【厳選7記事】withマスク時代の子どもの健康とマスク事情

【厳選7記事】withマスク時代の子どもの健康とマスク事情

「新しい生活様式」が呼びかけられ、長引くマスク生活。マスク着用により、子どもたちに影響はあるのでしょうか?マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸の危険性、マスク選びのポイントやマスクの作り方をまとめました。

マスク生活で見落としがちな子どもの「呼吸」

新型コロナウイルスの流行により、マスク生活を強いられる子どもたち。このような「新しい生活様式」が子どもに重大な弊害を及ぼすと、みらいクリニック院長の今井一彰先生は語ります。

マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸についての危険性や、口呼吸の弊害、鼻呼吸へ改善する実践法について聞いていきます。

マスクシンドロームがもたらす弊害とは

今井先生は、マスク着用によって子どもの心身に“マスクシンドローム”とも言うべきさまざまな症状をもたらしていると話します。

マスクをしていると、口元に他人の視線を感じないからと気が抜けることや、マスクによる息苦しさによって、無意識のうちに口呼吸になりやすいといいます。
マスクシンドロームの症状として、虫歯、喘息、アトピー、歯並びへの影響が挙げられるなか、最も大きな影響を与えるのが歯肉炎。歯肉炎の症状を引き起こす大きな原因になっているのが口呼吸なのです。
子どもの呼吸回数は1日に約3万回。本来、鼻呼吸が正しい体の使い方であるにも関わらず口呼吸という誤った使い方をするために、さまざまな病気を発症すると警鐘を鳴らします。

口呼吸の危険サイン

およそ7割の子どもが口呼吸になっているという事実は、子どもたちの成長にも大きな影響を及ぼす危険性があると今井先生は指摘。

アレルギー疾患、呼吸器、精神、消化器などの病気の発症に関係していると考えられています。口呼吸の危険サインは、どのように見極めればよいのでしょうか。
そのひとつが口臭。口呼吸が習慣化していると口臭がきつくなるといいます。

「呼吸」は学習。口を鍛える実践方法

「呼吸や咀嚼は“できて当たり前”ではなく、“学習”なんです」こう語る今井先生は、口を鍛える「あいうべ体操」を提唱します。

子どもの10年後、20年後の健康な体作りのためにも、口呼吸から鼻呼吸へ改善するための実践法をチェックしてみては。

子どものマスク、どうしてる?

子どものマスク着用はどうしていますか?中にはマスクを嫌がる子どももいるかもしれません。ゴムのかけ方を工夫したり、子どもの好きな柄の布で手作りしてみてはいかがでしょう。

子ども用のマスクの作り方や、マスク選びのポイントなどを紹介します。

2021年01月23日

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧