【夏の対策11選】暑さや熱中症、あせも、おむつの臭いをどう防ぐ?

【夏の対策11選】暑さや熱中症、あせも、おむつの臭いをどう防ぐ?

暑さや熱中症をはじめ、夏の時期に必要な対策はさまざま。肌トラブルの原因にもなる汗や、夏場になると特に気になるオムツの臭いなどの対策も、子育て家庭にとって重要です。そこで今回は、知っておきたい夏の対策をまとめてご紹介。実践できる方法を取り入れ、今年の夏は快適に過ごしてみてはいかがでしょうか。

マスクによる熱中症を防ぐための対策

新型コロナウイルスにより、マスクの着用が日常化している昨今。夏のマスク着用は熱中症を引き起こす原因にもつながるため、特に注意が必要です。暑い時期の適切なマスクの着用方法や、熱中症対策のポイントについてご紹介。

抱っこひもやベビーカーの暑さ対策

暑い日に抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこすると、気温に加え自身と赤ちゃんの体温により、さらに暑く感じることも。保冷シートの選び方や付ける場所、暑い日に抱っこ紐を使う場合の注意点についてまとめました。
日差しが強い日は地面からの照り返しも強く、ベビーカーに乘る子どもは大人よりも暑さを感じるため、しっかりとした暑さ対策は必須。ベビーカーに取り付ける照り返し防止シートや扇風機などの暑さ対策グッズ、ベビーカーでお出かけするときの暑さ対策のポイントについてご紹介します。

車で出掛けるときの暑さ対策

絶好のレジャーシーズンである夏は、車でお出かけをする家庭も多いでしょう。しかしながら、外の気温が高いと車内の温度もぐんぐん上がり、熱中症の危険性も。ママたちが実践している車内の暑さ対策や、夏のドライブを快適にするアイテムをご紹介。

肌トラブルの原因にもなる汗への対策

子どもの肌はとてもデリケート。汗をかくことは大切ですが、適切なケアをせずにそのままにしておくと、あせもや肌荒れの原因となるため、こまめにタオルで汗を拭いたりできるだけ早く洗い流したりすることが重要です。

また夏場に、子どもを抱っこするときや子どもと遊んでいるとき、仕事から帰ったときなど、汗の不快感や臭いが子どもに嫌がられないか心配だというパパもいるかもしれません。暑い時期のパパの汗対策についてまとめました。

髪の毛の紫外線ダメージを防ぐ対策

強い紫外線が降り注ぐ夏の時期。海やプール、キャンプなど、子どもといっしょに外で過ごす時間が増えると、髪の毛のダメージが気になることも。美しい髪の毛へ導いてくれる、ヘアオイルの選び方やおすすめのヘアオイルをご紹介します。

気になるオムツの臭い対策

夏場は特にオムツの臭いが気になるという場合もあるでしょう。使用済みオムツの基本的な処理方法から、ママたちが試した臭いを発生させないための工夫やオムツを捨てるゴミ箱の臭い対策までをご紹介します。

蒸し暑い日が続くときの湿気・カビ対策

じめじめとした暑さが続く時期に気になる、湿気によるカビ。フローリングにベビー布団を敷いている家庭では、赤ちゃんが寝る場所ということもあり、より衛生面が心配という方もいるかもしれません。ベビー布団の下に敷いて使える通気性をよくするアイテムや、湿気がこもらないよう行っておきたいカビ対策についてまとめました。
子育てに関する記事がまとめて読める!
▼今すぐアプリをDL!!▼

2021年08月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧