生後2カ月の赤ちゃんのお昼寝。時間帯や長さなど

生後2カ月の赤ちゃんのお昼寝。時間帯や長さなど

ママたちに聞く寝かしつけのポイント

生後2カ月の赤ちゃんのお昼寝について気になるママもいるでしょう。寝かしつけに時間がかったり、赤ちゃんがお昼寝をしないことに悩んでいる場合もあるかもしれません。今回は、生後2カ月の赤ちゃんはどのくらいお昼寝していたかや、寝かしつけるときのポイントを体験談をもとにご紹介します。

生後2カ月の赤ちゃんのお昼寝について

生後2カ月の赤ちゃんのお昼寝について悩みを抱えているママもいるのではないでしょうか。赤ちゃんの寝つきが悪く、寝かしつけに時間がかかってしまうと、ママが疲れてしまうこともありますよね。

ママたちのなかには、ほかの赤ちゃんがどのくらいお昼寝しているのか気になる場合もあるでしょう。「お昼寝の時間が短いのではないか」などの悩みがあるときに、先輩ママの体験談を参考にするとよいかもしれません。

今回は、赤ちゃんがお昼寝する時間帯や長さ、寝かしつけるポイントを、ママたちに聞きました。

生後2カ月の赤ちゃんはどのくらいお昼寝する?

寝てる赤ちゃん
S.Borisov/Shutterstock.com
生後2カ月の赤ちゃんはどのくらいお昼寝をするのでしょうか。お昼寝の時間帯や長さについて、ママたちに聞きました。

時間帯

20代ママ
朝5時から6時には起きるので、お昼寝は9時頃と14時頃の2回していました。
20代ママ
午前中は8時から9時頃、午後のお昼寝は13時頃に寝ることが多かったです。16時以降も寝ていると夜眠れなくなるので、起こすようにしていました。
30代ママ
正午すぎと夕方頃に1回ずつ寝ていました。
生後2カ月の赤ちゃんは1日に2回お昼寝する場合が多いようですが、時間帯は赤ちゃんによって違うようです。赤ちゃんが朝目覚める時間によって、お昼寝の時間帯が変わってくるのかもしれませんね。

長さ

20代ママ
だいたい2時間~3時間寝ていました。
30代ママ
1時間~2時間くらい寝ることが多かったと思います。
20代ママ
午前中に寝るときは1時間~2時間くらいで置きましたが、午後のお昼寝は2時間~3時間でした。3時間経っても起きないときは、夜眠れるように起こしていました。
生後2カ月の赤ちゃんは2時間ほどお昼寝するというママの声が複数ありました。暑そうなときや、物音がしたときは、1時間ほどですぐに起きてしまう場合もあるようです。

生後2カ月の赤ちゃんを寝かしつけるときのポイント

赤ちゃんの寝つきが悪く、悩んでいるママもいるのではないでしょうか。赤ちゃんがお昼寝をしないことで困っている場合もあるかもしれません。生後2カ月の赤ちゃんを寝かしつけるときのポイントをご紹介します。

眠りやすい環境を作る

リビング
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
カーテンを閉めて、静かにしたリビングにベビーベッドをおいてお昼寝していました。抱っこで寝かしつけ、赤ちゃんがしっかり眠ったらベッドに移動させていました。
お昼寝の場所は、リビングや寝室など、家庭によってさまざまなようです。静かにすることや部屋の明るさのほかにも、室温に気をつけたというママもいました。

せっかく寝かしつけても、部屋が暑すぎたり、寒すぎたりすると起きてしまうこともあるでしょう。眠りやすい環境を作ると、赤ちゃんの寝つきがよくなり、ぐっすりと長く眠ってくれるかもしれません。

おくるみで包む

30代ママ
赤ちゃんをおくるみで包んだ状態で抱っこして寝かしつけていました。おくるみは手足を入れてぴったりめに巻くと、寝つきがよかったです。
赤ちゃんを抱っこで寝かしつけたあとに布団に寝かせると起きてしまうこともあったけれど、おくるみを使うようになってからはよく眠ってくれるようになったという声もありました。赤ちゃんは、包まれている状態が安心できるのかもしれませんね。

授乳する

20代ママ
抱っこしていても寝つかないときは、授乳して寝かしつけていました。落ち着くのか、すぐに眠ってくれました。
赤ちゃんを寝つかせるために、授乳をするママは多いようです。赤ちゃんが母乳を飲まなくても、ママのぬくもりを感じたり、乳首をくわえたりすると、リラックスして眠れるのかもしれません。

ぽんぽんする

20代ママ
寝かしつけるときは、お尻をぽんぽんとしていました。抱っこをしたり、添い寝したりするだけよりも、寝つきがよかったです。
赤ちゃんは体をぽんぽんとしてもらうと、ママが側にいてくれているという安心感があるのかもしれません。抱っこして寝かしつけるときは、赤ちゃんの身体をぽんぽんするほかにも、心地よい程度にゆらゆらと身体を揺らしたというママもいました。

生活リズムを決める

20代ママ
朝起きる時間やお風呂の時間などを決めて、生活リズム
赤ちゃんの生活リズムを整えると、寝つきがよくなることがあるようです。夜寝る時間が遅くなり、次の日の生活リズムが崩れるといけないので、お昼寝の時間が長くなりすぎないように気をつけていたというママもいました。

生後2カ月の赤ちゃんが快適にお昼寝できるように工夫しよう

寝る
szefei/Shutterstock.com
生後2カ月の赤ちゃんは、午前と午後に2時間ほどお昼寝をすることが多いようです。

赤ちゃんの寝つきがよくなるように、おくるみで包んだり、授乳したりするママの声が複数ありました。そのほかにも、抱っこや添い寝で寝かしつけるときに、背中やお尻をぽんぽんとするとよいかもしれません。

赤ちゃんが眠りやすい環境作りをしたり、生活リズムを整えたりして、快適にお昼寝するための工夫ができるとよいですね。

2020年03月25日

専門家のコメント
8
    ゆう先生 保育士
    新生児の赤ちゃんをお預かりすることもありますが、2ヶ月頃までは、ミルクが終わるたびに眠ってしまい、だいたい2時間~4時間ごとに再び目を覚ます傾向がありますね。
    こと先生 保育士
    我が子は授乳するたびに1〜2時間寝てることが多いです✨でも、背中スイッチが発動してなかなか1人で寝てくれません😅
    新生児の頃よりは少し起きてる時間が多くなってきました😊💕
    せおみ先生 保育士
    2ヶ月ごろは新生児の時の様にずーっと
    寝ているのではなく、少し遊びの時間というか、周りを見たり手を動かしたりと起きている時間も少しづつでてきますよね。我が子も背中スイッチがあり、布団に置く事ができなかったのでおんぶや、抱っこで寝かせていました。抱っこや添い寝など肌が触れ合っていれば2.3時間は寝ていたと思います。
    おはぎ先生 保育士
    うちの子も授乳が終わるたびに眠っていました。7ヶ月になっても眠ってしまいますが、すぐ起きてしまいます。2ヶ月の時はまだ一回寝ると2時間程度寝ていたと思います。ただ、お兄ちゃん達がちょっかいをかけにいくので、ゆっくり寝れてはいなかったかも(^_^;)
    あき先生 保育士
    我が子は新生児の頃から何時間も寝るということはなく、背中スイッチも敏感だったので抱っこや、おくるみごとバウンサーに置いたりして寝かせていました。授乳の後すぐに寝る時と、足や手を動かして遊んでいる時とありました。1番夜の寝かしつけが時間がかかって、寝る前は30分程ぐずっていました💦
    よっしー【シッター】 保育士
    この前伺ったお宅では、コンパクト布団があり、ミルクのゲップ後に腕の中でうとうと…その布団ごとベビーベッドに寝かせると、背中スイッチも入りにくかったです。
    ポイントは、いつベッドに横になったのか、わからないように置くこと。上からトン!と置くのではなく、少し横に揺らしながらベッドに近づき、背中がベッドについてもコンパクト布団の両端を持って数回ゆらゆらさせると、ベッドについたことも気づかないようでした。
    あーちん先生 保育士
    朝、昼、夕方で1〜3時間ずつ寝てる感じでまだまだ寝ている時間が長かったです。おくるみを巻いて抱っこで寝かせたり、授乳で寝たりしていました!
    のんの先生 保育士
    生後2ヶ月の赤ちゃんとは言え、個人差があるので何とも言えませんが、私のこの場合は、生後2ヶ月はよく寝ていました。
    特に起こってるをせず寝るだけ寝ていました

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧