子どもが楽しく遊べる知育玩具のパズル。種類や選び方

子どもが楽しく遊べる知育玩具のパズル。種類や選び方

手作りパズルのアイディアも紹介

知育玩具のパズルを用意して、子どもといっしょに楽しみたいというママやパパもいるかもしれません。子どもの興味に合ったパズルを選びたいですよね。知育玩具のパズルの種類や、手作りパズルのアイディア、収納方法についてご紹介します。

知育玩具のパズルの種類

知育玩具のパズルの種類についてご紹介します。

平面パズル

ジグソーパズル
Tatiana Popova/Shutterstock.com
平面パズルには、板パズルやジグソーパズルなどがあるようです。ピースの数が違うパズルが数枚セットになっているものを用意したというママがいました。

ピースのサイズが大きいものや、ピース数が少ないものなどさまざまな平面パズルがあるため、初めてパズルにふれる子どもも遊びやすいのではないでしょうか。

立体パズル

積み木のように組み立てて遊ぶものや、四角や三角の型にはめ込むものなどさまざまな立体パズルがあるようです。

子どもが1歳の頃に、赤ちゃんも楽しめる木製の立体パズルを用意したというママの声がありました。

説明書がセットになっていて、同じ形になるように組み立てる立体パズルもあるようです。完成したものを部屋に飾るのもよいかもしれませんね。

キューブパズル

四角形のピースを並べて絵を完成させるものや、四角形になるようにいろいろな形のピースを組み立てて遊ぶものなど、さまざまなデザインのキューブパズルがあるようです。

キューブパズルは子どもの小さい手でも掴みやすく、楽しそうに遊んでいたというママの声がありました。

ピースの全ての面に、乗り物や動物、幼児向けのキャラクターの絵が描かれていて、6パターンの絵を完成させて遊べるキューブパズルもあるようです。

子どもが楽しめる知育玩具のパズルを選ぶポイント

子どもが遊びながら学べるように、知育玩具のパズルを用意したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

さまざまなパズルがあり、選ぶときに迷うこともあるかもしれません。知育玩具のパズルを選ぶときのポイントをご紹介します。

子どもの興味に合ったものを選ぶ

幼児向けのキャラクターがデザインされたものや、家や動物の形になるように組み立てるものなど、たくさんのパズルがあるようです。

子どもの好みに合わせてパズルを選ぶと、興味を持って積極的に遊べるかもしれません。子どもといっしょにおもちゃ屋へ行って、子どもの反応を見ながらパズルを選ぶのもよいでしょう。

年齢に合った難易度のものを選ぶ

難しいパズルは、子どもも興味を持てないかもしれません。子どもが楽しんで遊べるように、年齢に合った難易度のパズルを選べるとよいですね。

手作りパズルのアイディア

身近なアイテムを使って知育玩具のパズルを手作りできるようです。作り方のアイディアをご紹介します。

色画用紙のパズル

画用紙
Africa Studio/Shutterstock.com
色画用紙で、三角やハート、星などシンプルな形を作り、半分に切ります。切った色画用紙をバラバラに置いて、同じ形のものを探しながらピースを組み合わせましょう。

色画用紙に、バナナやりんごなどの食べ物や、車や飛行機などの絵を描いてパズルを作るのもよいでしょう。子どもと工作を楽しみながらパズルを作れそうですね。

段ボールのパズル

子どもが描いた絵をスキャンしてシール用紙に印刷し、段ボールに貼ってオリジナルのパズルを作ったパパがいるようです。

描いた絵をのりで段ボールに貼ったり、段ボールに直接絵を描いたりしてパズルを作るのもよいでしょう。

パズルの収納方法

知育玩具の平面パズルを収納するときに、パズルのサイズに合ったサイズの書類ケースやビニールケースに入れているというママたちの声がありました。

ケースに入れたパズルをファイルボックスに立てて収納することもできるようです。

立体パズルは、蓋つきのボックスに入れると、散らばらずに収納できるかもしれません。

子どもがパズルを片づけやすいように、ボックスに「パズル」と書いたシールを貼るのもよいでしょう。

子どもといっしょに知育玩具のパズルで遊ぼう

子ども パズル
Rawpixel.com/Shutterstock.com
ひらがなやローマ字が書かれたものや、日本地図や世界地図が描かれたものなど、いろいろなデザインの知育玩具のパズルがあるようです。

子どもが興味を持って楽しめるように、対象年齢を確認しながら、子どもの興味に合ったものを選べるとよいでしょう。

パズルで遊ぶ子どもの様子を見ながらママやパパがヒントを伝えたり、声をかけたりしながら、子どもといっしょに楽しめるとよいですね。

2020年04月08日

専門家のコメント
50
    めい先生 保育士
    年齢が低ければ、果物や動物など一つの絵を一つの枠にはめて遊べるタイプは手を伸ばしやすいと思
    こと先生 保育士
    2歳の娘は雑誌の付録についていたアンパンマンの型はめパズルが気に入ってよく遊んでました💕
    りお先生 保育士
    公文のパズルがうちでは大活躍です!
    長男が3歳半の時にステップ4を購入し、その後ピースの多
    せおみ先生 保育士
    我が子もパズル大好きで、沢山持っています。年齢の低い頃、最初は積み木などの型をはめる物から
    ゆきな先生 保育士
    食べ慣れてる箱のお菓子を適当に切ってみるだけでもパズルになりますよ!いつも見ているお菓子の
    すー先生 保育士
    2歳の時に100均のパズルを買ってみると喜んであそんでいました。種類も大きさも色々あるので
    おはぎ先生 保育士
    パズルではないですが、透明のタッパー容器に穴を開けて2つつなぎ合わせたペットボトルキャップ
    こいまま先生 保育士
    小さい内は好きなキャラクターの大きいピースのパズルにはまっていました。
    だんだんとピースを
    とーち先生 保育士
    好きなキャラクターがかかれてあるパズルは兄妹共に人気です。

    アンパンマンは男女問わず人気
    ぬーぴー先生 保育士
    型はめパズルは、1歳になったばかりから興味を持ち始めました。絵の意味、言葉が出始めると、絵
    すず先生 保育士
    我が子も一時期パズルブームが来ました。
    どうぶつの型はめからはじまって、平面パズルの100
    すみっこ先生 保育士
    次女は年長組のときに
    甥っ子のお家にあった
    日本地図パズルにはまって、しばらく一人で夢中に
    ぷん先生 保育士
    幼児さんにはキャラクターのパズルが一番喜ばれました🤣
    月齢が小さければ身近なもの(食べ物
    たんぽぽ先生 保育士
    最初は10ピースくらいの大きいものから徐々に30ピースのものになり2歳半頃には60ピース、
    のの先生 保育士
    型合わせなどから始められるといいと思います。簡単なものから初めて、慣れてきたら好きなキャラ
    さと先生 保育士
    パズルは好きな子は本当にはまりますよね。
    同じものばかりだと飽きてしまうので新しく買い足す
    みー先生 保育士
    小さい時は四角いケースに色々な形の穴が空いていて、ハマる形をはめて中にいれるオモチャに夢中
    はなばたけ先生 保育士
    新規園の立ち上げにあたり、手作り玩具を推奨している私の園ではパズルも手作りです。保育者が絵
    のんの先生 保育士
    小さいうちは、噛んだり舐めたりしてしまいますので、紙よりも木製などのパズルがいいと思います
    なごみ先生 保育士
    3才の時、よくある板パズルの方が簡単かと思い買ったのですが、全く出来ず、板パズルよりもピー
    cocoまま先生 保育士
    木製のパズルを買ったことがあります^ ^肌で触れるものなので^ ^あとはまだまだ口に入れる
    ろろ先生 保育士
    立方体の箱に△や☆などの穴が空いていてそこに同じ形をはめて入れていくパズルが人気でした。
    ゆか先生 保育士
    最初は丸、三角、四角など形のはっきりしているパズルを選びました。
    その後はディズニーが好き
    はなこ先生 保育士
    1歳くらいからパーツが少ないものを使っていました!絵を見て自分でしっかり自分ではめるように
    あみーご先生 保育士
    持っているパズルに飽きたら、裏っ返してやると、難易度アップ!!!
    全く絵がない状態でやるの
コメントをもっと見る

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧