5歳の子どものおむつをとるために。日中や夜のおむつはずしの工夫

5歳の子どものおむつをとるために。日中や夜のおむつはずしの工夫

おむつがはずれない悩みや心がけたこと

5歳の子どものおむつがとれないことに悩んでいるママもいるかもしれません。今回の記事では、男の子女の子それぞれのおむつがはずれない悩みや、日中と夜のおむつをはずすための工夫、おむつをはずすために心がけたことについて体験談をもとにご紹介します。

5歳でおむつがとれない悩み

子どもが5歳になり、おむつがなかなかとれないことに、どうすればよいのかと悩むママやパパもいるかもしれません。5歳の子どものおむつに関する悩みを聞いてみました。

5歳男児のママ
男の子ですが、夜寝るときのおむつがとれません。一度パンツで寝たときにおねしょをしてしまってからは、おむつを履きたがるようになってしまいました。
5歳男児のママ
幼稚園から帰ってくると自分でおむつに履き替えてしまいます。幼稚園ではトイレに行けるのにどうしてと聞くと、トイレがリビングから遠いのが嫌だからと答えます。
歳女児のママ
うちは女の子なのですが、外出時だけはおむつをはいています。知らないトイレは怖いみたいで外出先でトイレに行くのを嫌がります。

夜寝ているときや外出時など、おむつがはずれないことに悩んでいるママがいるようです。男の子と女の子とではおむつがはずれない理由にも違いがあるのかもしれません。

日中のおむつをはずすための工夫

外出時や遊びに夢中のときなど、日中のおむつがはずれないということもあるかもしれません。日中のおむつをはずすためにどのような工夫をしたのかママたちに聞いてみました。

トイレを楽しい空間にする

子供仕様のトイレ
Photographee.eu - stock.adobe.com
5歳女児のママ
トイレのタンクに子どもの好きなのシールを貼ったり、壁にガーランドを飾ったりしてかわいい空間にしました。今までトイレに行きたがらなかったですが、『ちょっとトイレ行ってみようか』と声をかけると楽しそうに行くようになりました。
5歳男児のママ
トイレに、男の子に人気のキャラクターのポスターをトイレに貼りました。今まではトイレに座るのを嫌がったのですが、今は喜んでトイレに行くようになりました。

子どもによってはトイレに嫌な気持ちがあり、行きたがらないこともあるかもしれません。子どもが興味をもっているものを置くなどして、行きたくなるような空間にできるとよさそうです。

トイレタイムを作る

5歳女児のママ
遊びに夢中になってしまうとトイレに行きたくなくなってしまうので、トイレタイムを作るようにしました。朝起きた後やおやつの前など区切りとなるタイミングを見つけてトイレに行くようにしています。
5歳男児のママ
トイレに行く時間を決めてアラームをかけています。音が鳴ると、お兄ちゃんと競争でトイレに行くようになりました。

トイレタイムを作ることでトイレに行く習慣が身につくかもしれません。幼稚園でのトイレタイムの作り方を参考にしながら、家でも違和感なく取り入れるようにしているというママの声もありました。

夜のおむつをはずす工夫

日中のおむつははずれたけれども、夜のおむつだけとれないということもあるのではないでしょうか。夜のおむつをはずすためにどのような工夫をしたのかママたちに聞いてみました。

寝る前の水分に気をつける

5歳男児のママ
水分をたくさん取るとおねしょが心配になるので、寝る前の水分は取りすぎないように気をつけています。一口ずつゆっくり飲むように声かけをしています。

寝る前の水分の量に気をつけているママもいるようです。日中の活動量や気温、子どもの様子などを見ながら判断できるとようにするとよさそうです。

寝る前にトイレに行く

ベッドで寝るぬいぐるみ
iStock.com/Ridofranz
5歳女児のママ
布団に入る前は必ずトイレに行くようにしています。子どもが『出ない』と言っても必ずトイレに座らせることにしています。

寝る前にトイレに行けるとママも子どもも安心かもしれませんね。習慣にするために歯磨きの後はトイレなど、ルーティン化するようにしたというママの声もありました。

おむつをはずすために心がけたこと

5歳の子どものおむつをはずすためにどのようなことを心がけたのか、ママたちに聞いてみました。

失敗しても叱らない

5歳男児のママ
たまにおねしょをしてしまうことがありますが、叱らないように気をつけています。子ども自身も落ち込んでいると思うので、いつも通り明るく接するように心がけています。

叱られると失敗することが怖くなり、おむつをはずすのが嫌になってしまうかもしれません。子どもの気持ちを大切にして向きあってあげられるようにしたいですね。

できたときは褒める

5歳女児のママ
トイレでできたときはたくさん褒めてるようにしています。1回1回の成功を自信にしてほしいなと思います。

褒められることは嬉しいですし自信にもなりますよね。大げさなくらいたくさん褒めたりご褒美をあげたりしてやる気を引き出したというママもいました。

長い目で見る

5歳男児のママ
すぐにできるようにはならないと考え、長い目で見るようにしました。いつかはおむつともさよならできるだろうと思うとおおらかな気持ちでいられます。

なんでもすぐにはできるようにならないので、長い目で見ることは大切なようです。いつかはおむつがいらなくなる日が来ると考えるだけで、ママの気持ちも楽になるかもしません。

子どもの気持ちに寄り添って対処しよう

ベッドで眠る男の子とママ
iStock.com/anurakpong

5歳の子どもが夜のおむつがとれないことや、外出時におむつがはずれないことなどで悩んでいるママがいるようです。

トイレに行く時間を決めたり、トイレを楽しい空間にするなど、男の子と女の子それぞれにあう工夫ができるとよさそうです。

失敗しても叱らず、できたときはしっかり褒めて、子どもの気持ちに寄り添ってトイレトレーニングを進めたいですね。

2020年02月02日

専門家のコメント
30
    とーち先生 保育士
    日中もオムツを穿いている状態なら、まずは昼間のトイレトレーニングから。5歳になると、言葉もしっかり話すので、尿意も伝えることができると思います。

    お気に入りのキャラクターのパンツを履くなどすると本人のやる気もアップするかも。

    パンツを穿きたがらない子には周りにも協力してもらうといいかもですね。

    このパンツ可愛いねー♪パンツで過ごしてるの素敵‼️等、母親ではなくて、他の人からの言葉だと効果があるのかも。


    パンツで昼間過ごせたら、お子さんが好きそうなシールを貼る

    そして、短時間でも1日でも、自らやる気を出して過ごせた際は大いに褒めてあげること。


    大人も子どもも褒められると嬉しいですよね。

    まずは、お子さんに自信がつくように配慮することが必要だと思います。



    夜のオムツ外しは個人差があるので、ゆっくりでもいいのではないかなぁと思います。

    日中、パンツで過ごせることが第一目標だと思います(*^^*)
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    500回以上シッターとしてご家庭にお邪魔していますが、5歳に限らず小学校に上がっても夜おむつが外れないお子様は意外と多いので焦らず長い目で見てあげられると良いですね☺️
    すみっこ先生 保育士
    年齢が上がってくるとオムツについて心配になりますよね💦
    どの年齢でも共通しているのが絶対に怒らないこと、責めないこと。お漏らししたくて、おねしょしたくてしている子はいないですもんね。
    保育園で子どもたちがオムツからパンツへ成長していく過程を見て… タイミングと時期は一人一人本当に違うもので、それぞれの成長の具合があるので周りの大人はあくまでもサポートをするのみ。急かしても逆効果なんだなぁ…誉めて誉めて促す方法も合う合わないがあるんだなぁと…。


    友人の子は、小1で夜オムツが外れずに悩んでいました。小児科で「夜尿症」と診断され、ホルモンを調整するお薬を処方してもらったと言っていました。毎晩のおしっこの量を計測したり、先生に定期的に相談をしているようです。
    ほー先生 保育士
    つい周りの比べてしまいますが、
    子どもそれぞれ個人差があるので
    まず焦らず焦らず ですね。

    私の身内に年長児くらいまで
    ずっとおもらしやおねしょで
    悩んでいる人がいましたが、
    病院等に相談してその内しなくなる
    と気持ちが楽になり親子共々
    余裕が出たのか少しずつなくなりました。
    cocoまま先生 保育士
    焦らなくて大丈夫^ ^大人になってもオムツをしてる人なんていないもん!くらいの気持ちになる事が大切かなと思います^ ^焦ってもカラ回るだけ^ ^ストレスためずにリラックス!
    めめ先生 保育士
    なんでできないんだろうと必死になると親も子もストレスがたまってしまいなかなかうまくいかないと思います。
    ご褒美シールを使ってみたりトイレに関する絵本を読んだりしながら長い目で焦らずがいいと思います。
    子どもには一応の目標はお話ししておいたほうがいいと思います。
    いついつになったらパンツにしようね、とか5歳だったらきちんと理解できると思います。
    なごみ先生 保育士
    好きなキャラクターのパンツを一緒に買いに行ってやる気をださせるのもいいと思います。夜に関しては身体の機能的なものが原因の事が多いので小児科に行って相談してみる方がいいと思います。
    さと先生 保育士
    5才で日中にオムツが取れない子の中には、不安やストレスが原因となっている場合もあります。
    場面によってパンツを嫌がる場合は無理強いをせずに、まずはお子さんの気持ちを受け止め、認めてあげましょう。
    強制するとかえって不安が大きくなりオムツ外れが遠ざかってしまうことがあります。
    ゆっくりでも必ずできるようになりますから、焦らないで下さいね。
    みどり先生 保育士
    今のおむつは履き心地の良い商品がたくさんあるのでしょうね。

    発達心理の面において、自己有能感を幼児期に感じる事が青年期の自立に向けた大切な課題のひとつになると言われています。

    おむつが外れ、自分でトイレができる。この事は幼児期のお子さんにとって大きな変化のひとつになるでしょう。

    様々な方法があるかと思いますが、失敗も経験のひとつとして、寛容な気持ちでサポートしてあげられるといいですね。
    りお先生 保育士
    悩むようで有れば、一度病院を受診し、排尿機能発達の検査を受けられたらいいと思います。
    もしかしたら、オムツが取れる発達年齢に達していないのかもしれません。その場合、焦っても仕方ないですもんね💦

    特に問題がない場合は、日中は時間を決めてトイレに行く習慣をつけて、トイレに行った時にはできるようにしていくことを日々コツコツと、
    夜は寝る前のトイレを習慣にし、晩ご飯以降は水分の取りすぎに気をつけることじゃないかと思います。
    ドゥー先生 保育士
    5歳くらいの年齢であれば、ある程度大人の話を理解することができると思います。
    まず、自信をもてること、そして何より『失敗しても良い』ということを子どもに感じてもらうことが大切です。
    おねしょをしてしまったら、どうすればしないようにできるか、寝る前の約束をつくるなど、親子で色々試してみるのも良いかもしれませんね。
    おはぎ先生 保育士
    うちはまだ5歳ではありませんが、まさしく赤ちゃん返りでオムツ生活が復活しました。なかなか怒らないって難しいですよね💦成功が続くと、もう大丈夫じゃないか?と期待して派手に布団もパジャマもえらいことになってなんでよー!と激怒と落胆‥の末に反省の日々です(^_^;)
    なるべく怒らなくて済むように、漏れたあとの仕事が少なくて済むように朝と出かける前と寝る前はトイレに必ず行って座ってみる。漏れても布団が濡れないように防水マットを腰に巻いて寝るなどそっちの工夫をしてみれば、そんなに追い詰めて怒らなくて済むかもしれません。そしたら、お互い気持ちが楽になって前に進めるのかなと思います。がんばりまーす!
    いちぽ先生 保育士
    5歳になれば意思疎通がしっかりとできるので、本人の気持ち次第かなと思います。
    夜のオムツは小学校に向けて少しずつ頑張れるといいですよね。
    いちご先生 保育士
    大人が焦るとそれが伝わって子どもも焦ります。失敗しても焦らずゆっくりやることが大事だと思います。心配なようでしたら、専門家や周りの方に相談してアドバイスをもらいながら、気長にやっていきましょう。
    のんの先生 保育士
    5歳となると、もうすぐ小学生ですので、練習は必要ですね。
    わたしは、パンツの上からオムツをはかせていました!
    パンツで「濡れる」という感覚をおしえることができ、
    おむつで漏れ防止ができます!!


    基本的には、小学生1年生までにオムツがとれればいいと言われています。中学生、高校生になってオムツをつけてる人はいません。
    いつかはずれます。早いか遅いかの違いですので、そこまで神経質にならなくてもいいとおもいます。
    子供は、大人が思うより、おねしょや、お漏らしを怒られるのが怖いのです。
    なつまる先生 保育士
    大きくなってきて
    オムツが外れないことが心配で焦ってしまうこともあるかと思いますが
    個人差がありますから、思い込みすぎずに進められるといいですね!
    夜の飲み物の量を減らしたりして小さなことから実践してみましょうか!
    あー先生 保育士
    年齢があがるとこどもも自分の意思が育ってきているのでなかなかオムツをとるのが大変ですよね💦うちの場合は早めにオムツを外したのでわかりませんがこどもひとりひとりのペースを大事にしたいところですね!
    あーちん先生 保育士
    5歳になって、日中のオムツはこだわりが強いのかもそれませんね。お気に入りの服があるようにオムツを履いていたい!と思うのかもしれません。

    夜のオムツが外れていない子は5歳でもまだ結構いると思いますが、おねしょが恥ずかしいという気持ちがあるからこそ、パンツで眠るも嫌がっている可能性もあります。

    どんな形にせよ、無理なく子どもの話を聞いてあげながらオムツの卒業が出来るようにしていきたいですね!
    もりもん先生 保育士
    こどもはこちらがおもっている以上にお母さんの気持ちをキャッチしていると思います。
    お母さんがこどものおむつを外す事に気になっているという気持ちを敏感に感じとっていてそれが不安になってしまう子もいるかもしれません。どーんと構えてそのうちとれるよ!とおおらかにいることが心の安定につながると思います。
    ぷん先生 保育士
    トイレを嫌がるお子さんって案外多いですよね💦特に冬場はギリギリまで我慢してかけこむ姿がよく見られました😅
    昼間、おむつのお子さんは昼間のトイレトレーニングから始めましょう。お子さんの個性にもよると思いますので、保育園や幼稚園の先生と連携して進めていくと良いと思います。
    夜間のおむつは長い目で見てあげてもいいのではないでしょうか?寝る前に水を飲みすぎないトイレに行くことから始めていくと良いですね。
    ぺち先生 保育士
    幼稚園では年長児のみお泊まり保育がありましたが、昼は大丈夫でも夜はオムツをして寝ている子がちらほらいました。夜は不安になってしまうのと、お母さんたちがもらすとめんどくさいからつけているというのもありました。焦らず、そのこのペースで外せるようになると良いですね。
    わい先生 保育士
    保育園や幼稚園でオムツを穿いていることがばれたくないから我慢している子もいます。そんなときは、こっそりトイレに誘うことが大事です。トイレ時間を決めてあげるとトイレに行くようになります。また、お家のトイレ以外トイレに入れない子もいました。その子は潔癖症でした。そのときは、保護者と一緒にトイレに言ってもらい、園とお家のトイレは同じであることを伝えてもらい、トイレに行くように根気強く伝えていきました。
    ぽんた先生 保育士
    うちは、早くから夜のオムツもとれていたのですが、上の子はしばらくの間、夜中にトイレに起きていました。小学校二年生くらいまでだったかなあ。布団でとなりに寝ていたのですが、夜中に、いかにもトイレガマンしてます!みたいなモゾモゾ動きが始まると、こちらも目がさめるので、寝ている息子を起こしてトイレへ。多いときは一晩に三回もー。しかも、私もついていくという、、、。
    しまこ先生 保育士
    市販の紙オムツは品質が良くて濡れても不快にならないのでなかなかオムツが取れません。
    なので普通のパンツをはいた上に紙オムツをはかせるといいですよ。ぐっしょり濡れて本人は気持ち悪いけど漏れないのでママは安心です。
    める先生 保育士
    日中か夜のみかで少し対応は変わってきますね。日中も履いているようなら、一緒に可愛いパンツを買いに行ったりなどして、トイレへ行くことが楽しいと思えるところから始めるといいと思います。こまめに声をかけ、トイレへ誘い、言葉でのやりとりもだいぶできると思うので、子どもの発言に耳を傾けながらやりとりをして進めていけるといいと思います。
    夜のみでしたら、寝る前に必ずトイレに行ったり、寝る直前に水分をたくさんとり過ぎないなど、長い目で見るのが良いですね^^
    ひよひよ先生 保育士
    5歳になると、自分のプライドが出てきます。
    うちは、幼稚園のお泊まり保育で、保護者とも相談をしながらパンツで寝て夜中に一回起こして下さいという方もいますし、みんなと別部屋でオムツをはかせて寝かせて下さいという方もいてそれぞれです!
    子どもたちの負担にならないよう、子どもたちとも相談しながら、良い方法を見つけてオムツとれるといいですね。
    はなこ先生 保育士
    日中まだ外れていないのではあれば先にそっちのトレーニングをする必要があると思います!夜は膀胱に貯めるのがその子によって違うと聞いたことあるので、まずは気長に寝る前にトイレへ行く習慣をつけて様子見てもいいと思います!
    ゆきんこ先生 保育士
    5歳になると、幼稚園、保育園などにも行って自分自身も気になってくる頃かと思います。
    一人一人子どもによって、幼稚園ではトイレに行けない子、家のトイレじゃないとうんちができない子もいました。焦らず、まずは昼間からですね!ストレスになってトイレをいやがる子にならないように工夫しましょう✧
    はなばたけ先生 保育士
    夜のおむつがとれない…という5歳のお子さん、いらっしゃいます。焦ることもあるかと思いますがお子さんの意欲に応じて進めたいことと暖かい時期を狙っての挑戦、おすすめです。寒いとトイレが近くなりますから ( ^_^ )
    こいまま先生 保育士
    言葉がしっかりはなせる、オシッコを1時間ほど貯めておける、ならパンツにしても問題のない年齢だと思います。
    日中、おむつにしてしまうのならば、それはおむつが楽になっているのかもしれませんね。
    本当に濡れた感覚がわからないのか、それとももう慣れてしまっているのか、見極めは大切かと思いますよ。

しつけの関連記事

カテゴリ一覧