日本初【子どもが主役のまち】北海道安平町に新設された「早来学園」

日本初【子どもが主役のまち】北海道安平町に新設された「早来学園」

小中一貫校でアイデンティティを育む

子どもが主体の環境づくりを目指し、日本初「子どもにやさしいまち」として日本ユニセフから承認された安平町。「自分が“世界”と出会う場所」というコンセプトをもとに、地域に開かれた学校「早来学園」を開校します。不確実な時代を生きる子ども、大人、すべての人のための学校をご紹介します。

[PR] 北海道安平町

日本で最初に「子どもにやさしいまちづくり」実践自治体として承認された安平町

安平町は新千歳空港から20分ほどの場所に立地し、札幌中心部からは車で約80分、隣接する千歳市・苫小牧市へも車で約30分の好立地にあります。
1
安平町は、ユニセフの推進する「子どもにやさしいまちづくり事業(CFCI)」を実践する自治体として、2021年に日本で初めて承認された町です。子どもの今を大切に、子どもを主役に考えた町づくりをしています。子どもに優しく、ひいてはすべての人が幸せになれるような町を目指しています。

不確実なこの時代を生き抜くために必要な、「自分に期待するチカラ」を育てるための仕組みも。あびら教育プランでは、「遊育」・「学び」・「挑戦」をキーワードに、子どもから大人まで「豊かに生きるために挑戦する人」を育てます。

2
2つの認定子ども園の遊具や園庭には、子どもたちの可能性を引き出す仕組みがたくさん。自然豊かな安平町ならではの体験もでき、見学者からこんな子ども園に入れたい!自分が入りたかった!との声を頂いています。(詳細が知りたい方は前回のKIDSNA STYLE記事へ)

3

コンセプトは「自分が“世界”と出会う場所」。子どもたちと共につくる「早来学園」とは

4
平成30年9月、北海道胆振東部地震の被害を受けた早来中学校。一方、震災の被害は少なかったものの、早来小学校は老朽化が進んでいました。そこで、この大きなピンチをチャンスととらえ、小中一体校舎を新設することが決定。

元に戻すだけではなく、より良い学校をつくることを目標に、新設する義務教育学校「早来学園」を復興のシンボルとする取り組みをしてきました。
5
平成31年からは「新しい学校を考える会」がスタート。会では、事業の理念である「子どもの意見を聞く」「子どもと大人が対等に議論をする」ことをモットーに、未来の「早来学園」について対話を重ねてきました。

校舎の設計、制服・校章・ジャージのデザインなど、子どもたちの意見を反映しながら、ひとつひとつを具体化。
6
校舎の建設も完了した早来学園は、令和5年4月に震災復興のシンボルとして開校します。早来学園のコンセプトは「自分が“世界”と出会う場所」。

安平町の自然・地域・文化・人に触れ、支え合うなかで、学校を通してスポーツ・テクノロジー・多世代の人達やたくさんの「本物」と出会うこと。さらに、多様な価値観や多くの学び、夢と出会い、“世界”に生き、“世界”へと羽ばたいていく、そんな拠点になってほしいという想いが込められています。
7

「早来学園」の注目ポイント

広大な自然と共に生きる学校

最新校舎は大自然に囲まれています。「観察の庭」では小川や湿地の生態系を生かし、生き物や植物の多様性を観察することができます。元々の自然を生かして作られた「学校の丘」では、四季を通じて子ども達や町の人が散策し、遊び、町を望むことができる場所となるでしょう。
8

地域の住民に開かれた学校

早来学園は開放・共用・専用の3つのエリアから成り立ちます。開放エリアは地域の人も使うことができるエリア。共用エリアは学校が使っていないとき、地域の人も使うことができるエリア。専用エリアは学校が主に使い、利用者、場所、時間を限って地域の人も使うことができるエリア。

ICT技術を活用してセキュリティラインをはっきりとさせ、すべての人々が安全に使えるシステムです。

エントランスからすぐに見えるのは、共用エリアであるガラス張りの図書室。町の人が自由に本を読みながらくつろげるスペースです。学校と地域とのつながりを建物そのものからも感じてもらえるよう、お互いの存在が見える開放的な設計にしています。

学校と地域住民を切り分けずにオープンにすることで、お互いがやっていることを知り刺激を与えあえるような、開かれた空間を創出します。
9
10
地域の人々も自由に楽しめる図書室

team LabのICT技術で、子どものアイデンティティを育む学校

早来学園のコンセプト「自分が“世界”と出会う場所」を実現するためのツールとして、teamLab主導によるICT技術を取り入れました。
11
児童・生徒、先生、地域の人が使いやすく、地域に開かれた学校として機能するため、次の3点で最先端技術を取り入れています。

一つ目は、スマートスクールシステム。専用エリアは、インターネットからの予約によって地域の住民も利用が可能。

普段は子どもたちが使っている音楽室は、音楽好きが集うバンドの練習場所に。調理室は、キッチンスタジオとなり料理教室を開催したり。創作アトリエでものづくりに没頭するもよし。使い方は無限大です。
12
13
二つ目に、先生の業務負担軽減のための公務支援システム。業務の効率化や、地域の教育の質の向上を目指しています。

三つ目に、一人一台のタブレット支給や校内のWi-fi環境完備など。格差をなくし、個々の子どもに合った学びの支援を可能にします。タブレット片手に廊下で異学年が集まってプロジェクトの話し合い、なんてことが見られるかもしれません。
13

総合学習の時間で自分の“世界“と出会う学校

総合学習の時間には、あびら教育プランに基づいて、行政や企業、NPO法人など含め、第一線の大人から生きた授業を学びます。

令和4年度は、「馬」や特産の「メロン」、地域の「森」などをテーマに取り上げました。「馬」をテーマとした授業では、どうすれば町を「馬のまち」としてもっとPRできるのか、町民と馬との距離が縮まるのかを考えました。実際に牧場で馬と触れ合い、馬についてプロから学び、最後は町長に政策提言を行いました。

その他にも地元NPO法人による「森の授業」など地域に密着したカリキュラムもあり、他では味わえないような豊かな経験を得ることができるでしょう。

自分で考え、体験し、アウトプットする経験からアイデンティティを育み、自分の“世界“と出会うことを大切にしています。
https://www.facebook.com/watch/?v=841343949827583
写真

安平町での子育てがわかるオンラインツアー開催

最新のICT技術を取り入れた早来学園や、大自然に囲まれたはやきたこども園をオンラインツアーでさらに詳しく見てみませんか?
画像
◎開催日時
2022年12月3日(土) 9:30〜12:00

 ◎当日のプログラム(予定)
・早来学園について(安平町教育委員会)
・子どもの「自ら育とうとする力」について(はやきたこども園園長)
・ 馬がいて田んぼがある、はやきたこども園で過ごす子どもたちの様子を生中継
・様々なスキルを持った若いスタッフによる「教えない放課後教室『あびらぼ』」のプログラム「動画作成」紹介

◎開催場所
・オンラインにて開催
※参加お申し込み後、ZOOM ミーティングURLを送付します

◎参加費
無料

詳細&お申し込みは下記Peatixよりお願いします!
https://peatix.com/event/3399480/view


◎こんな方にオススメ!
・現状の子育てに不安や孤独を感じている
・自然豊かな環境で子育てしたいと考えている
・移住を検討している
・最先端の教育に興味がある

また、1月後半には現地ツアーを開催予定です。
ツアーの問い合わせは、北海道安平町役場 政策推進課へ。

北海道安平町役場 政策推進課
電話番号:0145-22-2751(平日 8:30〜17:15)
mail:m-suishin@town.abira.lg.jp

2022年11月15日

関連記事

  • キヤノンのカメラを使ったワークショップ「PICK&ZOOM教育プログラム」には、子どもたちに必要な力を育むためのヒントがたくさんあります。子どもの成長・発達に詳しい専門家を迎え、実際に5歳の子どもたちを対象に実施されたカメラを使った教育プログラムの様子をレポートします。

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社

    PR

  • 空前の「性教育」ブームといわれる昨今。でも実際子どもに「性」のこと、「からだを大切にすること」の意味を教えるのは簡単ではありません。そこで、漫画家のツルリンゴスターさんが元保健室の先生で性教育講師であるにじいろさんに、性教育に関する率直な疑問をぶつけたレポート漫画、前編です!

    ツルリンゴスター

  • ひとりひとりの個性を尊重し、身体・心・頭をバランスよく育てることを大切にしているシュタイナー教育。この教育法で用いられるおもちゃは、一般的なおもちゃとは少し違うようです。どのような種類のおもちゃがあり、特徴や遊び方はどう違うのか。また、シュタイナーのおもちゃを取り入れた保護者の体験談などを紹介します

  • 集中力は、勉強だけではなく、スポーツや将来的には仕事をしていくうえで、欠かせない能力です。元々集中力が高い子もいるかもしれませんが、環境を整えたり生活の中で少し工夫をすることで、高めることもできるようです。今回は集中力がない原因や遊びを通して集中力を育てる方法などを紹介します。

  • 「語彙力」が高いとは、多くの言葉を知っている状態を連想しますが、実はそれだけではなく、知っている言葉を適切に使う力も含まれている言葉です。よく本を読む人は語彙力が高いイメージがありますが、その他にも語彙力を高める方法はあるのでしょうか。また、語彙力が高いとどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 近年よく耳にするSDGs。未来を担う子どもたちも、学校などにおいてこのテーマに触れる機会が増えることが考えられます。そこで、KIDSNA fo KIDSAシリーズにて、書籍『数字でわかる!こどもSDGs』を原作にアニメ動画を制作。数字が伝える世界の現実をご紹介します。

  • KIDSNA編集部が選ぶ、子育てや教育に関する話題の最新書籍。今ある職業の大半がAIやロボットに代替されるといわれて10年近くがたちました。実際、なくなりつつある仕事がある一方で、新たな仕事も数多く生まれてきています。今回は、『今ない仕事図鑑100』『今ない仕事図鑑ハイパー』(講談社)から、今ない仕事を生み出した日人たちへのインタビューを一部抜粋・再構成してお届けします。

  • 私たちにとって、お金と関わりを持たずに生活することは避けられません。生活スキルとして欠かせない「金融リテラシー」を子どもに身につけてもらうために、保護者はどのようなことができるでしょう。金融リテラシー・マップを使った子どもへの伝え方や、金融リテラシークイズ、保護者の体験談をご紹介します。

  • スマホやタブレットが普及した昨今、予期せぬタイミングで子どもが性について触れてしまうこともあります。では、子どもの性教育は何歳からはじめるのが適切なのでしょうか。性教育のスタートについて日本と世界の基準を比較。実際に、性教育を実施している保育園を訪れ、幼児期からの性教育の必要性について伺いました。

  • 知りたいことに対してまっすぐな好奇心を持つ子ども。一方で、友だち関係や思春期の悩みを持つ子どももいるかもしれません。今回は、好奇心を刺激する図鑑から、さまざまな悩みへのアドバイスを伝える実用書まで、子どもたちに寄り添う書籍をピックアップ。新しい一年の始まり、我が子に贈る1冊を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • さまざまな育児書や教育本が発売されているなか、どれを選べばよいか迷うという方もいるかもしれません。そこで今回は、昨年発売の教育・子育てに関する書籍を厳選してご紹介。共感必至の子育てエッセイから、保護者のための性教育の教科書、男性育休に切り込んだ1冊まで、幅広いジャンルの話題の書籍をまとめました。

  • 昨今、重要性が叫ばれている家庭での性教育。子どもが疑問を持ち始めた頃が始めどきとはいえ、保護者自身も学校で十分に教わっていないことから、どう教えたらよいか悩む方も多くいるのではないでしょうか。幼児期に性教育が必要な理由から子どもへの性の伝え方、性犯罪から子どもを守る防犯対策までをまとめました。

カテゴリ一覧