてしまったことがあります。絵本を見たい気分ではなかったのかなと思い、赤ちゃんの様子にあわせて読み聞かせをするようにしました。
絵本に注目してくれそうか、赤ちゃんの様子を見ながら読み聞かせをするタイミングを考えたというママの声がありました。他にも、読み聞かせのときは、静かな部屋で読むなど赤ちゃんが絵本に集中しやすいように環境を意識したママもいるようです。

絵本の見せ方

30代ママ
月齢の低い赤ちゃんは遠くがはっきりと見えないと聞いたことがあります。4カ月の娘には、手を伸ばしてさわれるくらいの距離で絵本を持って読み聞かせをしています。
絵本がよく見えるように位置を工夫したママがいるようです。絵本を読むママの表情も赤ちゃんに見えるように、やや横の位置で抱っこして読み聞かせをしたという声も聞かれました。

絵本の読み方

30代ママ
赤ちゃんに話しかけるように、ゆっくりと読み聞かせをすることを意識しました。次のページをめくる前に赤ちゃんの様子を見て、まだ絵を見たそうなときはしばらく待つこともあります。
絵本の読み聞かせをするとき、赤ちゃんにペースをあわせることを意識したママがいました。絵を指さしながら赤ちゃんに話しかけたママもいるようです。

赤ちゃんに選んだ絵本

赤ちゃんに読み聞かせをするときは、どのような絵本がよいのでしょうか。ママたちに聞いた、赤ちゃんに読み聞かせをした絵本をご紹介します。

擬音語が多い絵本

30代ママ
「ビリビリ」や「ガタゴト」など、さまざまな擬音語が出てくる絵本をよく読んでいます。短いフレーズでリズムよく読めて、5カ月の娘も楽しんでいました。
赤ちゃんに擬音語が多い絵本の読み聞かせをしたママの声がありました。ママのなかには、車や水など身近なものの音が登場する絵本や、丸や三角など形のモチーフに擬音があてられた絵本などを読んだという声もありました。

しかけ絵本

20代ママ
10カ月の息子は「いないいないばあ」のしかけ絵本が大好きです。ページをめくる毎に、さまざまな登場人物の顔が見え隠れするのが楽しいのかもしれません。
絵が動くように見えたり、開くと飛び出したりなどの細工がしてあるしかけ絵本を、赤ちゃんに読んだママがいるようです。赤ちゃんが触ったり舐めたりすることも考えて、厚紙や布で作られたものなど丈夫なしかけ絵本を選んだというママの声がありました。

赤ちゃんに絵本の読み聞かせをしてみよう

赤ちゃんに絵本を読むママ
metamorworks - stock.adobe.com

ママのなかには、赤ちゃんの成長にあわせていつから絵本の読み聞かせを始めるか考えた方がいるようです。新生児期や生後3カ月頃などの低月齢の時期や、生後半年をすぎてからなどさまざまなママの体験談が聞かれました。

赤ちゃんに絵本を選ぶときは、内容とあわせて、赤ちゃんが触っても破れにくいかなど絵本のつくりも意識しながら選ぶとよいかもしれません。

絵本の見せ方や読み方を工夫して、親子で絵本を楽しむ時間が作れるとよいですね。

2020年04月11日

絵本の関連記事

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ