妊娠中の飲み物で気をつけること。飲み物の上手な活用法など

妊娠中の飲み物で気をつけること。飲み物の上手な活用法など

妊娠中に飲み物を飲むときは、どのようなことを気をつけるとよいのでしょうか。妊娠中に注意したい飲み物や飲み物を上手に活用する方法など、ママたちの体験談をもとにまとめました。

妊娠中に注意したい飲み物は?

妊娠中に注意したい飲み物について、まとめました。

カフェイン入りの飲み物

iStock.com/SB
iStock.com/SB
カフェインには、覚醒作用や利尿作用、胃の消化活動を助ける胃酸分泌促進作用があるようです。コーヒーや紅茶だけでなく、緑茶やコーラ、さらには栄養ドリンクに含まれるケースもあります。

妊娠中にカフェインを大量摂取すると、赤ちゃんに影響が出る場合もあるため、注意しましょう。

アルコールやノンアルコール飲料

妊娠中にアルコールを摂取すると、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすと言われています。

ママのなかには、ルイボスティーやローズヒップティー、ハーブティーなど、お酒の代わりになる飲み物に切り替えたという声や、お酒が飲めないことでイライラするときは適度に甘いものを食べていたという声もありました。
ノンアルコールにはアルコールが1%未満のものとアルコールが全く入っていないものがあります。また、アルコールが0.05%以下であればノンアルコールと表示できるため、ノンアルコールの表示がある飲み物でも、アルコールが含まれている場合があります。

1%未満のアルコールでも、蓄積されるとお腹のなかの赤ちゃんに影響する場合もあるため、アルコールゼロ(アルコール0%)と表示があるものを選ぶと安心でしょう。

炭酸水

妊娠中に炭酸水を飲むときは、炭酸水と炭酸飲料の違いを知っておくことが大事のようです。

炭酸ガスと水だけで作られている炭酸水に対して、炭酸飲料は、甘味料や酸味料、香料を含んで飲みやすいようにしています。炭酸飲料を飲みすぎると、糖分の摂りすぎになるため注意をしましょう。

牛乳

DONOT6_STUDIO/Shutterstock.com
DONOT6_STUDIO/Shutterstock.com
妊娠中に飲む牛乳が、お腹のなかの赤ちゃんにアレルギーやアトピーになりやすいなどの影響を及ぼすことはないようです。

牛乳には、タンパク質や脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンといった5大栄養素がバランスよく含まれていますが、カロリーや脂質が比較的高い飲み物のため、飲みすぎないよう適量を取り入れるようにしましょう。

胃薬や漢方薬、便秘薬など、一般的によく使用されている薬の中には、さまざまな種類があり、成分などの違いで妊娠中に服用できないものもあるようです。

妊娠中に薬を服用する場合は、自己判断せず、かかりつけの医師や産婦人科の医師に必ず相談しましょう。

妊娠中に飲み物をうまく活用する方法

妊娠中はつわりや味覚の変化など、体の変化に悩むママもいるようです。妊娠中に飲み物を上手に活用する方法についてまとめました。

栄養を補う

栄養ドリンクはビタミンをはじめとした栄養素が手軽に摂取できて便利かもしれません。どの栄養ドリンクを選ぶかは、カフェインやアルコールが入っていないもので、「妊娠授乳期の栄養補給」「産前産後の栄養補給」と記載があるものを選びましょう。

いずれの栄養ドリンクも水代わりに飲むのではなく、普段の食事の補助として飲むようにし、必ず用法用量を守ることが大切のようです。

気分を変える

つわりや空腹で気持ちが悪くなるときは、こまめに飲み物を飲んで口の中をうるおしたというママの声がありました。味覚が変わってしまったときも、炭酸水など爽快感があるものを口にすると気分転換になるかもしれません。

体調にあわせて、自分にあった飲み物を見つけられるとよいですね。

外出先での体調不良に備える

iStock.com/prachanart
iStock.com/prachanart
通勤で電車などの乗り物に乗ったときや外出したとき、気分が悪くなってしまうこともあるかもしれません。あらかじめ飲み物を準備しておくと、気分が落ち着いたり、水分補給にもなってよさそうです。

飲み物以外に気をつけたこと

妊娠中は、飲み物以外にも生活のさまざまな場面で気をつけなければいけないことが増えるようです。妊娠中に気をつけたことについて、ママたちの声をご紹介します。

食事のとり方

妊娠中は栄養バランスのとれた食事のメニューを心がけたという声がありました。さまざまな食材を組み合わせて、主食と主菜、副菜が整った食事を心がけましょう。
つわりなどで食べられないときは、1回の食事の量を減らし、食事の回数を増やしてみてもよいかもしれません。また、こまめな水分補給を心がけ、無理をせず食べたいものを食べたいだけ食べるようにしましょう。

体の冷えや姿勢

妊娠中は、冷えに悩んでいる妊婦の方もいるようです。

エアコンの温度を調節しながら、夏は露出の高い服装を避け、冬は室内でも厚手のソックスや腹巻であたたかくしましょう。

また、日に日に大きくなるお腹を支えるために不自然な姿勢をとることが多くなっているかもしれません。ストレッチや散歩など軽い運動をすることで体に負担のない正しい姿勢を保つことができるようです。血流促進にもなり、リラックスできそうです。

ストレスを溜めない生活

妊娠中は、ストレスを溜めないようにリラックスして過ごすように心がけたママもいるようです。

体調が落ち着いているときは散歩をしたり、夫婦いっしょに外出するのもよいでしょう。自分にあったリフレッシュ法を見つけられるとよいですね。

妊娠中は飲み物に気をつけて気持ちよく過ごそう

Syda Productions/Shutterstock.com
Syda Productions/Shutterstock.com
妊娠中のママたちは飲み物に気を使いながら、上手に水分補給や気分転換をしているようです。

アルコールやカフェインなど摂取を控えた方がいい飲み物については、代用品や自分に合う飲み物などを上手に活用するとよいかもしれません。赤ちゃんとママにやさしくおいしい飲み物で、妊娠中も健やかに過ごせるとよいですね。

2020年12月11日

生活の関連記事

カテゴリ一覧