子どもが喜ぶバーベキューメニュー。簡単レシピや準備するもの

子どもが喜ぶバーベキューメニュー。簡単レシピや準備するもの

バーベキューへ行くときに気をつけること

子どもとバーベキューに行くとき、持ち物や子どもが喜ぶバーベキューのメニューを知りたいと思うパパやママもいるかもしれません。今回の記事では、バーベキューに準備するものや子どもが喜ぶバーベキューの簡単レシピのほか、行くときに気をつけることを体験談を交えてご紹介します。

子どもといっしょにバーベキューへ行こう

気軽に楽しめるアウトドアとして、子どもとバーベキューを楽しみたいと考えるパパやママもいるかもしれません。バーべキューは普段とは違う場所での食事となるため、持っていくアイテムやどのようなメニューを用意すると子どもが喜ぶのか気になる方もいるようです。

今回は、バーベキューの持ち物や子どもが喜ぶレシピのほか、バーベキューへ行くときに気をつけることについて、パパやママの体験談を交えてご紹介します。

バーベキューに準備するもの

バーベキューにはどのようなアイテムを準備していけばよいのでしょうか。パパやママに聞いた、バーベキューに持っていくものや、あると便利なアイテムをご紹介します。

基本的なバーベキューアイテム

バーベキューセット
iStock.com/Fotoplanner

バーベキューに持っていく基本アイテムは以下のようです。

  • バーベキューコンロ
  • トングや軍手
  • 調理器具
  • 皿やコップなどの食器類
  • 椅子やテーブル
  • 食材など

このほか、使ったあとのコンロや食器を洗う場合には、スポンジや洗剤を持っていくとよいかもしれません。食材は前日に仕込んでおき、当日すぐにバーベキューを始められる用意をしておいたというママもいました。

場所によってはバーベキューセットがレンタルできたり、食材をその場で購入できたりするところもあるようなので、それぞれ必要なものをリストアップしてみてはいかがでしょうか。

あると便利なアイテム

30代パパ
火起こしに時間がかかると、子どもが飽きてしまうこともあるので、火起こしが簡単にできるトーチバーナーを準備しました。バーベキューがすぐに始められるのでとても便利です。
20代ママ
バーベキューに使う食材や飲み物は、大きめのクーラーボックスに入れて持っていくようにしています。保冷できるだけでなく、バーベキュー中はテーブルや椅子の代わりとして使うことができるので、とても助かります。

バーベキューに持っていくアイテムとして、トーチバーナーやクーラーボックスがあると便利だというパパやママの声がありました。ママのなかからは、バーベキューが終わったあとに家族みんなで遊べるよう、遊び道具を持っていったという声も聞かれました。

子どもが喜ぶバーベキューのメニュー

バーベキューにどのようなメニューを用意すると、子どもが喜んでくれるでしょうか。子どもが喜ぶバーベキューの簡単レシピをパパやママたちに聞いてみました。

バーベキューバーガー

バーベキューバーガー
iStock.com/Kesu01
20代パパ
ハンバーガー用のパンは少し焦げ目がつく程度に、バーベキューの網で焼いておきます。バーベキューで焼いた肉や野菜を温めたバンにはさめば完成です。それぞれ自分の好きな具をはさめるので、我が家の子どもたちに大人気のメニューです。

バーベキューで焼いた肉や野菜をパンにはさめば、バーベキューバーガーを楽しむことができるようです。ママのなかには、肉などをパンにはさむことで、小さな子どもは手で持って食べやすそうだったという声もありました。

チーズフォンデュ

30代ママ
ひとかたまりのカマンベールチーズを、上の部分だけ空くようにアルミホイルで包みます。表面に丸く切り込みを入れ、網の上で加熱しチーズを溶かします。チーズが溶けてきたら、表面の硬い部分を取りのぞいて完成です。子どもは、普段食べない野菜も、チーズをつければパクパク食べてくれます。

バーベキューにチーズフォンデュができると、子どもも喜びそうです。チーズは強く加熱しすぎると焦げてしまうこともあるようなので、チーズが溶けたら網の端に寄せるなど工夫をするとよいかもしれません。

じゃがバター

30代パパ
子どもたちと行くバーベキューでは、じゃがバターを楽しむことが多いです。じゃがいもとバターをアルミホイルで包み、直接炭の中に入れておきます。しばらく様子を見てじゃがいもがやわらかくなったらできあがりの簡単レシピです。

じゃがバターはバーベキューにぴったりな簡単レシピのようです。ママのなかからは、じゃがいもを包む過程など、子どもといっしょに料理を楽しむこともできるのも嬉しいポイントだという声が聞かれました。子どもが好きなウインナーなどをいっしょに入れてもおいしく作れそうです。

バーベキューに行くときに気をつけること

子どもとバーベキューに行くときに気をつけたことを、パパやママに聞いてみました。

暑さ

30代ママ
夏の暑い時期にバーベキューへ行くとこになったので、こまめな水分補給や帽子を被るなど、暑さ対策をしっかりするように心がけました。

暑い時期にバーベキューへ行く場合には、暑さ対策を意識するとよさそうです。ママのなかには、簡易テントやタープを持っていき、日陰で休めるような対策をとったという声もありました。

やけど

30代パパ
子どもがバーベキューのコンロや炭などでやけどをしないように気をつけました。バーベキューを始める前には、火の危険性を子どもに説明する時間をもったほか、囲炉裏型のテーブルを使って子どもがコンロに近づけないようにする工夫をしました。

バーベキューでは、子どもがやけどをしないように気をつけることも大切のようです。万が一のことを考え、あらかじめインターネットや本などでやけどの対処法をしっかり確認しておいたというパパやママもいました。

虫刺され

30代パパ
バーベキューへ行くときは、虫刺され対策をしっかりしました。暑い時期でしたが、薄手の長袖長ズボンを履き、首にはタオルを巻くなど肌が露出しないように気をつけました。

バーベキューに行くときは、虫刺され対策をしっかりすることも大切のようです。ママのなかには、小さな子どもでも使えるアロマの虫除けスプレーを持参し、虫に刺されないよう気をつけたという声もありました。

事前準備をして子どもとバーベキューを楽しもう

バーベキューをする家族
iStock.com/Yagi-Studio

子どもとバーベキューへ行くとき、持ち物や子どもが喜ぶメニューを知りたいと考えるパパやママもいるようです。バーベキューへ行くときは基本アイテムのほか、クーラーボックスなどの便利な道具を活用して楽しめるとよいかもしれません。

チーズフォンデュやじゃがバターなどの簡単レシピを参考に、暑さ対策などをしっかりして、子どもとバーベキューを楽しめるとよいですね。

2019年07月17日


2

    OK
    やけど対策は必須になってきますよねー コンロとかはできるだけ遠ざけるとか、そういうのは必要ですよね。

    よっしー【シッター】
    イギリス滞在の時の話ですが、小さいお子様のいる家族でバーベキューをする時には、必ずハンバーガーを作りました。 肉やバンズを焼くだけでなく、切った野菜やチーズなど、好きなものを好きなだけのせて食べることで、子どもたちもとっても楽しそうでしたよ。苦手なものもノリで食べてる様子も見られました。 お庭バーベキューや、ホットプレートを使ってのホームパーティーでも、楽しんで作れると思いますよ。 ホットドッグも焼いてましたが、作る楽しみがあったのは、やはりハンバーガーでしたね。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧