子どもが楽しく遊べる知育玩具のパズル。種類や選び方

子どもが楽しく遊べる知育玩具のパズル。種類や選び方

手作りパズルのアイディアも紹介

知育玩具のパズルを用意して、子どもといっしょに楽しみたいというママやパパもいるかもしれません。子どもの興味に合ったパズルを選びたいですよね。知育玩具のパズルの種類や、手作りパズルのアイディア、収納方法についてご紹介します。

知育玩具のパズルの種類

知育玩具のパズルの種類についてご紹介します。

平面パズル

ジグソーパズル
Tatiana Popova/Shutterstock.com
平面パズルには、板パズルやジグソーパズルなどがあるようです。ピースの数が違うパズルが数枚セットになっているものを用意したというママがいました。

ピースのサイズが大きいものや、ピース数が少ないものなどさまざまな平面パズルがあるため、初めてパズルにふれる子どもも遊びやすいのではないでしょうか。

立体パズル

積み木のように組み立てて遊ぶものや、四角や三角の型にはめ込むものなどさまざまな立体パズルがあるようです。

子どもが1歳の頃に、赤ちゃんも楽しめる木製の立体パズルを用意したというママの声がありました。

説明書がセットになっていて、同じ形になるように組み立てる立体パズルもあるようです。完成したものを部屋に飾るのもよいかもしれませんね。

キューブパズル

四角形のピースを並べて絵を完成させるものや、四角形になるようにいろいろな形のピースを組み立てて遊ぶものなど、さまざまなデザインのキューブパズルがあるようです。

キューブパズルは子どもの小さい手でも掴みやすく、楽しそうに遊んでいたというママの声がありました。

ピースの全ての面に、乗り物や動物、幼児向けのキャラクターの絵が描かれていて、6パターンの絵を完成させて遊べるキューブパズルもあるようです。

子どもが楽しめる知育玩具のパズルを選ぶポイント

子どもが遊びながら学べるように、知育玩具のパズルを用意したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

さまざまなパズルがあり、選ぶときに迷うこともあるかもしれません。知育玩具のパズルを選ぶときのポイントをご紹介します。

子どもの興味に合ったものを選ぶ

幼児向けのキャラクターがデザインされたものや、家や動物の形になるように組み立てるものなど、たくさんのパズルがあるようです。

子どもの好みに合わせてパズルを選ぶと、興味を持って積極的に遊べるかもしれません。子どもといっしょにおもちゃ屋へ行って、子どもの反応を見ながらパズルを選ぶのもよいでしょう。

年齢に合った難易度のものを選ぶ

難しいパズルは、子どもも興味を持てないかもしれません。子どもが楽しんで遊べるように、年齢に合った難易度のパズルを選べるとよいですね。

手作りパズルのアイディア

身近なアイテムを使って知育玩具のパズルを手作りできるようです。作り方のアイディアをご紹介します。

色画用紙のパズル

画用紙
Africa Studio/Shutterstock.com
色画用紙で、三角やハート、星などシンプルな形を作り、半分に切ります。切った色画用紙をバラバラに置いて、同じ形のものを探しながらピースを組み合わせましょう。

色画用紙に、バナナやりんごなどの食べ物や、車や飛行機などの絵を描いてパズルを作るのもよいでしょう。子どもと工作を楽しみながらパズルを作れそうですね。

段ボールのパズル

子どもが描いた絵をスキャンしてシール用紙に印刷し、段ボールに貼ってオリジナルのパズルを作ったパパがいるようです。

描いた絵をのりで段ボールに貼ったり、段ボールに直接絵を描いたりしてパズルを作るのもよいでしょう。

パズルの収納方法

知育玩具の平面パズルを収納するときに、パズルのサイズに合ったサイズの書類ケースやビニールケースに入れているというママたちの声がありました。

ケースに入れたパズルをファイルボックスに立てて収納することもできるようです。

立体パズルは、蓋つきのボックスに入れると、散らばらずに収納できるかもしれません。

子どもがパズルを片づけやすいように、ボックスに「パズル」と書いたシールを貼るのもよいでしょう。

子どもといっしょに知育玩具のパズルで遊ぼう

子ども パズル
Rawpixel.com/Shutterstock.com
ひらがなやローマ字が書かれたものや、日本地図や世界地図が描かれたものなど、いろいろなデザインの知育玩具のパズルがあるようです。

子どもが興味を持って楽しめるように、対象年齢を確認しながら、子どもの興味に合ったものを選べるとよいでしょう。

パズルで遊ぶ子どもの様子を見ながらママやパパがヒントを伝えたり、声をかけたりしながら、子どもといっしょに楽しめるとよいですね。

2020年04月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ