【産婦人科医監修】妊娠25週目(妊娠7カ月)を迎えた妊婦さんと赤ちゃんの様子

【産婦人科医監修】妊娠25週目(妊娠7カ月)を迎えた妊婦さんと赤ちゃんの様子

安定期なのに検査が増える?

妊娠7ヶ月である妊娠25週目は安定期といわれていますが、この時期の妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて妊娠糖尿病や尿路感染症などの新たなトラブルも出やすくなります。妊婦さんの体調や、赤ちゃんの様子を医学博士で産婦人科医、田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生監修のもと解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠週数25週目とはどんな時期?

妊娠25週は週数でいうと、一般的に安定期とよばれる妊娠7ヶ月の2週目です。

お腹が一段と大きくなり、胎動もはっきり感じられる時期です。

妊娠25週目の妊婦さんの特徴

妊娠7ヶ月である妊娠25週目の妊婦さんについて詳しく見ていきましょう。

体調

ホルモンバランスの影響で、歯茎が腫れたり、出血したり、放っておくと歯周病が進行するなど口内環境が悪くなります。ホルモンの影響や、子宮が大きくなって腸や肛門の血管が圧迫されて血液の流れが悪くなり、になる人もいます。

お腹の大きさ

お腹は、妊娠24週のときと比べてまた一回り大きくなります。子宮の上部はおへそを越えて、おへその上の方まで丸く膨らんできます。

妊娠25週目の妊婦さんの身体

妊娠25週になると、胎動がより強く感じられるようになり、なかには痛いと感じる人もいるようです。

子宮が大きくなると膀胱が圧迫されるので、頻尿になったり、お腹が大きくなると下半身の血液の流れが悪くなり、むくみを感じやすくなります。体重が増加しお腹が大きくなり、足に負担がかかり、ふくらはぎが引きつって痛んだり、血管が圧迫されて下半身の血流が悪くなり、足がつることがあります。

また、ホルモンバランスの変化でママの体毛が濃くなることがあります。乳輪部の色素沈着も進みますが、どちらも産後に戻ることがほとんどです。妊娠中はメラニン色素が増えるので、シミ、そばかすが増える人もいます。


妊娠25週目の赤ちゃん

妊婦さんの足のむくみ
srisakorn wonglakorn/Shutterstock.com

大きさや胎内での様子

個人差がありますが、このころの赤ちゃんの体重は平均するとメロン1個分程度の重さでしょう。鼻の穴が通り、口をあけたり、しめたりして呼吸の準備をしています。おっぱいを飲むための準備で口周りの神経も発達してきます。この時期、へその緒も太く成長しますが、長さや太さには個人差があります。

妊娠25週になると、目の水晶体が完成するので、今まで明るさがぼんやり分かる程度だった視力が発達してきますが、水晶体の周りの筋肉はまだ十分に発達していないので、しっかり物が見えるようになるにはもう少し時間がかかるようです。

毛細血管が発達し皮膚がピンク色になるのも特徴です。

妊娠25週頃になると、大脳皮質が発達して神経がより細かくなるので、記憶や感性が育ち、感情が出てきたり、感受性が高まります。脳や視覚、嗅覚等も発達するので、明るさや暗さが判別できるようになったり、においも分かるようになります。聴覚も発達するので、ママやパパの声も届くようになるようです。


身体の形

妊娠25週の赤ちゃんの身長は、30㎝程度です。皮下脂肪がつき、身体が少しふっくらしてきます。

妊娠25週目のうちにやっておきたいこと

検査に備える

病院によって週数にバラつきがあるものの、妊婦さんの2~5%は妊娠糖尿病を発症するため妊娠24~28週の間に糖尿病検査を行うことが勧められています。妊娠糖尿病の検査方法は、ブドウ糖負荷試験です。ブドウ糖50g を口から摂取し、1時間後に採血をして血糖値を測定します。

血糖値の数値によっては、再検査になる可能性があります。高血糖は出産後におさまることがほとんどですが、妊娠経過や出産にリスクをもたらすことがあったり、赤ちゃんが糖尿病を発症することがあり注意が必要です。

妊娠25週頃になると、妊娠糖尿病だけでなく貧血の検査など血液検査がふえます。健診のあるときは血液検査もする、と思っておいた方がよいかもしれません。 

ベビー用品の準備

超音波(エコー)検査を通して、赤ちゃんの性別が分かったら赤ちゃんの肌着やツーウェイオール、ベビー用布団やシーツなどの育児グッズを揃えだしてもよいでしょう。妊娠25週目は、妊婦さんにとってまだ身動きが取りやすい時期なので、早めに準備しておくとよいかもしれません。

美容院に行く

美容院
iStock.com/TonTectonix

これから本格的にお腹が大きくなってくると美容院のイスに座っていることがつらくなります。妊娠25週目のときにはまだイスに座っていられる時期なので、この時期に美容院に行っておくことをおすすめします。

妊娠25週目の妊婦さんが注意すること

体重増加に注意

妊娠25週は子宮が大きくなり、胎児と羊水、皮下脂肪の重さで体重が急増する妊婦さんが珍しくありません。急な体重増加は妊娠糖尿病を引き起こす可能性があるので、食事は和食を中心にしたり、量を調整して体重のコントールをすることが必要です。

食事内容を考慮するだけでは、体重のコントロールが難しいときは、軽いウォーキングや体操など意識して身体を動かすようにするとよいでしょう。

ママはリフレッシュしながら過ごして

妊娠7ヶ月である、妊娠25週は赤ちゃんに感情が出てくるころです。

まだ喜怒哀楽は育っていませんが、これから感受性が高まっていくので、マイナスな気分は赤ちゃんに伝わりやすいとも言われています。妊婦さんはリフレッシュしながら過ごしましょう。

ケンカや大きな音を避ける

妊娠25週目の赤ちゃんは聴覚が発達する時期です。ママやパパが大声でケンカをしたり、音楽を大きな音で聴くなどの行為は赤ちゃんがストレスを感じてしまうかもしれません。

赤ちゃんがびっくりしたり、ストレスを感じてしまう大きな音は避けるようにしましょう。

尿路感染症に注意

子宮が大きくなって膀胱が圧迫されると頻尿になったと感じる妊婦さんも多いようです。
尿路感染症は、尿道口から細菌が入って感染することによって起こります。

妊娠中は子宮が大きくなり、膀胱が圧迫されるので尿の流れが遅くなります。尿の流れが遅くなると、細菌が洗い流されにくくなって尿路感染症にかかりやすくなります。おしっこをするときにヒリヒリ焼けつくような痛みを感じたり、白く濁ったような尿に血液が混じったりしているときには尿路感染症になっているかもしれません。

我慢しないでこまめにトイレに行ったり、1回のトイレで尿を出し切るようにしましょう。

子宮の成長に伴う注意が必要な時期

妊婦と女の子
iStock.com/karinsasaki

妊娠7ヶ月である妊娠25週目は、一般的に安定期と呼ばれています。お腹のなかの赤ちゃんは、聴覚や視覚、嗅覚などの感覚も発達してきて、どんどん成長しています。

外からの声や光などの刺激を感じられるようにもなるので、ママ自身が音楽を聞いたり、絵画や読書を楽しむとそれが赤ちゃんに伝わる時期なので、ママはストレスを溜めずにお腹のなかの赤ちゃんに積極的に話しかけてみましょう。

安定期といわれている時期ですが、子宮が成長すると体重が増加して妊娠糖尿病や尿路感染症などの病気にも注意が必要になります。食事を管理して体重をコントロールしたり、お腹の張りやむくみなど身体がつらいと感じたときには休養をとるようにしましょう。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年06月26日

基礎知識の関連記事

  • 妊娠中はつわりや味覚の変化が多く、気を付けないといけないことも増えます。そのためどのような飲み物を飲んだらよいのか分からなくなることも。妊娠中におすすめしたいのは、身体を温めるホットの飲み物です。先輩ママたちはホットのどのような飲み物を飲んで、妊娠時期を過ごしていたのでしょうか。体験談をご紹介します

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊検査に行ってみようと思っても、いつ、どのようなタイミングで病院に行くのがよいか迷ってしまうかもしれません。また、初めての不妊検査に行くことは不安な思いもあるでしょう。今回は不妊検査の初診に行くタイミングや、受診に必要なもの、準備しておくとよいことなどを紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

カテゴリ一覧