【産婦人科医監修】妊娠中に料理酒は使っても大丈夫?影響について

【産婦人科医監修】妊娠中に料理酒は使っても大丈夫?影響について

料理酒を使う際の注意点

妊娠中に料理酒を使ってもよいか気になる妊婦さんもいるでしょう。料理酒を使っているときに出る湯気を吸っても、お腹のなかの赤ちゃんに影響しないかと心配になることもあるかもしれません。今回は、料理酒の影響や、妊娠中に料理酒を使う際の注意点について解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠中に料理酒を使っても大丈夫?

外食で料理酒が入っている食事を食べてしまったり、料理をしているときに料理酒が沸騰する前に味見をしてしまったりすると、赤ちゃんに影響はないかと心配になる妊婦さんもいるかもしれません。

妊娠中の飲酒は赤ちゃんの発達や成長に影響を与えたり、流産や死産に繋がる可能性があるため控えるべきですが、料理酒も使用しないほうがよいのでしょうか。

今回は、料理酒の影響や料理酒を使う際の注意点について解説します。

妊娠中に料理酒を使ったときの影響

妊娠中に料理をするとき、料理酒を使ってもよいのかや、料理酒を使って料理をしているときに出る湯気に、アルコールは含まれていないかなど、アルコールに敏感になる妊婦さんは多いでしょう。

妊娠中に料理酒を使用しても、お腹の中の赤ちゃんに影響はありません。

アルコールは78.3度で蒸発します。加熱すると料理酒のアルコール分は飛びます。煮立って湯気が出る頃には、アルコールは蒸発しているので、妊娠中の料理酒の影響を気にする必要はありません。

十分に火を通さない料理もありますが、料理酒は少量しか使わないので、アルコールが完全に蒸発していなくても、そのまま食べて問題ありません。

妊娠中に料理酒を使う際の注意点

料理酒
kai - stock.adobe.com

料理酒は肉や魚の臭みを消す効果があるため、臭いに敏感な妊娠中は、料理酒を使って臭みを抑えようと考える妊婦さんもいるかもしれません。

妊娠中に料理酒を使うときの注意点を解説します。

入れすぎない

料理酒を使うときは、量に注意しましょう。

アルコールを多量摂取すると、流産や死産などに繋がり、妊娠の経過を悪化させる危険があるだけでなく、お腹のなかの赤ちゃんが発達障害や奇形になる「胎児性アルコール症候群」を引き起こすリスクが高まります。

アルコールは、料理酒のほかにも、和食に使用する頻度の高いみりんにも含まれています。レシピに書いてある料理酒の量よりも少なめに入れたり、料理みりんが入る場合は、日本酒を半分の量に減らすなどの工夫をするとよいでしょう。

妊娠中の料理酒の使用は、少量あれば問題ありませんが、摂りすぎないように意識することが大切です。

十分加熱する

十分な加熱
kazoka303030 - stock.adobe.com
料理酒のアルコール分を飛ばすには、十分に加熱する必要があります。料理酒は水より早く蒸発するので、熱を通す料理の場合は、料理酒のアルコール分は気にせずに使用してよいでしょう。

和え物や酢の物など、加熱をしない料理に料理酒を使用する場合は、しっかり煮切りをすることが大切です。煮切りは、鍋や電子レンジで料理酒を煮立たせ、アルコールを飛ばすことを言います。

アルコールが飛ぶだけでなく、お酒のにおいも残らないので、妊婦さんも安心して料理酒を使用できるでしょう。

調理中は換気をする

料理酒を使ったときに出る湯気がお腹のなかの赤ちゃんに影響を与えることはありませんが、湯気を吸いこむと妊婦さんが気持ち悪くなる場合があります。

換気扇を回したり、窓を開けたりして換気を心がけたり、休みやすみ料理をするなどして、気分が悪くならないように工夫できるとよいですね。

早めに入れる

レシピによって料理酒を入れるタイミングはさまざまですが、できるたけ早めに入れるとよいでしょう。

火を通す料理を作る際は、早めに加えることで加熱時間が長くなるため、アルコールをしっかり飛ばせます。料理酒のアルコールを過度に気にする必要はありませんが、タイミングを工夫すると妊娠中でも安心して料理酒が使えます。

原料とアルコール度数を確認する

料理酒には、清酒や合成清酒などさまざまな種類がありますが、妊婦さんは、米や米麹、水を原料に作られている清酒を使用することをおすすめします。

料理酒によっては、糖類や酸味料などの添加物を含むものもあるので、購入する際は、原料の確認を忘れないようにしましょう。

塩分の摂取量が多いと、妊娠高血圧症候群を引き起こす危険性が高まるため、添加物だけでなく、食塩が含まれない料理酒を選ぶことも重要です。

アルコール度数は13度から15度程度の料理酒が多いですが、中には、10度ほどに低く抑えたものもあります。できるだけアルコール度数の低いものを選ぶようにしましょう。

妊娠中は料理酒の量や使い方を工夫することが大切

料理する妊婦さん
Molostock - stock.adobe.com

料理酒を使った料理や、料理酒のアルコールを含んだ湯気は、お腹のなかの赤ちゃんには影響がないため、妊娠中でも使用できます。

ただし、アルコールの大量摂取は、「胎児性アルコール症候群」を引き起こす可能性があるため、量や使い方に注意が必要です。

料理酒はさまざまな種類がありますが、無添加やアルコール度数の低いものを選ぶと、妊娠中でも安心して使うことができます。

妊婦さんが料理酒を使用するときは、少量を調理中の早めのタイミングで入れ、十分に加熱することが大切です。湯気で体調が悪くならないように、しっかりと換気をしながら料理しましょう。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年12月26日

専門家のコメント
66
    かよう先生 保育士
    妊娠中、お酒は控えた方が良いけれど料理酒は?と気になります。
    基本的には気にしなくて大丈夫
    あーちん先生 保育士
    妊娠中でも酒とつくと気にしてしまいそうですよね。。
    料理酒でもアルコール度数が違うのは知ら
    ひよひよ先生 保育士
    全然気にしていませんでした。
    だって、料理酒ですもん。
    火をしっかり通していれば大丈夫だと
    すみっこ先生 保育士
    そう言われてみれば!と思いました😲 気にせずに使っていましたし、入っているお料理も変わら
    あゆみ先生 保育士
    アルコール自体には敏感でしたが、料理酒やみりんは全く気にしていませんでした。普段から頻繁に
    でぶいも先生 保育士
    料理にお酒を使う時は、加熱時間を普段より多めにとるように気をつけて、あまり気にせず使ってい
    はなこ先生 保育士
    料理酒は気にしたことなかったです!でもよくよく考えてみればアルコールですね🥺

    よく熱を
    ゆきんこ先生 保育士
    和食や洋食、妊娠前はそれに合ったお酒を使っていましたが、洋食用にいつも使っていた赤ワインは
    ゆり先生 保育士
    気にしたことなかったです もともとお酒が全く飲めないのですがそれでもお料理の時は料理酒使い
    のの先生 保育士
    料理酒は、基本的にアルコールを飛ばすので大丈夫です。また、加熱が足りずアルコール間が残って
    いちぽ先生 保育士
    妊娠中料理酒には気を使いませんでした。料理に使う時は煮切ってアルコールが飛ぶはずなのでそこ
    ぷん先生 保育士
    料理する時、あまり気にせず使用していました!料理酒によってアルコール度数や塩分濃度が違うも
    せおみ先生 保育士
    料理酒の事まで気にした事はなかったですが、大丈夫みたいで安心しました。外食時などではわから
    なごみ先生 保育士
    料理で使う日本酒は基本火を通すものなので気にせず使っていました。
    お菓子など(特にチョコレ
    まな先生 保育士
    料理酒やみりんは、加熱してアルコールを飛ばせば大丈夫と思って気にせず料理に使用していました
    ゆか先生 保育士
    料理酒?気にしていませんでした!火を通すので飛んじゃいますよね?それに使う量も飲酒なみでは
    ぺち先生 保育士
    全く気にした事ありませんでした!必ず加熱して使うので、アルコールはとんじゃうかな?と思いま
    ひよこ先生 保育士
    料理酒は気にせず普通に使っていました。
    私は割と、多少は大丈夫でしょ!というタイプであまり
    みぃ先生 保育士
    出来るだけ避けた方が良いのかな?と思っていましたが、気にしなくても大丈夫だと分かりホッとし
    すー先生 保育士
    料理酒はほぼ毎日使うので全然気にせず普通に使っていました!火を通すのでアルコール飛ぶから大
    なこ先生 保育士
    料理酒、特に気にせず使っていたので安心しました。火を通せばアルコールも飛びますものね。妊娠
    めめ先生 保育士
    加熱することでアルコールはとぶので大丈夫ですよね。全く気にしていませんでした。
    妊娠中は何
    いちご先生 保育士
    アルコールも火をしっかり通せば大丈夫!と勝手に思っていたので、特には気にしていませんでした
    あー先生 保育士
    妊娠中でも酒と聞くと心配していましだが、私は魚や肉の臭み消しに使っています!でも料理酒を使
    めい先生 保育士
    料理酒はいくつかポイントを抑えることで、料理に使うことへの不安が無くなりますね。
    料理酒に
    cocoまま先生 保育士
    料理酒は子どもがいる家庭でも使いますよね^ ^全く問題ないですよ。きちんとアルコールをとば
    こと先生 保育士
    わたしも料理酒は気にせずに使ってましたが、一応アルコールなのでしっかり加熱した方がいいです
    いちご先生 保育士
    料理酒は大丈夫ですよね。熱してアルコールを飛ばしますし気にせず毎回お料理に使っておりました
    みー先生 保育士
    妊娠中、授乳中も全く気にせず使用していました。
    言われてみれば…ですね。
    ただ、お店で出て
    くじら先生 保育士
    料理酒は入れ過ぎないようにしてしっかり加熱して使っていました。料理でお酒が使えないとなると
    たんぽぽ先生 保育士
    全く気にしていませんでした…なんとなく熱を通したらアルコール成分が蒸発するような気がして笑
    まい先生 保育士
    お酒とつくから心配になりますよね
    だけど、熱を加えるので大丈夫と聞いています
    あまり度数が
    とーち先生 保育士
    料理酒をそのまま大量に飲むわけではないので、気にせず使っていました。
    私も火を通して、アル
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 卵子の質や数は妊娠に大きく関わる大きな問題。妊活において、自分の卵子はどのような状態なのか気になることもあるでしょう。今回は、卵子の老化やサイン、年齢との関係、妊娠率への影響などについて紹介します。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 妊活をスタートさせたとき、まずは妊娠の確率を上げるために排卵日を予測しパートナーとの営みに取り組むタイミング法を試す人は多いかもしれません。基礎体温を測る以外に排卵日を知る方法はあるのでしょうか。排卵日の予測の仕方や過ごし方について詳しく解説します。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧